Home / 美肌 / クレンジングオイルの人気おすすめランキング10選
2-3-640x330

クレンジングオイルの人気おすすめランキング10選

スキンケア商品に気は使っても、クレンジング剤は適当に選んでいるという女性は意外と多いようです。毎日行う洗顔やスキンケア、化粧のその中でも一番お肌に刺激を与えているのがクレンジングです。

クレンジングオイルはお肌に悪いのでは?という声もよく聞かれますが、ポイントは使い方にあり、必ずしもクレンジングオイル自体が悪い訳ではありません。自分の肌質、肌状態に合っていないクレンジングオイルを使っているために、お肌に負担がかかりトラブルを招いてしまいます。

そこで今回はクレンジングオイルにスポットを当て、クレンジングオイルのメリットや選び方、使い方と合わせてランキング形式でおすすめの人気クレンジングオイルをご紹介します。

スポンサードリンク

クレンジングオイルのメリット

一般的にクレンジング剤には、クリームタイプやオイルタイプなどがありますが、それぞれにメリットとデメリットはあるようです。自分のお肌に合ったクレンジングオイルを使うと、お肌が柔らかくなったり、乾燥しなくなったりなど、ただ汚れを落とすだけではない働きをもたらしてくれます。クレンジングオイルのメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

入浴中に使える

クレンジングオイルは、メイクした状態の顔全体に塗ってなじませて、そのまま洗い流すだけなので、ふき取りいらずで入浴中でもスムーズに使える手軽さがあります。

メーク以外の汚れも落とす

クレンジングオイルは、メークだけではなく、皮脂が酸化してしまった汚れや、お肌に付着した大気中の汚染物質まで落としてくれる、洗浄力が強いクレンジング剤です。

濃いメイクを素早く落とせる

クレンジングオイルは、その成分のほとんどが油分ですので、ファンデーションやマスカラなどのメイクを落とす力が、クリームよりも強力です。ポイントメイクなどで、重ね塗りなどしたメイクの時は、メイクを溶かしてくれるオイルでないとなかなか落とせません。また、ウォータープルーフの化粧品も、洗浄力の低いクレンジングでは落とし切れません。

クレンジングオイルの選び方

基本的にクレンジング剤は肌質やメイクの濃さによって選びましょう。マスカラなどを落とすには、クリームよりもオイルを使った方が簡単に取れる場合があります。

クレンジングクリームは、拭き取りをした後に洗顔になりますが、クレンジングオイルは、メイクした状態の顔全体に塗ってなじませて、そのまま洗い流すだけなので、入浴中でもスムーズに使えます。ただし、自分のお肌に合わないクレンジングオイル使うと、乾燥肌を招いてしまうこともありますので、注意が必要です。

アトピー肌やにきび肌の人

お肌にトラブルがある時は、何を使っても何らかの影響がでやすいようです。特にアトピー肌やにきび肌にとって、クレンジングはとてもお肌に負担が大きいものです。クレンジング剤は、洗浄力だけではなく配合成分にも気をつけて選ぶことが大切です。できれば界面活性剤の含まれていないオイルを選びましょう。

にきび肌の人には、クレンジングオイルは良くないと思われがちですが、メイクをしっかりした日は、クレンジングが不十分だと、かえってお肌に残った汚れによって、ニキビが悪化してしまいます。しかし、オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強いため、メイク以外に必要なお肌の油分まで洗い流してしまうことが考えられます。

にきび肌の人はお肌の負担を考えて、フェイスパウダー程度の軽いメイクの時は、クリームタイプのクレンジングにして、しっかりメイクの目元や日焼け止めを使った日だけはオイルでしっかり汚れを落とすなど、使いわけをした方が良いと思います。

クレンジングオイルとスクラブ

毛穴の黒ずみが気になって、クレンジングオイルかスクラブにするかで迷っていませんか?毛穴の開きの改善には時間がかかります。結果を急いでしまうあまり、スクラブでお肌をこすってしまうとお肌を痛めてしまいます。また、スクラブにはお肌に刺激が強いものもありますので、クレンジングオイルでお肌に負担をかけないように、優しいやり方で根気よく続ける方が良いと思います。

クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングのポイントは、メイクの濃い部分と薄い部分でのメイク落としを同じと考えないほうが良いです。濃い部分に合わせてクレンジングしてしまうと、どうしてもお肌には高刺激になってしまいます。クレンジングオイルで全てを一気に落とそうとせず、目元などのポイントメイクはまずリムーバーなどで先に落としましょう。

クレンジングオイルを使うのは日焼け止めやメイクをした日だけにしましょう。オイルクレンジングは乾燥しやすい、ニキビが出来やすい、お肌に負担がかかるなどよく聞きます。でもそれは多くの場合、使い方に原因があるようです。オイルクレンジングの正しい使い方をまとめてみました。

オイルはたっぷり使う

クレンジングオイルの量をケチってしまい、使う量があまりに少ないと、お肌を知らないうちにこすってしまいます。オイルは充分な量を手にとって使用するようにしましょう。ケチるつもりはなくても、オイルが広がらない、汚れが落ちづらいという人は、クレンジングオイルの量を増やしてみて下さい。

乾いた手でも使う

クレンジングオイルは、基本的には乾いた手で使います。オイルに水が加わると洗浄力が落ち、気づかぬうちにお肌をこすりすぎてしまい、お肌に負担がかかってしまいます。また、濡れた手や顔にオイルクレンジングを使うと、メイクとクレンジング剤がうまく混ざりあわなくなり、結果、クレンジング剤の洗浄力が大幅に落ちることになります。

皮脂の多いTゾーンからつける

クレンジングオイルは洗浄力が強いので、まずは最も皮脂汚れが溜まりやすいTゾーンから使うことをおすすめします。そうすることで、顔全体の皮脂汚れの過不足を無くして落とすことができます。また、乾燥しやすい部分にはできるだけクレンジング剤を塗る時間を少なくしましょう。

乳化させる

クレンジングオイルは、そのままでは水で洗い流すことができません。オイルをお肌になじませたら、水またはぬるま湯をなじませて、オイルを乳化させましょう。乳化したオイルで顔全体が白くなったら、ぬるま湯で少しずつ洗い流します。乳化させると、水とオイル、メイク汚れが混ざり合って、洗い流しやすくなり、すすぎ時間も短縮でき、お肌の摩擦による負担が軽くなります。

使用期限を守る

クレンジングオイルが安いからと、買いだめをしてしまい、使用期限はあるのか、使って良いのか迷ったりしませんか?クレンジングオイルに限らず、化粧品の使用期限は大体1年と言われています。特にオイルの場合は、夏の暑さなどで酸化する可能性もありますので、夏を超したものは危険だと考えておいた方が良いです。

毛穴ケア

毛穴の角栓は、角質などがタンパク質なので、毛穴のつまりや黒ずみ対策をする場合は、クレンジングオイルよりも、タンパク質分解酵素を含む酵素洗顔や、ピーリングによるケアをするほうがお肌へのダメージを少なくすることができます。ただし、オレイン酸など不飽和脂肪酸が配合されたオイルであれば、角栓ケアも出来ます。

クレンジングオイルを使用した毛穴ケアは、毛穴の汚れを落とす効果よりも、お肌を柔らかくして、古い角質が溜まりにくくする効果が期待できます。

時間をかけすぎない

お肌への刺激を考えると、クレンジングはなるべく1分以内に済ませましょう。クレンジングでお肌のすべての汚れを落とそうとすると、どうしても時間がかかってしまい、クレンジング剤の成分によって、お肌に負担がかかってしまいます。クレンジング後の洗顔で落とせますので、あまり神経質にならずに、クレンジングをして下さい。

マッサージはしない

あなたはクレンジングオイルでマッサージをしていませんか?クレンジングオイルを使って、マスカラなどの油脂汚れがせっかく浮いたのに、マッサージによってお肌に汚れを広げてしまい、お肌を傷つけてしまいます。クレンジングオイルは、あくまでもメイクの油分を洗い落とすためのものと思って下さい。

