Home / 美肌 / 乾燥肌向け保湿クリームの選び方と使い方
motokano5-640x330

乾燥肌向け保湿クリームの選び方と使い方

冬から春にかけては、空気の乾燥や花粉やほこりなどの刺激によって肌がゆらぎがち。この時期に乾燥肌に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

乾燥肌対策はとにかく保湿が重要です。今回は、乾燥肌の方向けの保湿クリームの選び方とその使い方をご紹介します。

自分にぴったりの保湿クリームを見つけて、カサつきがちのこの季節を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

乾燥肌向け保湿クリームの選び方

乾燥したときはときかく保湿が大事!・・・ということはわかっていても、保湿を謳う商品がたくさんありすぎてどれを使ったら良いのかわからないですよね。

まずは保湿クリームを選ぶときのポイントをご紹介します。ポイントを押さえて選べば、より高い保湿効果が望めますよ。

セラミド配合のものが基本

乾燥肌の場合は、セラミドを配合している保湿クリームを選ぶことが基本です。

セラミドは、元々角質層に含まれている保湿成分です。敏感になっている肌でも安心して使えるほか、外から与えてもしっかり角質層に届くのが魅力的です。

セラミドは、角質層で細胞間脂質となり層をつくり、水分をはさみ込むことで水分を保持しますので、とても強い保湿力があります。また、しっかりとはさみ込むことで保湿の持続時間も長くなります。

まずはセラミドが配合されている商品を選び、肌にしっかりと潤いを与えましょう。

コラーゲンなどの配合成分を確認

セラミド以外にも乾燥肌向けに有効な成分がいくつかあります。これらの成分が配合されているとさらに保湿効果が高まりますので乾燥肌には効果的です。セラミドと一緒にこれらの成分もチェックしてみましょう。

(コラーゲン)
コラーゲンは肌の最下層でハリや潤いを支えている真皮に存在している成分です。その真皮の中でも多くを占めているので、健やかな肌になるためには欠かせない成分なのです。コラーゲンは粒子が大きく肌の上から塗っても浸透しにくいのですが、そのまま肌の上にとどまることで保湿効果を高めます。

(ヒアルロン酸)
ヒアルロン酸は人間の身体のあらゆるところに存在し、肌に潤いや弾力を与えています。保水力が非常に高いので、乾燥肌に向いている成分です。

(ベントナイト)
聞き慣れない成分かもしれませんが、セラミドなど他の成分と一緒に配合することで、角質の表面をカバーし肌のバリア機能が強くなって外部刺激から守ってくれるほか、保湿機能を高めてくれます。

使用する体の部位に合わせて選ぶ

顔の他にも、体の中には乾燥しやすい部位がたくさんあります。部位によって乾燥の仕方が異なりますので、それぞれの部位にあった保湿クリームを使うことが重要です。

体の中で乾燥しやすい部位といえばかかと、ひじやひざ、すね、手は多くの方が乾燥に悩んでいる部位でしょう。例えばかかとは乾燥するとひどくひび割れて汎用の保湿クリームでは治りにくい場合がありますので、尿素が配合されたものを使用すると効果が上がります。

乾燥肌向け保湿クリームの使い方

せっかく良い保湿クリームを買ったのですから、効果が出る使い方をしたいですよね。ここでは、乾燥肌向けの保湿クリームを有効的に使う方法をご紹介します。

使い方ひとつで効果もぐっとあがりますので、しっかりと押さえておきましょう。

乾燥肌向け保湿クリームを使用するタイミング

保湿クリームを使用するタイミングは、化粧水や美容液を使った後に使用するのが基本です。保湿クリームには油分が含まれていますので、化粧水などで与えた水分にクリームで蓋をして水分を逃がさず保湿することが最大の役目だからです。

ですが、クリームのタイプによっては少しタイミングを変えてあげるとより効果が得られます。

例えば、朝はこの後にメイクをするのでこっくりと重たいクリームではなくさらっとした軽いクリームを使うというときは、洗顔後化粧水などをつけた後に保湿クリームを使うのが良いでしょう。逆に、夜しっかり保湿したい!という場合は、多くの有効成分が配合されたクリームを就寝前に使用してあげるとより効果が得られます。

乾燥肌向け保湿クリームの使用する時の量

乾燥するからといって多めにつけたり、逆にべたつくのがイヤで少ししかつけないなど、使用量を守らないと効果は得られにくくなります。

多くの商品は使用量の目安がパッケージや取扱説明書などにわかりやすく記載されています。その商品の使用の目安がパッケージなどに記載されていないときは、米粒大ほどをとり、額、両頬、鼻、あごに点々とのせ、外側にまんべんなく広げながら伸ばしていきます。

肌がしっとりと感じるくらいが適量ですが、もし足りないなと思ったら乾燥しやすい目元や頬などに少し重ねてあげましょう。

いくら乾燥肌といっても、適量より多く塗ってはいけません。クリームには油分が含まれていますので、たくさん使えばべたつきやテカリの原因となってしまいます。

乾燥肌向け保湿クリームを使用する頻度

乾燥肌でも、基本的には保湿クリームを使用する回数は朝と夜の2回です。特に、夜入浴後は肌の血行が良く、毛穴が開いて成分が浸透しやすくなっているので、このタイミングで使用すると保湿効果も高まります。

乾燥がひどかったり、日中エアコンなどで乾燥しやすい環境で過ごしている場合は、朝晩の保湿クリームだけではもの足りないと感じる方もいるかもしれません。そんなときは、メイク直しの際に乳液を少量塗ってあげると良いでしょう。あまり頻繁に乳液をつけるとメイクが崩れやすくなる他、テカリやべたつきにもつながりますので1~2回を目安にしてください。

乾燥肌向け保湿クリームの塗り方

保湿クリームの塗り方のポイントは「まんべんなく均一に塗ること」と「肌を擦らないこと」です。

まんべんなく均一に塗るためには、クリームを少しあたためて柔らかくしてから、上記でも触れたように額、両頬、鼻、あごの5か所に点々とのせ、手のひらを使って全体に伸ばしていきます。

このとき、強くこすらないようにするためには、手のひらにもクリームを少量のばし、しっかりあたためてから顔にあてて伸ばしていくと柔らかくなったクリームがクッションの役目を果たして肌への刺激を減らし、余分な力をかけることなく全体に伸ばすことができます。

乾燥している肌は刺激に敏感になっています。ただ塗ればよいというものではありませんので、優しく丁寧に塗ってあげると効果もあがりますよ。

乾燥肌向けフェイスクリームのおすすめ商品

保湿クリームの効果を押さえたところで、ここからは乾燥肌に効果が高いおすすめの商品をみていきましょう。

乾燥する時期になると、定番商品から新商品まで年々効果が高い商品がたくさん発売されますが、どれが自分に合っているかわからないと悩んでいる方も多いですよね!

ますはおすすめのフェイスクリームの特徴をご紹介しますので、これいいかも!という商品があったらぜひ試してみてくださいね。

小林製薬:ヒフミド エッセンスクリーム

こちらは3種類のヒト型セラミドが配合された高保湿クリームです。

肌にしっかりとうるおいを与え、肌の奥からハリのある肌になるよう導いてくれます。奥からしっかりとうるおいを与えしっかり保湿してくれることで、乾燥を防ぎ、乾燥によるシワも防いでくれます。

口コミでもカサつきがなくなりハリのある若々しい肌になった!という感想が寄せられているようです。製薬会社の商品というのも敏感肌には安心できますね!

こちらはお得な定期コースでの注文も可能ですので、気に入ったらこちらで注文してみてはいかがでしょうか。

ディセンシア:アヤナス クリーム コンセントレート

エイジングケアでもオススメのアヤナスシリーズの保湿クリームは、4種類の異なるオイルを使い、順に肌の上で溶けていくようになじんでいくのが特徴の超極上クリームです。こっくりと重たい感触なので、しっかりと保湿効果が得られます。

こちらの商品は、ディセンシアの特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール®」が肌表面に膜を作り、外部刺激から肌を守ってくれます。また、セラミドの4倍の浸透力を持つといわれるセラミドナノスフィアが徹底的に保湿してくれます。

さらに敏感肌を土台から立て直すという独自処方により、弱ってしまった肌の炎症を抑えてくれる効果も兼ね備えています。

ゼラニウムとラベンダーの香りでリラックス効果が感じられるのも良いですね。お値段は決して安くはありませんが、価格以上の価値が感じられる商品ですよ!

マークス&ウェブ:ハーバルフェイス モイスチャークリーム

ボタニカル商品を展開しているマークス&ウェブの保湿クリームは、ラベンダー/ゼラニウム、ジャスミン、ダマスクローズの3種類があります。

肌に柔軟性を与えるアーモンド油・スクワラン・シアバターを配合し、しっとりとしたつけ心地が感じられます。乾燥肌におすすめとのことだけあって、水分が蒸発して飛んでしまうのを防いで肌をなめらかに保湿してくれる優れものです。

さらに化粧下地としても使用できます。価格もお手頃なのでボタニカル系の化粧品が好きという方にはオススメです。

少量のお試しサイズもありますので、試してみて気に入った香りをチョイスするのも良いですね!

アテニア:プリマモイスト ナイトクリーム

こちらはコクのある滑らかなテクスチャが特徴の夜用保湿クリームです。

肌の活性に着目した「フィトグリコーゲン」とうるおいを持続的に与える「3Dヒアルロン酸」を配合し、しっとりとコクがあるのにのびのよいクリームが、乾燥しやすい睡眠中の肌を奥深くからうるおいで満たして翌朝ふっくらとした肌へ導いてくれます。

夜の就寝時間を利用し、肌の修復や再生に必要なうるおいと栄養をおしみなくチャージしてくれます。また、野バラとラベンダーのほのかに甘い香りがリラックス効果を生み、レッドシダーの香りが快眠へと導いて、睡眠不足からくる乾燥も改善してくれます。

エトヴォス:モイスチャライジングクリーム

エトヴォスの保湿ケアシリーズの一つであるこのクリームは、砂漠肌もつけて寝るだけで翌朝ぷるるんというキャッチコピーを実感できるほどの保湿効果が高い商品です。

こっくりとしたテクスチャはうるおいながらもべたつかず、乾燥からのダメージから肌を守り、ハリやツヤを与えてくれます。また、マカダミアナッツ油が肌の乾燥を防ぎ、やわらかでみずみずしいお肌へと導きます。さらに、オーガニックの植物性スクワランや、ホホバオイルが油分の足りない乾燥肌にすっとなじみ、保護効果の高いシアバターが乾燥からお肌を守り、メドウフォーム油が肌の上に膜を作り、肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。

乾燥肌向けボディクリームのおすすめ商品

続いては乾燥肌向けのボディクリームのおすすめ商品をご紹介します。乾燥する時期は身体のあちこちがカサつきがちです。おすすめのクリームを使ってしっかり保湿しておきましょう!

ニベア:ニベアクリーム

知らない人がいないくらい定番商品のニベアクリームですが、その効果も優秀です。

肌に潤いを与えるスクワランやホホバオイルを配合し、大人から子供まで家族みんなで使える便利な商品です。クリームが見えないバリアとなって、かさつきやすいひじやひざ、手などを乾燥から守ってくれます。

ニベアクリームは顔から全身までどこにでも使えるのが魅力です。ドラッグストアやスーパー、コンビニなどでも購入できますし、サイズも3種類から選べますので、シーンに合わせて購入できるのも良いですね。

クヴォン・デ・ミニム:母の安らぎボディクリーム

クヴォン・デ・ミニムとは、南フランスの五つ星リゾートホテル。元は修道院として400年の歴史を持っているところです。そんなホテルで大事に受け継いでいる天然の植物素材を使ったおもてなしから生まれた伝統と上質のスキンケ商品がこのクリームです。

母の安らぎというネーミングどおりの優しい香りと真っ白でこっくりと濃厚なクリームが乾燥した肌と心を癒してくれます。ボディクリームですが、ハンドクリームとしてもおすすめです。ミニサイズもありますよ。

ユースキン製薬:ユースキンA

肌荒れに悩む方にはおなじみのユースキンA。ビタミンB2の色である黄色いクリームが特徴的です。

乾燥が原因でできてしまったヒビやあかぎれなどに効果があり、家族みんなで安心して使える製薬会社の商品なのも魅力的です。グリセリンが肌を柔らかくし、保湿力を高め健康的な肌に導いてくれます。

購入しやすい価格なのも魅力ですね!

ケアセラ:高保湿ボディクリーム

ロート製薬から出ているケアセラシリーズのボディクリームは、天然型マルチセラミドやカミツレの花のエキスなど3種の植物エキスなどのこだわりのうるおい成分を配合した、くり返し乾燥してしまう肌にアプローチした商品です。

高保湿はコクのあるクリームから生まれ、使い心地もリッチさを感じられます。それなのにとっても肌なじみがよく、特に乾燥して敏感になっている肌でもやさしくのばせ、うるおいが長時間持続します。

ビーハニー:越冬クリーム

ビーハニーの冬場の乾燥する時期を対象にしたクリームです。

その名のとおりハチミツやローヤルゼリーなど配合し、乾燥しがちな肌にうるおいを与えて満たす、みつばちの恵みを詰め込んだ保湿クリームです。

コラーゲンやヒアルロン酸などのシナジーモイスト成分が乾燥や肌荒れを防ぎ、健康的な肌に導いてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。空気が乾燥する冬から初春にかけてはしっかり保湿しておきたいですよね!

普段のスキンケアだとうるおいが足りていないかも・・・と感じている方は、ぜひ保湿クリームを使用してみてください。保湿に特化した商品を使うことで、効果が得られやすくなりますし、テクスチャも塗ったあとはさらっとした感じのものが多く出ています。

上手に利用して、乾燥肌を撃退してしまいましょう!

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …