Home / ダイエット / コーヒーをブラックで飲むメリット・デメリット
coffee-471166_1920-300x200

コーヒーをブラックで飲むメリット・デメリット

みなさんは、コーヒーをいつどのように、何のために飲んでいますか?

人によっては、カフェインが効きすぎてしまい、一日中ずっと目がギラギラとなってしまうから飲まないという方もいらっしゃいますし、一方で、コーヒーが無いと落ち着かないというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的に、コーヒーは「ブラック」で飲むことでダイエットや健康促進に様々な効果があると言われてきました。
では、それはいったいどのような効果なのでしょうか?

効果的な飲み方や量などもあるようですし、飲み過ぎはかえって健康やダイエットの弊害となることもあるようです。正しい飲み方、摂取量を知って日々の生活に効果的に取り入れていきたいですね。

それではおおまかに「ダイエット、美容面」と「健康面」の2点に分けて、ブラックコーヒーのメリットとデメリットを見てみましょう。

スポンサードリンク

ダイエット、美容面でのメリット、デメリット

まず、コーヒーに含まれる成分、その働きについて細かくみていきます。

脂肪を燃やすカフェインの働き

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪の分解を加速させたり、エネルギー消費を高めたりする働きがあると言われているのです。
カフェインは体内に入ることで自律神経である交感神経を刺激し、血液の流れが良くなり、新陳代謝が活性化します。それにより脂肪燃焼の原動力である遊離脂肪酸が増えて脂肪を燃やしやすくするというのです。

筋肉トレーニングを頻繁にする方の中でも、この理論を参考にしてトレーニング前後でコーヒーを飲む方が多くいらっしゃると伺います。

実際には個人差があると思いますが、そういった方々が実際に試しているというのは参考には成るのではないでしょうか。

最近、カフェインレスのデカフェコーヒーが発売されていますね。就寝前などには香りと味を楽しめるかもしれませんが、カフェインの効果を得たいときには不向きのようです。

クロロゲン酸の健康効果

クロロゲン酸はコーヒー内の抗酸化作用の強いポリフェノールの一種で、カフェインと同じように脂肪の蓄積を抑える働きがあります。カフェインよりも多く含有されていて、別名コーヒーポリフェノールと呼ばれることもあり、コーヒーの香りや味はこのクロロゲン酸が重要な役割を果たしているとも言われています。

コーヒーの香りにはストレス緩和、リラックスの効果があります。頭が痛いときや体が重いと感じるとき、香り高いコーヒーを飲むといいでしょう。

肌のシミ防止効果も

これはあまり知られていないことですが、コーヒーには肌のシミ防止効果もあります。女性の悩みであるシミですが、これはメラニンと言う色素成分が原因となっています。クロロゲン酸はその原因を押さえてくれる効果があるとされています。

実際の効果がどの程度あるのか、当然個人差も関係してくるとは思いますが、もし効果があるとすればうれしいですよね。

痩せやすい体に

コーヒーはダイエットの味方です。カフェインに含まれるリパーゼには脂肪分解酵素を活性化させる働き、クロロゲン酸には脂肪の分解を促進する働きがあるのです。

さらに、カフェインによって血糖値が上昇することで食欲が抑制されます。ただ、コーヒーを飲んで食事を捕らない、なんていう生活はやめましょう。

「コーヒーダイエット」の正しい行い方は、食事の30分前にコーヒーを摂取しておくことで、食事時に食欲が減退し、「食べたいのにダイエット…」ではなく、少量で満腹感を得られるようになります。

ダイエットにはもってこいの飲料ですね。

かえって逆効果になる摂り方

このように様々な美容効果が期待できる「ブラックコーヒー」ですが、摂りすぎると逆効果になってしまう可能性も存在します。

大量にカフェインを摂取することにより、ストレスホルモンが増える場合があり、血圧や心拍数もあがるので、エネルギーを蓄えるために脳が糖分を欲しがり、結果的に意図せずして筋肉を分解してしまいます。