クレンジングオイルの人気おすすめ10選

クレンジングオイルは肌質に合うものを選ぶことが大事です。特にお肌が弱い方は、低刺激で天然由来成分の配合されたクレンジングオイルがおすすめです。ネットの口コミなどでも、人気のおすすめクレンジングオイルをご紹介します。

1.【ファンケル】マイルドクレンジングオイル

5秒に1本売れている大ヒット商品です。ウォータープルーフのメイクもこすらずに落とせて、洗浄力が高いのにしっかり潤いも保ってくれます。「角栓クリアオイル」により、気になる毛穴のボツボツやザラザラも解消してくれます。

マイルドクレンジングオイル

2.【シュウウエムラ】アルティム8 スブリム ビューティ クレンジング

「日本つばきカメリアオイル」や皮脂と同じ成分である「オレイン酸」など、8つの植物オイルが配合されている自然由来成分98%のクレンジングオイルです。毛穴の汚れやくすみはしっかり取れるのに乾燥せず、お肌の色がワントーン明るくなると評判です。

アルティム8 スブリム ビューティ クレンジング

3.【アテニア】スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ

お肌の酸化による黄ばみ「肌ステイン」に着目したクレンジングオイルです。毎日のお手入れで「肌ステイン」を除去し、明るい陶器のようなお肌にしてくれます。植物由来の油脂を配合しているため、酸化しにくく、コストパフォーマンもとても良い商品です。

スキンクリア クレンズ オイル

4.【アンサージュ】アーティオイルクレンジング

毛穴エイジングの根本原因のタンパク質の過剰増殖に着目し、アーチチョーク葉エキスの主成分「シナロピクリン」を配合しています。透明でさらさらとしたテクスチャで、香りはほのかなラベンダーの香りです。

アーティオイルクレンジング

5.【エクスボーテ】エクストオイルクレンジング

なでるだけでメイクが落ち、お肌に負担がかからない乾燥肌のためのクレンジングオイルです。13種類の美容オイルを配合し、洗っても流されない保湿成分で、お肌を乾燥から守ってくれます。濡れた手でも使えます。

エクストオイルクレンジング

6.【ちふれ】クレンジング オイル

マスカラなどのメイクにもすばやく馴染むので、お肌に負担がかからずにしっかり落とします。お風呂場など、濡れた手でも使えるので便利です。大容量で、リーズナブルな価格です。

クレンジング オイル

7.【カウブランド】無添加メイク落としオイル

着色料、鉱物油、アルコールなど全てカットした、デリケートなお肌のための無添加で低刺激なメイク落としオイルです。保湿力の高い天然由来のセラミドを配合し、乾燥しがちなお肌のうるおいを守ってくれます。

無添加メイク落としオイル

8.【セラヴェール】プラチナムクレンジングオイル

洗顔料としても、ボディソープとしても使用できる低刺激な洗顔料兼ボディソープです。 少量でも泡立ちが良く、洗いあがりはサラリと流せます。低刺激と低アレルゲン性を重視したオイルです。

プラチナムクレンジングオイル

9.【d プログラム】ディープクレンジングオイル

マスカラや落ちにくいメークまですばやくしっかり落としてくれるオイルタイプのメーク落としです。さらっとしていて使い心地が良く、洗いあがりもつっぱらずにしっとりします。お肌に余分な負担をかけないクレンジングオイルです。

ディープクレンジングオイル

10.【ハイピッチ】ディープクレンジングオイルW

お風呂場対応のクレンジングオイルで、手や顔が塗れていても、メイクをしっかり落とせる洗浄力があります。ウォータープルーフのマスカラなどや日焼け止めも、すっきり落としてさっと洗い流せます。オレンジ、ユーカリのほのかな香りです。

ディープクレンジングオイルW

まとめ

「クレンジングオイルの人気おすすめランキング10選」はいかがでしたか?クレンジングオイルでその日のメイクをしっかり落とすことで、翌日のお肌が変わります。クレンジングオイルは自分のお肌に合うものを正しく使うことで、立派なスキンケアアイテムになります。今までなんとなくクレンジングオイルを使っていたという方は、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …