Home / 化粧品 / 正しい色選びでより美しく!ファンデーションの選び方
AI_IMG_7789_TP_V

正しい色選びでより美しく!ファンデーションの選び方

ファンデーションは化粧において一番大事な部分といっても過言ではありません。肌が綺麗でなければ目元や口元をどんなにしっかりメイクアップしても無意味になってしまいます。

今回はどのタイプの人に何色のファンデーションが合うのか、どの肌質の方がどの種類のファンデーションを選べばいいのかなどをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

自分の肌色に合ったファンデーションの色の選び方

「写真」の画像検索結果

色選びはファンデーションを選ぶ際に非常に大事な部分となります。まずは自分の肌色に合ったファンデーションの色の選び方について紹介したいと思います。

ファンデーションが白浮きする理由

なぜか白浮きするけど理由はなぜなのか、塗り方やファンデーションの種類などが直接的な原因だと思っている方も多いかと思います。

ファンデーションが白浮きして目立つ人の特徴としては、本来の自分の肌の色よりもっと明るいトーンを選んでしまっているパターンが挙げられます。明らかに自分の肌の色と合っていないファンデーションを選んでしまっていたり、へたにハイライトを入れてしまっている場合が多いのです。

顔の肌色ではなく首の色を把握する

まず始めに、自分の首の色をよく把握しておきましょう。メイクの色選びの基本としては自分の首の色とできるだけ合わせるという方法が一般的と言われています。

多くの女性は本来の自分の顔の色と近いファンデーションの色を選んでしまいがちですが、それは少しずれています。実際に多くの女性は美白を目指し、日焼け止めクリームを塗ったり、自分の顔の肌の状態に気を使っています。ですから首より顔のほうが全然明るかったり白い場合が多いのです。

人間の首の色は顔の色よりも少しトーンが暗めになっていると言われています。首の色よりも暗すぎず、少し首の色の感じと近めなトーンの色を選ぶことをオススメします。

実際に顔は首よりもトーンが明るめなので、ここであえて明るすぎる色を選んでしまうと本当に白浮きしてしまうので、気をつけましょう。

肌質にあったファンデーションを選ぶ

メーカーよりもファンデーションの色や種類に注目する

リキッドを使っているけどなんだか気に入らなくて違うメーカーのリキッドファンデーションを購入し使用してみたが、結局また同じ問題で悩まされている…なんてことはありませんか?

そんな場合は使用しているファンデーションのメーカーの問題というよりもファンデーションの種類に問題があるということです。肌の質によってはリキッド系のほうがのりがよくキレイに仕上がる方もいれば、パウダー系のほうがキレイに仕上がる方もいるのです。全ては一人一人の肌質によって決まるものです。

乾燥肌の方にはリキッドファンデーション

ファンデーションを使用してキレイな肌を目指しているのにも関わらずなぜか乾燥肌でカサカサに仕上がってしまう方がよくいます。そんな場合はパウダーファンデーション系のものを使用しているケースがあります。

パウダータイプのファンデーションは肌を乾燥させてしまうことがよくあるので、できればリキッド系のファンデーションや、クリーム系のファンデーションを使用していくことをオススメします。

リキッド系やクリーム系のファンデーションであればツヤを出してくれるので少し潤ったイメージに作り上げてくれます。

しかし、いくらリキッド系のファンデーションが乾燥を防いでくれるといっても元の肌の状態は一番重要ですのでメイクをする前はきちんと保湿をしておくほうがいいでしょう。

油っぽい肌質の方にはパウダー系のファンデーション

油っぽい体質の方にはパウダーファンデーションやルースファンデーションをオススメします。パウダー系のファンデーションはよれにくいタイプのものが多く、リキッド系やクリーム系のものはオイリー肌の人にとって少しよれやすくなってしまいます。

混合肌の方にはファンデーションの使い分け

だいたいの人は乾燥肌体質か油っぽい肌体質かに分かれますが、実はその乾燥肌とオイリーな肌体質が混合している『混合肌体質』の人も意外と多くいるのです。

顔周りや頬全体は乾燥気味なのに鼻や顎などは油っぽい体質でテカっているという、部分によって肌質に差がある人を指します。気候や季節によって肌体質に変化が起きる方もいれば、体調によって変化が起きる人もいます。

そんな混合肌体質の人にオススメなファンデーションの使い方ですが、油っぽいところはパウダーファンデーションを使用して、乾燥気味な部分にはリキッドファンデーションを利用するように、自分の肌のそれぞれの部分の状態をよく見てファンデーションの種類を使い分けていくことをオススメします。

ファンデーションの色の種類とそれぞれの色が与えるイメージ

「化粧品 フリー 素材」の画像検索結果

ピンク・オークル・ベージュとファンデーションの色にも様々な種類がありますが、今使っているトーンに満足していないなら少しトーンを変えてイメージを変えてみるのもいいかもしれません。

ここでファンデーションの色の種類とそれぞれの色の持つ効果についてご説明したいと思います。

ベージュ

赤みかかった肌・ニキビなどで顔全体が赤っぽいイメージが強くでている人にはこのベージュ系のファンデーションがオススメです。

赤みの強い肌色の方は白いトーンのものや、ピンク系のファンデーションを使うことで余計に肌の赤さを強調させてしまう場合があるので、ベージュ系のファンデーションで少し赤みを抑えた肌に見せてみるのもいいかもしれません。

オークル

オークル系のファンデーションは血色のある肌を作ってくれる少し明るめのトーンとなっています。実はベージュよりもオークルのほうが明るめなのです。特にオークルは自然でキレイな仕上がりになるので人気度が高かったりします。

しかし、少し赤みがかった感じに仕上がることも多いので元々肌の状態が赤かったり、ニキビが目立っている場合の方は少しトーンを暗くしたほうがオススメです。

ピンク

ピンク系のファンデーションを使う場合には重ね塗りとして使用するケースが意外と多かったりします。元々肌の状態がキレイな方など、ファンデーションがあまり必要じゃない方がささっと少量で使うケースが多いです。

始めにピンクのファンデーションを薄く塗ってからいつも愛用しているファンデーション(ベージュやオークルなど)を上から重ね塗りするという方法もあります。この方法は若々しく明るくキレイな肌の色を作り上げてくれる効果があるので、暗めな肌でくすみの強い方にはオススメです。

2色のファンデーションを使い分ける

自分に合うファンデーションの色やトーンなどを1色ではなく2色くらい把握しておくといいです。服装や自分の髪色だったりメイクの雰囲気や濃さによってもマッチするファンデーションの色が変わってくることがあるからです。

まず考えたいのは自分の肌に合った色のファンデーションを選ぶことですが、時々普段使っているファンデーションの色より少し明るめの色を使用してみると華やかにキレイな女性に見せることもできます。もしくは、普段使っているトーンよりも少し暗めの色を使用してみると大人なエレガントな雰囲気を作ることもできます。

1色だけでなく何色か自分に合ったファンデーションの色を把握しておくことによってさまざまなスタイルに合わせられるようになるのです。

まとめ

女性にとってメイクとは日常生活に欠かせない大事なアイテムだと思います。その中でファンデーションは特に顔全体のイメージを大きく作り上げてくれるものでもあります。様々なファンデーションの特徴を知ることは自分に合ったファンデーションを探すための近道ともなるのです。

大事なポイントをつかんで自分にマッチした素敵なファンデーションを見つけましょう。

スポンサーリンク

Check Also

model

次に買うなら!女子大生に人気化粧品ブランドランキング

いまや化粧品はデパートやドラッ …