脂肪の燃焼を促してくれるホルモンも減ってしまうので、脂肪が燃えにくくなり、蓄積して太りやすくなるのです。

また、コーヒーはリフレッシュ効果もありますが、夜に飲む場合はかえって目が覚めてしまい、なかなか寝付けなくなってしまうことも考えられます。寝不足により食欲を抑えるホルモンが減って食欲を促すホルモンが増えてしまうため、寝不足も太る原因と言われています。

コーヒー好きで1日に何杯も摂取してしまうひとは、摂取量を管理する必要があるようです。では、適切な量とはいったいどのくらいなのでしょうか?次に、効果的な飲み方や量、タイミングを説明します。

効果的な飲み方、飲む量やタイミング

コーヒーは空腹時に飲むと胃酸が分泌されやすいので避けた方がいいです。しかし、食後のコーヒーはカフェインが胃腸の動きを促進するので消化が良くなり、代謝が高くなるので痩せやすくなるとされています。また、お風呂や運動をスタートする20分から30分くらい前に飲むことでも脂肪燃焼効果が高まります。

また、同じブラックコーヒーでもインスタントコーヒーよりもドリップコーヒーの方が多くのカフェインとクロロゲン酸が含有されており、またクロロゲンは熱に弱いことから、コーヒー豆も深煎りのものよりは浅煎りのものの方が含有量が多いようです。

飲む量は1日3、4杯(400g程度)が適当な量とされています。カフェインの効果は2、3時間とされていますので、一度にまとめて飲まずにこまめに分けて飲む方が良いようです。また、砂糖を入れるとカフェインの働きが妨害されてしまうため、砂糖は入れないかほんの微量にするとよいでしょう。

ブラックコーヒーの健康効果とは?

脂肪燃焼効果が期待できることで注目を浴びているブラックコーヒーですが、健康面や病気の予防にも優れた効果があるとされています。
ここでは豆知識の一つとなる程度のお話を載せたいと思います。

様々な疾患のリスクの低減

一日に数杯のコーヒーの摂取で体にはびこる様々な疾患のリスクを低減させることができるとされています。何事もそうですが、適量を飲む分には問題はありませんが、過度なコーヒー摂取は体に悪影響ですので控えるようにしましょう。

日常的な例を挙げると、飲みすぎてしまった後の二日酔いの時に起こる頭痛はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が主な原因となっていますが、カフェインはこの物質を体外に追いやり、脳の血液の循環を促進する効果があるとされています。

皆さんもしばしお酒を飲みすぎてしまい、仕事があるのに二日酔い…というような経験があるかと思います。そのような時はコーヒーを飲んでみるといいかもしれません。

また、コーヒーの香りで脳のアルファ波が活性化し、リラックス効果があるため、ストレスの解消を促進するとも言われています。

コーヒーの摂取を控えた方がいい場合

健康面から考えても、やはりコーヒー接種のデメリットはあります。例えば貧血気味の人は体内の鉄分が流れ出し、タンニンが鉄分と化合して溶かされてしまうため摂取は控えた方がよいとされています。クロロゲンも鉄分と結合しやすい性質があるため、貧血気味の方は控えた方がいいでしょう。

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなりますよね。コーヒーの利尿作用によって、脱水症状やカルシウム不足に至る可能性もあるようです。やはり、健康・美容にいいブラックコーヒーとはいえ、過度の摂取は逆効果です。

まとめ

ブラックコーヒーの美容、ダイエット健康効果はお分かりいただけたでしょうか。

日常的に飲んでいた方も、普段は飲まない方でも、今まで知らなかったコーヒーの一面を垣間見れたのではないでしょうか?古くから人間に飲まれてきたコーヒーですが、いずれにしてもダイエットや健康に良いからと1日に沢山摂取するのではなく、飲むタイミングやその日の自分の体調なども考慮して適量を摂取するというのが一番効果的のようです。

コーヒーを常飲する習慣のある方は少し飲むタイミングを変えてみたり、これまでコーヒーをあまり飲む習慣のなかった方はこれを機に少しコーヒーを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

ec0a824d9b48d9c27ba6c309082fa2ff_m

ダイエットには1杯の味噌汁を!味噌汁ダイエットの魅力を紹介!

ダイエットが続かない原因の一つ …