Home / 化粧品 / 次に買うなら!女子大生に人気化粧品ブランドランキング
model

次に買うなら!女子大生に人気化粧品ブランドランキング

いまや化粧品はデパートやドラッグストアで買うだけではありません。通販やコンビニでも買えるようになり、プチプラな上に優秀なものも増えてきました。
ここではいわゆる「プチプラコスメ」と呼ばれる、女子大生にも人気の価格は安いけれども優秀な化粧品ブランドをご紹介します。

スポンサードリンク

1位 ケイト(KATE)

cosmeticssample-259181_640

マツモトキヨシなどのドラッグストアやドンキホーテ、ラオックスなどで販売されているケイト。黒のスタイリッシュなパッケージで売られているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?女子大生に絶大な人気のブランドですが、パッケージがとにかく黒でカッコイイです。それに微妙なカットなどが施されておりとても凝っている印象です。

人気のポイント

このケイトはベースメイクからメイクアップ商品までのラインアップが豊富に揃っており、中にはリップオイルやリップとチークの両方に使えるクリーム、眉マスカラ、Wタイプのアイブロウなどという画期的なアイテムもあります。

ヒット商品2選

「骨格リメイク」とも呼ばれるアイメイク、ブラウンの「グラデーションカラーアイシャドウ」は彫りを深く見せることができるアイシャドウです。例えばブラウン系でもちょっとずつ濃淡が違う色を重ねて使うことで彫りを深く顔を立体的に見せてくれます。

また、従来はペンシルが常識だったアイブローをリキッドのマスカラタイプにした「3Dアイブロー」は眉毛の色を整え、ふんわりと整える眉マスカラ。従来の常識を打ち破るような斬新な商品が大人気となっています。

2位 マキアージュ(MAQuillAGE)

資生堂がプロデュースするマキアージュ。新興の化粧品がどんどん出ようともやはり「資生堂」のブランドは不動の人気です。

人気のポイント

街の化粧品店やドラッグストアでも買えるマキアージュ。それにネット販売もあるので、手持ちが少なくなってもいつでも手に入るという安心感があります。ワンランク上の「きれいな素肌」がコンセプトでイメージモデルは長谷川潤さん。まるでゴールドのクロコダイル皮のようなパッケージがゴージャスです。

ラインナップはベースメイク、ポイントメイクからスキンケア、ネイルや香水まで、そのアイテム数は膨大です。
中でも気になったのが素肌を活かすためのベースメイクのアイテム数の多さです。

ヒット商品2選

「きれいな素肌」がコンセプトらしく、素肌っぽく作ったメイクを目指す人むけのマキアージュのベイスメイク化粧品。中でも「ドラマティックリキッドファンデーション」は評価が高く、塗ってます感がないのにカバーもしれくれるので、スフレのように内側はしっとり、表面はさくっとしている仕上がりです。

また、「ドラマティックムードヴェール」というフェイスカラーも大評判。いろいろな色を混ぜて使うパウダーなのですが、Tゾーンなどにはハイライト、顔の輪郭には濃い目のシャドー、ほんのりピンクを乗せるなど、顔色のコントロールもでき、しっとり目なので乾燥知らずなのも大評判のパウダーです。お値段も3500円程度と超お買い得!

3位 COFFRET D’OR(コフレドール)

カネボウ化粧品がプロデュースするコフレドール。資生堂同様、街の化粧品店やドラッグストアでも手に入ります。やはり歴史の長い国産化粧品には安心感があります。
ベーシックな奇をてらわないパッケージにも好感が持てます。イメージモデルは長澤まさみさん。

人気のポイント

ポイントメイクとベースメイクのアイテム数は資生堂同様、膨大な数。中でもベースメイクのファンデーション、化粧下地の数とアイシャドウのアイテム数が多いのが興味深いです。

ヒット商品2選

Wタイプのアイブローペンシル、「Wブローデザイナー」は、2017年6月に登場したばかりの眉ペンシル。ふんわりと立体的なアイブローが簡単にかけると評判です。
ウォータープルーフタイプで10時間経ってもアイブローが落ちにくいというハイテク仕様です。

また「ピュアリーステイルージュ」は半熟ルージュとも呼ばれるうるうる、プルプルタイプのルージュ。とろけるような半熟の感触なのに、薄膜仕立てでシアーな発色が続く優秀ルージュです。昔のようなマットなタイプのルージュはもう時代遅れなのかも。

4位 キャンメイク(CANMAKE)

d3acd6eb0544fe030403dcd6721397c3_m

人気のポイント

キャンメイクTOKYOのブランドで東京感を出した、フェミニンなパッケージも可愛いブランド。販売店は正規販売店になる必要があるため、東京都でも20店舗程度しか販売しているところがないというレアな化粧品。可愛さと希少価値で爆発的な人気となりました。
しかし意外に歴史は古く、2015年でブランド設立30年を迎えました。30年も前にプチプラブランドとして設立していたのには、まさに先駆者と呼ぶにふさわしいでしょう。

コンセプトはgirly, pop, shiny(可愛く、たのしく、輝きたい)。

ヒット商品2選

なんといってもカール感、ボリューム感のあるマスカラに定評があります。従来からある「フレアリングマスカラ」にボリュームタイプが新登場し、繊細でボリュームのあるまつげを作ります。色もショコラブラックという、黒だけでも、茶だけでも出せない、ヌケ感があるのにメリハリが効いた、茶色の液に黒の繊維で魅力的な目元を作ります。

また、「パーフェクトマルチアイズ」は5色入りのカラーパウダー。これひとつで、アイシャドウ、アイブロウ、アイライナーに使える画期的なアイテムです。アンティークテラコッタとローズブラウンの新色が発売され、どれも同系色のブラウンや赤みのある色なので、きれいで立体的なメイクが作れます。お値段も780円とプチプラなのが嬉しいです。

5位 マジョリカ マジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)

人気のポイント

資生堂がプロデュースする、マジョリカマジョルカ。街の化粧品店やトモズなどのドラッグストアで手に入ります。
そのネーミングセンスといい、和製アナ・スイのようなパッケージといい、女の子が夢中になりそうな要素がいっぱい!アイテム数は少ないですがベースメイクもあり、マスカラ、アイシャドウ、アイライナーなどのアイメイク系のアイテムが豊富。また、缶入り、瓶入り、ジェルのチークにも特徴があります。イメージモデルは玉城ティナさん。

ヒット商品2選

ほおやリップにポンポン色をのせて使う、新発売の「メルティージェム」は全4色のジェリー状フェイスカラー。指にとって顔に伸ばすだけで、内側からにじみ出るような血色感が作れます。4色のうち一色はティントタイプで、つけた直後とあとになってからでは、色が変わるタイプ。ジェルがパウダーに変化する、ハイテクな化粧品です。月見草油配合で、潤いとツヤを長時間キープできます。

また、マジョリカマジョルカといえば、マスカラの評価が高いのにも注目です。特に「ラッシュエナメルグラマー ボリュームオン」マスカラは、ひと塗りで太くて濃い極太なまつげが作れます。グロスオイル配合なので、濡れたようなセクシーなまつげに仕上がり、まつげの黒さも際立てます。汗や皮脂、涙に強いウォータープルーフタイプです。

まとめ

女子大生に大人気な化粧品ブランドを順位別にご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?もちろん、その人の趣味やメイクの傾向もありますので、順位はあくまでも参考ですが、売れている化粧品にはやはり女の子の心をときめかせるような何かを持っていますね。また、どのブランドもそれほどお値段が高くなく、心が動いたらすぐに買ってトライできるのも魅力です。是非一度、使ってみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

people-2563491_640

アンチエイジング!まぶたのたるみの解消方法

何だか20代のころに比べて目が …