Home / 美肌 / コントロールカラーのメイク方法とメリット、自分に合うカラーの探し方
0418fa8658c131d5774f4467100005ba_s-600x400

コントロールカラーのメイク方法とメリット、自分に合うカラーの探し方

コントロールカラーというメイク方法をご存知ですか?通常のベースメイク下地とは異なり、その名の通り、肌のカラーをコントロールすることによって、光の効果を調整します。それにより様々なお肌のお悩みを解決してくれるという優れものです。

最近ではグリーンやイエロー、パープル…様々なバリエーションのコントロールカラーが発売されています。しかし自分に合うのは何色?どんな色を使えばどんな効果があるの?難しそうでなかなか手が出せない…そんなあなたの為に、コントロールカラーの徹底解説です。

いつものメイクに少しだけ手間を加えて、もっと自信の持てるお肌を手に入れましょう。

スポンサードリンク

メイクをワンランクアップするコントロールカラー

もちろん通常のベースメイク下地だけでもメイクは完成します。しかしコントロールカラーを使うことにより、更に理想のお肌に近づくと言えるでしょう。肌の赤み、くすみ、にきび跡、血色の悪さ…女性は体調や季節、疲れやホルモンバランスが影響して肌のコンディションが日に日に変化します。

昨今、めっきり冷え込んできましたが、秋から冬にかけては空気が乾燥します。それによりお肌がカサカサ…なんてこともありますね。空気の乾燥により、お肌のターンオーバーサイクルが狂いがちになります。古い角質が溜まってしまうことにより、肌荒れやくすみの原因になってしまうのです。

そこで、コントロールカラーを使い、毎日のメイクを楽しく出来たらいいですよね。
完璧なメイクの仕上がり、それだけでテンションが上がりませんか?

自分の肌の気になっているところをカバーしてくれる

上記の通り、肌のお悩みは尽きませんね。どんなに努力していても、コンディションが悪いときもあります。メイクがうまくいかないと、一日気分が下がってしまいます。

しかし、コントロールカラーをうまく使いこなせればそんなこともなくなりますよ!

コンシーラーよりもっと自然にカバーできる

cosmetics-1543276__340

多くの人が肌のお悩みの時に使用するのが、コンシーラーですね。しかしコンシーラーは使い方によっては塗った部分だけ浮いて見えてしまったり、逆に目立ってしまうということもあります。そしてその浮きをカバーしたいが為に、ファンデーション自体が更に厚くなる…という負のスパイラルです。

しかしコントロールカラーを使うことにより、部分的にではなく、肌の広い部分をカバーします。なので、より自然に気になる部分をカバーすることが出来ます。コンシーラーと比較すると、薄く伸びるのでメイク初心者でもすぐに使いこなすようになることが出来ますよ。

場合によって、コントロールカラーとコンシーラーを使い分けられるようになりましょう!

ファンデーションの発色を良くしてくれる

通常のメイク下地のみを使用するよりも、お肌の色ムラやくすみをコントロールカラーでカバーしておくことによりファンデーションの発色がとても良くなります。そうすることで自然とファンデーション自体は薄付きにすることが出来ます。

お肌の悩みを隠したいが為に、必死にファンデーションで隠す…しかし時間が経過するにつれて皮脂や乾燥の影響により、メイク自体が崩れてきてしまいます。ベースメイクにコントロールカラーを取り入れるだけで、こういったお悩みもなくなります。

無駄にメイク直しの為の化粧品を持ち歩くこともしなくて良くなるので、お出掛けの際の荷物を減らすことも可能になりますよ。

素肌の色を調整して均一に近づける

二日酔いや生理、疲れ…それらの要因により、顔色が悪かったり、クマができてしまったり、なかなか毎日お肌の色が整わない、なんてこともあると思います。そこで、コントロールカラーの出番です。ファンデーションを仕込む前の段階でお肌の色を整えることにより、より美しいお肌へと導いてくれます。

どんなにファンデーションを塗ってもお悩みが改善されない、という場合、まず素肌の状態をよく観察し、自分に合ったコントロールカラーを選択することが大切です。ベースメイクがうまくいくことにより、アイカラーやチークカラーの発色も良くなります。

