Home / 美肌 / 敏感肌向けのファンデーションとは
1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたことはありますか?

まさに自分は敏感肌で悩んでいる、という方もたくさんいらっしゃると思います。
しかし、一言で敏感肌と言っても症状は人それぞれです。
では、そもそも「敏感肌」とはどのようなお肌の状態をいうのでしょうか。
また、敏感肌の人はどのような化粧品を使用すれば良いのでしょうか。

スキンケアだけでなく、敏感肌の人のメイクについても気になりますよね。
ファンデーションは余計に肌に負担をかけるので使わない方が良いと言われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、ファンデーションは紫外線などからお肌を守ってくれる役割もあります。

最近は、敏感肌用のファンデーションもたくさん販売されているので、自分の肌に合ったものを選んでみてはいかがですか?

スポンサードリンク

敏感肌とは

「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「敏感肌」など美容雑誌などで肌タイプの特集がよく組まれていますが、医学的に「敏感肌」というはっきりとした定義はありません。
では、私たちがよく耳にする「敏感肌」とはどのような状態を指すのでしょうか。

敏感肌とはどんな状態か

敏感肌とは、肌が本来持っている角質の水分や油分を保つ働きが弱くなり、外からの刺激に過剰に反応してしまう、とてもデリケートな状態です。
そのため、普通の人が使っても問題のない化粧品でかぶれやかゆみが出たり、昨日まで平気だった化粧水がヒリヒリしたり赤くなることもあります。

敏感肌になる原因

敏感肌の原因はアトピーやアレルギーなど生まれつき肌が弱いケースもあれば、環境の変化や睡眠不足、体調不良、季節の変わり目などによるストレス、生理や妊娠によるホルモンバランスの変化が原因の場合もあります。

また、必要以上にゴシゴシと洗顔をしすぎることで本来お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことが乾燥による敏感肌の原因になっていることもあるので要注意です。

敏感肌対策

敏感肌対策としては、まず正しいスキンケアをしましょう。

洗顔は、フォームタイプより固形石鹸をしっかり泡立てて優しく洗います。
流すときはぬるま湯を使いましょう。
朝は、洗顔料を使わずぬるま湯で洗うと皮脂の取りすぎを防げますよ。

化粧水は低刺激のものを選び、たっぷり使いましょう。
手で一度温めてから優しくお肌に浸透させてくださいね。
その後、潤いを逃がさないよう美容液をつけます。乾燥が気になる人は保湿クリームを重ねてつけましょう。

スキンケアの中で、一番お肌に負担がかかるのがクレンジングです。
特に、オイルクレンジングは刺激が強い場合もあるので、なるべくミルクタイプやクリームタイプを選びます。
また、洗顔料で落とせる化粧品ならクレンジングの工程も省くことができるので、そのような化粧品を選ぶのも良いですね。

正しいスキンケアをしつつ、食べ物にも気を付けましょう。バランスの良い食生活を心掛け、お菓子などの間食は減らします。
そして、睡眠はたっぷり取り、疲れを溜めないようにしましょう。
ストレスはお肌の大敵なので、ゆっくりお風呂に浸かったり寝る前に心地よい音楽をかけるなど、リラックスできる環境を作ってください。
ストレス発散に適度な運動を取り入れるのも良いですね。
運動は基礎代謝を上げることにもつながりますし、お通じの改善も期待できます。

ファンデーションの選び方

2[1]
気温も上がり、肌にジリジリと紫外線を感じ始めると、日焼け対策が気になってきますよね。
敏感肌の人だけでなく、シミやシワなどお肌の老化を引き起こす紫外線は何としても防ぎたいですよね。
しかし、日焼け止めは肌に負担をかけてしまうので、デリケートな顔のお肌のためにはファンデーションを使いましょう。

ただ、紫外線対策のためにつけたファンデーションのせいで肌荒れをしてしまうのは本末転倒。
敏感肌の人はどのようなファンデーションを選べば良いでしょうか。

敏感肌の人のファンデーション選びのポイントは

  1. 油分の少ないタイプ
  2. お肌に負担をかけない成分でできている
  3. 洗顔料で落とせる、クレンジング不要なもの

以上のことに気を付けてファンデーション選びをしていきます。

通常のファンデーションには、使用感を良くするために界面活性剤や油分、香料、防腐剤など様々な添加物が含まれています。
これらが敏感肌には刺激となり、かゆみやかぶれを引き起こしてしまう原因です。
そこで、なるべく油分の少ない粉状(ルース)タイプを選びましょう。更に、最近色々なメーカーから出ているミネラルファンデーションは、天然の鉱物のみを使用しているので刺激が少なく、敏感肌にぴったりのファンデーションです。
ミネラルファンデーションの他にも、美容液でできているファンデーションや保湿力に特化したファンテーションもありますよ。

敏感肌の人が使うべきファンデーションのタイプとは

では、敏感肌の人にオススメするファンデーションを粉状(ルース)、パウダー、リキッドの3つのタイプ別に紹介します。

①粉状(ルース)タイプ

3[1]
ルースタイプは、基本的にフェイスパウダーとしてメイクの仕上げに使われますが、とても油分が少なく、洗顔料で落とせるので敏感肌の人には一番使いやすいタイプです。
防腐剤やアルコールカットのものもありますし、ミネラルファンデーションもこのタイプが多いので、普段使いにオススメです。

②パウダータイプ

4[1]

パウダータイプは、リキッドなどに比べると油分は少ないので、普段はルースタイプだけど、しっかりメイクをしたい日にはパウダーといった使い分けにオススメです。
ルースよりしっかりカバーしてくれますし、防腐剤などの添加物を使っていないものも多いので、比較的肌に優しいと言えます。

③リキッドタイプ

5[1]

リキッドタイプはカバー力が高く、伸びが良いのでシミやシワをきれいに隠してくれますが、通常の物は油分が多いので、敏感肌向きではありません。
ただ、最近は薬用のものや、美容液成分、ミネラル成分、高保湿成分が多く含まれている商品もあるので、カバー力やフィット感が欲しいという方は、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめのファンデーション4選!

最後に、敏感肌の人にオススメのファンデーションを6つ選んでみました。

①エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションの中でも特に人気のあるファンデーションです。
エトヴォス独自の保湿コーティング技術で明るくマットな艶感のある仕上がりです。

②レイチェルワイン ミネラルファンデーション

日本人の肌にマッチするよう作られているので、ナチュラルな仕上がりです。
ミネラルファンデーションなので界面活性剤や防腐剤は不使用で、安心して使えます。

③オンリーミネラル プレミアムファンデーション

日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーのオールインワンのファンデーションです。それでいて、お肌をいたわり優しい成分でできています。

④リソウ リペアファンデーション

美容液成分入りのファンデーションはアトピーなどデリケートな肌の人に人気があります。
パウダータイプのファンデーションと、美容液成分の入ったリキッドがあり、リキッドに興味のある方は是非試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
近年は世界的にあらゆる分野でオーガニックが注目され、無添加にこだわる人が増えているので、オーガニック商品もたくさん開発されています。
化粧品やシャンプー、洗剤なども無添加のものを選ぶ風潮が広がっていますよね。
そうして体に優しい商品が増えることで、敏感肌でお悩みの方も選択肢が広がりますよね。

ミネラルファンデーションもここ数年で種類も増え、名前もよく知られるようになりました。
ただし、どのメーカーのものでも自分の肌に合うとは限らないので、気になる商品はスターターキッドを取り寄せて一度試してみるのをおすすめします。

自分に合ったものを見つけて、オシャレやメイクを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …