Home / 化粧品 / 自分に合ったファンデーションの選び方
cosmetics-2116383_640

自分に合ったファンデーションの選び方

「今さらだけど、自分に合ったファンデーションってどう選んだら良いの?」「メイクを始めたいけれど、どのファンデを使ったらキレイになれるの?」というあなた。この記事は、ファンデーションの種類から自分の肌色に合ったファンデーションの選び方、そして塗り方までファンデーションについての基本情報が満載です。自分のメイクを見直したい方もぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ファンデーションの種類

beauty-2388342_640

まずはファンデーションの種類について見ていきます。ファンデーションには4つの種類があり、それぞれどのような特徴があるのか、どんな肌質の人が向いているのかをご紹介していきます。

パウダーファンデーション

一番多くの人が使っているのがパウダーファンデーションかもしれません。これは、パウダーを固めたもので、コンパクトに入っています。油分が少ないので、塗りやすくムラができにくく、持ち運びもしやすくてメイク直しもしやすいので多くの人に愛用されています。

また、乳化剤や防腐剤が含まれていないものも多いため、肌にやさしいのも特徴です。皮脂を抑えてくれる働きがあるため、サラサラに仕上げてくれるので、特に脂性肌の人、他には普通肌や混合肌の人に向いているファンデーションです。使い方も簡単なので、メイク初心者にもおすすめのファンデーションとなっています。

リキッドファンデーション

次によく使われているのがリキッドファンデーションです。これは、液体タイプで、油性成分が主な成分となっています。ですから、肌にもピッタリとフィットし、伸びが良いのが特徴です。

そしてカバー力が高く毛穴を目立たせたくない、シミやそばかすをカバーしたい人に向いているタイプでしょう。ただし、塗りムラができやすく技術がいるのがデメリットと言えます。また、カバーできる分、厚塗りな印象を与えることも覚えておいてください。

クリームファンデーション

さらにクリームファンデーションという種類もあります。これはリキッドファンデーションよりさらに油分が多めになっています。クリームの質感もこってりとしていて、カバー力が高めです。

シミやそばかす、毛穴をカバーしたい人に向いていますが、保湿力が高いので、乾燥肌の人におすすめします。脂性肌の人が使うとテカリなどが生じてしまうかもしれません。リキッドファンデーションよりは色むらが生じにくいとされています。

ルースファンデーション

ルースファンデーションという種類もあります。これは、粉末状のファンデーションです。油分が含まれていないため軽いつけ心地で、肌への負担が軽くナチュラルメイクがしたい人におすすめします。色はしっかりと付くものが多いので、肌の凸凹をある程度カバーすることは可能ですが、リキッドファンデーションなどに比べるとカバー力は低いので化粧崩れはしやすいでしょう。

自分に合ったファンデーションの色の選び方

make-up-1276358_640

ファンデーションの種類が分かったところで、自分が使ってみたいファンデーションの種類は決まったでしょうか?次は、ファンデーションの色の選び方です。選ぶ時のポイントをまず見ていき、肌色に合ったファンデーションの色味を紹介していきます。

フェイスラインを見て確認

ファンデーションの色選びをするために、店頭で試す時、どこに塗って試していますか?手の甲で試す人が多いでしょう。そこで、おすすめしたいのがフェイスラインに塗ってみて色味を試す方法です。

フェイスラインとは顔と首の境目の部分になります。この部分は、日焼けがしにくい部分で赤みも表れにくいです。そして、顔の色に合ったファンデーションを選んだつもりでも、明るい所で見たら首と色の差があって白く浮いていたなんてことはありませんか?

首の色と差がつかないファンデーションかを選ぶのに、フェイスラインに試して塗って色を付けると決めやすいでしょう。そして、史郎記している場合は、肌よりワントーン暗めのものを選ぶとしっくりくる色になるはずです。

黄色みがある肌

日本人は黄色人種というだけあって、この黄色みがある肌の人が多いです。腕の血管が緑色に見える人は、この黄色み肌でしょう。その場合、まず化粧下地はトーンが明るくなるピンク系のものを選んでください。そして、ファンデーションはベージュ系のものを選択することが肌になじんで白浮きしないのでおすすめです。

赤みがある肌

赤みがある肌の場合も、ベージュ系のものを選択しましょう。ピンク系のものを選ぶと余計に赤みが増してしまいます。

中間色の肌

中間色の肌の人は、ベージュ系かベージュよりのオークル系のものを選択しましょう。このタイプの肌であれば、さほど色選びには困らないかもしれませんが、首の色と比較して顔が白くならないものを選んでください。

色黒の肌

色黒の場合、どうしても顔だけが白く浮きがちです。そこで、避けたいのはピンク系や薄いオークル系のファンデーションです。濃い目のオークル系を選ぶようにしましょう。

色白の肌

色白肌の人は、血管が青く透き通って見えることがあって、ファンデーション選びには結構苦労するものです。薄いベージュ系のファンデーションを使うことがより健康的な肌色に見せることができます。明るい肌色にしようとピンク系にしがちですが、それは避けたほうが良いかもしれません。

ファンデーションの塗り方

cosmetics-2116386_640

自分に合った色のファンデーションを選んだなら、後は塗り方です。この手順を間違えたり、適当に塗ってしまったりすると、本来のファンデーションの役目を果たせないことがあります。次の4つの点を心がけましょう。

スキンケアの徹底

ファンデーションを肌にしっかりとのせるには、土台作りが大切です。まずは、肌自体の調子を良くするようにしましょう。そのためには、正しい方法で洗顔をし、そして化粧水、美容液、乳液、クリームなどでしっかりと保湿をするのです。そうすると、ファンデーションのノリが随分変わってきます。

化粧下地を塗る

次に化粧下地を塗ります。この段階を意外に飛ばしてしまっている人が大勢います。ですが、この下地を塗るかどうかでファンデーションの付き具合や持ち具合は本当に変わってきます。今、下地を塗らずにファンデーションを使っている人は、ぜひ下地を使用するようにしてください。

化粧下地の中には、肌の色味を整えるものや、UV対策効果のあるもの、毛穴をカバーするもの、肌に透明感をもたらすものなど、様々な効果や働きがあります。自分の肌やどのようなメイクに仕上げたいかの目的に合わせて選びましょう。

ファンデーションを先に馴染ませる

次にファンデーションを塗っていきますが、どのタイプのものであれ、肌にしっかりと馴染ませていくことが大切になります。パウダーファンデーションの場合は、スポンジを使いますが、まずスポンジの3分の1ぐらいを取り、顔の中心から外側の方に向かって塗っていきます。全体にムラができないようにスポンジで軽く肌を押さえつつのせていきましょう。

そして、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合、まずは手に取り、指で塗っていきムラがでないようにして肌になじませます。そしてスポンジで押さえるようにすると、しっとりとした肌に仕上がるでしょう。

パフは定期的に洗う

ファンデーションの基本的な注意点ですが、使用するパフやスポンジは清潔な状態に保つことが大切です。定期的に洗いましょう。汚いまま使っていると、雑菌が繁殖したり、それが肌に付着して肌荒れやニキビなどの原因になったりする可能性があります。ファンデーションのパフやスポンジを洗う洗剤が販売されていますので、それを使うのも良いかもしれません。

まとめ

自分に合ったファンデーションの選び方について、ご一緒に見てきましたが参考になったでしょうか?
ファンデーションの種類や色みなど基本的な情報を知ることができたので、今度ファンデーションを購入する時には、自分にピッタリのファンデーションが見つかるはずです!

スポンサーリンク

Check Also

1

トレンドの肌感に!ツヤ肌になれるファンデーション5選

マットな仕上がりは、ちょっと前 …