肌を立体的に、明るく見せてくれる

色を調整し、光をうまく使いこなすことにより、より透明感のある立体的なお肌を作り出すことも可能です。シェーディングやハイライト、勿論そういった技術もプラスすれば更に立体感を出すことが出来ます。

しかし朝の忙しい時間帯、ついついファンデーションだけでいいや!となりがちなことも多いですよね。そこでコントロールカラーをうまくベースに取り入れることにより、難しいテクニックがなくても立体感を出せるようになりましょう。

更に立体感だけでなく手に入れたいのは、今人気の、透き通ったようなお肌の質感。女優の石原さとみさんや、新垣結衣さんのようなお肌に憧れる女性は多いです。

コントロールカラーを入れる場所や、選ぶカラーの組み合わせにより、レフ板効果も期待できちゃうんです!立体感と肌の明るさを自分で調節出来てしまうなんて、とても魅力的ですね。

あなたにとって最適なコントロールカラー

8a858bce7f6ad1a201d1841eab59c1c7_s

さて、ここまでコントロールカラーの利点を数多く挙げてきましたが、コントロールカラーは実に様々な種類があります。自分には何色が合っているの?という疑問にお答えすべく、肌悩み別のコントロールカラーの選び方を一つずつ解説していきます。

イエローは肌の色むらくすみをとってくれる

まずはイエローです。こちらは初心者さんでも一番使いやすい色になります。その理由として、まず日本人は肌が黄色に近いのでとても馴染みやすいです。加えて色むらや、くすみをカバーする力を持っています。その他にもシミ、クマなどにも効果があります。

お肌の色と質感を均一に整えてくれるので、パッと明るい健康的な印象のお肌になることが出来ます。

ピンクはお肌に血色を取り戻して元気をプラス

お次はピンクの特徴についてです。こちらは全体的に柔らかい雰囲気のお肌にすることが出来ます。生理中で血色が悪い、疲れていてお肌になんとなく元気がない…そんな時はピンク系のコントロールカラーを使用することにより、自然な血色感を手に入れることが出来ます。

グリーンは赤みやニキビ痕を隠すのに効果的

お次はグリーンの特徴についてです。こちらは、年齢を重ねるごとに消えにくくなる、ニキビの痕やファンデーションだけではなかなか隠しきれないお肌の赤みをカバーしてくれます。

お肌の赤みで特に気になる部分は小鼻の周辺などが多いのではないでしょうか。こちらは部分的に使用することで赤みやニキビ痕をカバーしてくれますので、他の色とうまく組み合わせて使っていきましょう。

例としては、イエロー系との組み合わせです。イエロー系と組み合わせて使用することにより、お肌のくすみを抑え、更に透明感のあるツヤ肌を手に入れることが出来ます。

オレンジはクマやくすみをカバーして若々しく

お次はオレンジの特徴についてです。オレンジのコントロールカラーが最も強く効果を発揮するのは目の下のクマに対してです。

イエロー系のものでもカバーは出来るのですが、クマというのは寝不足や疲労からくるものです。イエロー系よりもオレンジ系のものを使用した方がより健康的な印象の目元を作り出すことが出来るでしょう。他にも茶色っぽいシミやそばかすをカバーするのにも最適です。

ブルーを使うと黄色いくすみがなくなる

お次はブルーの特徴についてです。お肌に青を乗せる…それだけ聞くと、え?大丈夫…?と思いがちですが、ここ最近はブルー系のカラー下地がじわじわと人気になってきているのです!

その理由としては、ファンデーションの前にお肌に仕込むだけで真っ白で透き通るような陶器肌になれる、ということがあげられます。日本人の肌が黄色がかっている、ということはイエローベースのコントロールカラーの項目でもお伝え致しましたが、青い色は黄色を打ち消す効果があります。

その為、ブルー系の下地を使うことで黄色っぽいくすみをカバーすることができるのです。思っているよりとても使いやすいカラーなので、なんだか今日はくすんでいるな…というときに是非トライしてみて下さい。

ただし商品によっては顔全体に伸ばすと顔だけが白浮きして見えてしまう場合もあるので、そういった場合はハイライトを入れる部分だけにブルーのコントロールカラーを使用するようにしましょう。

パープルは肌に自然な透明感を与える

お次はパープルの特徴についてです。パープルは、ピンクとブルーのいいとこ取りが出来ます。白過ぎても困る、血色も欲しい、でも陶器肌も捨てがたい。

そんな時には是非パープル系のコントロールカラーを使用してみてください。ナチュラルな透明感を出すことが出来るので、長時間メイクをしていなくてはいけない日には最適です。夕方になっても輝くようなお肌でいられたら嬉しいですよね。

ホワイト・パールはシミソバカスを光で飛ばして立体メイク可能

お次はホワイト・パール系の特徴についてです。こちらは内側からの輝くようなハイライト効果をもたらすことができ、お肌のくすみやシミ、ソバカスをカバーしてナチュラルな立体感を出してくれます。パールが入ったものを選ぶことにより、ツヤ感を出すことが出来ます。しかしマットな質感がお好みの場合はパールなしを選ぶ方が良いでしょう。

TPOに応じて使い分けることにより、様々なメイクを楽しむことが出来ますね。

コントロールカラーの最新事情

ここ最近ではプチプラコスメからデパートコスメまで、様々なメーカーやブランドがコントロールカラーを発売しています。いきなりハイブランドに手を出すのは勇気がいる…という場合はプチプラコスメでも優秀なものが発売されていますので、まずはそちらからトライするのが良いでしょう。

色々な種類、色のものを試して自分にぴったりのものを見つけるのも楽しいですよね!

携帯しやすいスティックタイプが人気

何かとごちゃごちゃしやすいメイクポーチの中身…特にパウダーファンデーションなんかは、ポーチの中で割れてしまってポーチが粉まみれ!なんてご経験もあると思います。

そこで持ち歩きにも重宝するスティックタイプのコントロールカラーが人気です。コンパクトで邪魔にならず、割れてしまい使えなくなる、なんてこともありません。

それに加え、通常のファンデーションと比較すると軽くて小さいので、ポーチの中身もすっきり見えます。もしもの時のお直し用に一つ常備しておくと便利です。

カラーコントロールとコンシーラーが一体化したものが登場

コントロールカラーが人気となってきた今、コントロールカラーとコンシーラーが一つになったものも発売されています。これはとても嬉しいですよね!ヨレやすい目元や小鼻の周辺など、細かい部分にも使いやすくなっています。しかし厚塗りする必要はなく、Tゾーンに軽く伸ばすだけでもガラッと印象が変わりますので重宝します。

バッグが小さいときや、荷物をなるべく減らしたい、という時には、これが一つあるだけで良いので身軽にお出掛けを楽しむことができますね。

カラーコントロールに美容効果が進化

こんなに便利で嬉しいことづくめのコントロールカラーのコスメに、美容効果が含まれている商品もあるということをご存知ですか?商品によってその効果はさまざまですが、うるおい成分が配合されているものや美容液配合のものもあります。

うるおい成分が配合されているものを使用する場合、お肌にうるおいがキープされるので、時間が経過してもファンデーションの密着度が保たれ、メイク崩れしにくくなります。

美容液成分が配合されているものを使用する場合、忙しくて肌のケアを入念に出来ないという時のお助けグッズとなりますね。メイクしながら地肌も労ってくれるので、多忙な時でもお肌の心配が少なくなるのは嬉しいですよね。

肌の色は変わるので季節によってカラーを使い分ける

99bda9dc6eaf4a6e80be15134f5a0d5d_s

気付いたら今年ももうあっという間に年末ですね。風邪やインフルエンザが流行する季節なので、体調の心配が一番だと思います。

しかし冒頭でもお伝えしましたが、冷たい風に吹かれることにより、お肌も大きなダメージを受けているということを知っておきましょう。よくよく観察することで、春夏のお肌の質感とは大きく異なっていることが分かると思います。それぞれの季節により、選ぶ化粧品も変えていくことが大切です。

まとめ

132b65573715e469ee13b4777cb19026_s

いかがでしたでしょうか?難しそうに見えるコントロールカラーですが、全くそんなことはありません!

店頭へ行くと本当に驚く程のバリエーションの商品が並んでいますので、じっくり選んで理想のお肌に近づきましょう。慣れてきたら状況に応じて様々な色のものを使いこなせるようになりますので、そうしたら毎日のメイクがもっともっとハッピーになりますよ♬

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …