Home / 化粧品 / 正しい色選びでより美しく!ファンデーションの選び方
girl-2189247_1920

正しい色選びでより美しく!ファンデーションの選び方

肌をより美しく見せてくれるファンデーション。肌の悩みや色ムラを隠してくれる頼もしいアイテムですが、あなたの肌に合った正しい色選びはできていますか?せっかくファンデーションを塗っていても元の肌の色と合っていないと美肌効果も半減です。

今回は悩みがちなファンデーションの色選びの方法をご紹介します。自分の肌の色がどんなタイプなのかを知って、自信をもって色選び出来るようになりましょう。

スポンサードリンク

正しい色を選べてる?

based-texture-1142094_1920

まずは自分の肌を知ろう

「ブルーベース」、「イエローベース」という言葉をご存知ですか?肌の色は大きく分けて青みがかったブルーベースと黄みがかったイエローベースに分けられます。それぞれについて詳しくご紹介します。ファンデーションの色選びにも大きく関わってくるので、あなたはどちらのタイプかチェックしてみてくださいね。

ブルーベース

ブルーベースの人の肌の特徴は、肌にピンクみや赤みがあり、日焼けした後は肌が赤くなりやすい傾向があります。腕の内側の血管も青っぽく見えるのも特徴です。唇の色は血色感のある赤みがかった色をしています。

リップやチークなどのポイントメイクでは青みがかったピンク系が似合い、ファッションでは寒色系が似合います。

イエローベース

イエローベースの人の肌の特徴は、肌に黄みがあり、日焼けした後は肌が黒くなりやすい傾向があります。腕の内側の血管が緑っぽく見えるのも特徴です。唇の色はベージュ系の肌の色に近い色をしています。

リップやチークなどのポイントメイクではコーラル系やオレンジ系が似合い、ファッションでは暖色系が似合います。

間違った色を使ってしまうと…

間違ったファンデーションの色を選んでしまうと、どのように見えてしまうのでしょうか?

本来の自分の肌よりも明るい色を選んでしまうと、顔だけが白く浮き厚化粧や老けて見えると言った印象を与えてしまいます。反対に暗い色を選んでしまうと血色が悪く見え、肌の透明感が消されて、くすんで見えてしまいます。肌を美しく見せるためのファンデーションなのに、逆効果になってしまってはもったいないので、しっかり肌の色に合ったものを選べるようになりましょう。

フェイスラインで似合う色をチェック

ファンデーションの色選びの方法の一つに、フェイスラインにファンデーションを乗せて色を選ぶという方法があります。フェイスラインで色を合わせると、顔だけ真っ白で顔と首の色が違いすぎるといったファンデーションでよくある失敗が防げます。

フェイスラインにファンデーションを乗せたら、鏡を離して少し遠目から1番自然になじんでいる色を選びましょう。時間があれば自然光の下や店内の照明の下などいろいろな明かりの下でチェックし、時間が経つことで色味が浮いていないかもチェックしましょう。

ファンデーションの色の種類

cosmetics-2116383_1920

ピンク系

赤みの強いピンクや青みがかったピンクなど、明るい仕上がりのピンク色です。色白の方は明るいピンク系を選ぶ傾向がありますが、時間の経過とともに浮いて見えてくることもあるので注意しましょう。黄ぐすみが気になる方にピンク系を合わせると、肌をぱっと明るく見せてくれます。

ベージュ系

ベージュ系は全体的に黄みがかった色です。肌の赤みが気になる方が使うと、気になる赤みをおさえてくれる効果があります。色白の方でもピンク系より明るいベージュ系の方がなじむ場合もあるので、ピンク系が浮いて見えるときには試してみてくださいね。

オークル系

標準的な肌色に分類されるオークル系は、ピンク系とベージュ系の中間であることが多く日本人の標準的な肌の色だと言われています。色選びに迷ったらまずはオークル系を試し、そこから明るさや黄みや赤みを調整してみましょう。オークル系は時間が経つと肌の色が濃く見えてしまうこともあるので注意しましょう。

より良いファンデーションの使い方

girl-2189247_1920

2色使い

ファンデーションを2色使うことで小顔に見せたり、1色では出せない立体感を出すことができます。普段の明るさのファンデーションと、1つ濃い色のファンデーションを用意します。顔の中心部分には普段のファンデーションを使い、顔の外側に1つ濃い色のファンデーションを使います。2色の境目はよくなじませて自然にしましょう。鼻筋やエラなどにも濃い色をなじませると、より立体感のある仕上がりになります。

加減が難しいシェーディングやハイライトよりも、2色のファンデーションを使うことで自然な引き締め効果や立体感が出せます。

なりたい質感で選ぶ

流行りのツヤ肌や、秋冬にぴったりのちょっとマットな肌など、なりたい質感や肌質によって上手にファンデーションを選びましょう。

【ツヤ】
流行りのツヤ感を出したいのなら、おすすめはリキッドファンデーションやクリームファンデーション、クッションファンデーションです。これらのタイプは乾燥肌や年齢肌、乾燥が気になる季節にもおすすめです。

ツヤ肌に見せるポイントはファンデーションの前のスキンケアにもあります。しっかり保湿をして、素肌からツヤ感を出しましょう。下地はパール感のあるものがおすすめです。

下地を塗ってファンデーションを塗ってパウダーで仕上げる、という手順が一般的ですが、ツヤ感を強調するためにあえてパウダーを使わずに仕上げるのもおすすめです。テカリや皮脂が気になる人はTゾーンだけパウダーを軽くのせましょう。

【セミマット】
自然なツヤ感のあるセミマット肌は、自然なツヤ感もありつつマット肌のカバー力も兼ね備えたナチュラルな印象に仕上がります。ツヤ系の下地とパウダーファンデーション、リキッドファンデーションとマットなフェイスパウダーというように、ツヤ系とマット系のアイテムを組み合わせるのがおすすめです。

仕上げのパウダーでツヤ感を調節する方法もあります。パール感のあるパウダーをブラシでツヤの出したい部分に部分にさっと乗せましょう。メイク直しもファンデーションやパウダーをブラシで軽くのせましょう。

【マット】
マシュマロのようにふんわりとしたマット肌は、きちんとしたメイクをしたいシーンやカバー力を求める方におすすめです。おすすめはパウダーファンデーションですが、パウダー成分が含まれていてさらっと仕上がるリキッドファンデーションもあります。リキッドファンデーションを使う場合は仕上げのパウダーを忘れないようにしましょう。

オイリー肌の方は下地もマットに仕上がるものや、皮脂をおさえてくれる効果のあるものにしましょう。テカりが気になるからとパウダーファンデーションを厚塗りしてしまうのを防ぎます。

マット肌もメイク前のスキンケアが大切です。メイク前にしっかり保湿をして、過剰に皮脂が浮いたり、乾燥から仕上がりが粉っぽくならないようにしましょう。

正しく丁寧にベースメイクを

せっかく肌の色に合ったファンデーションを選んでも、使い方が間違っていたら美肌効果も半減です。ファンデーションによって塗る順番や、ブラシが向いているのかパフが向いているのかなど使い方を確認しましょう。コスメカウンターで買う場合は美容部員さんに使い方を教えてもらうと安心ですね。

肌をきれいに見せるためにベースメイクにばかり気を付けがちですが、メイク前のスキンケアが1日のメイクを大きく左右すると言っても過言ではありません。メイク前のスキンケアを丁寧にして、メイクの仕上がりや持ちを良くしましょう。

まとめ

cosmetics-2116385_1920

ファンデーションの色の選び方についてご紹介しました。色の明るさや色味など、たくさんの色の中から自分の肌に合った色を選ぶのは難しそうですが、自分の肌の色のタイプが分かれば合う色も分かるので、まずは自分の肌の色をよく理解しましょう。

正しい色を選ぶことができたら、質感やなりたい雰囲気などファンデーションを使いこなしてメイクを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …