Home / 美肌 / 初めてのクレンジングオイルにおすすめしたい大人気商品8選
509c3381f2d26ecbce5cf9bbcd84c09a-600x400

初めてのクレンジングオイルにおすすめしたい大人気商品8選

509c3381f2d26ecbce5cf9bbcd84c09a-600x400

現在ではクレンジングのタイプも様々。オイル、クリーム、ミルク、ジェル、ローションからフォームまで。その中でも初めてメイクをされる方にも扱いやすいクレンジング剤といえばオイルタイプですね。

また、普段は他のタイプをご使用の方も汚れ落ちが良い、使用していて楽なオイルを一度お試ししてみてはいかがでしょうか?オイルタイプであれば身体に塗ったウォータープルーフの日焼け止めも落としやすいですよね。今回は初めてクレンジングオイルを使う方向けに厳選した商品をご紹介してまいります。

これからクレンジングを始めるという方や、クレンジング剤で悩んでいるという方は、ぜひ本記事でご紹介するクレンジングオイルのご利用を検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

クレンジングオイルの特徴

クレンジング剤には複数の種類のものがありますが、クレンジングオイルはその中でも最も洗浄力が高いタイプのクレンジング剤になっています。油分のクレンジング剤になりますので、お風呂で使用後、しっかりと洗い流して使用するものになります。

洗浄力が高いため、バッチリメイクをした日や落ちにくい日焼け止めをした時にでも効果的なクレンジング剤で、日常的に濃いメイクをしているという方は、クレンジングオイルを使用している人が多くいらっしゃいます。アイメイクなど、部分的に濃いメイクにも使用できますので、一つ用意しておくと便利ですね。

また、その他のクレンジング剤と比較して、さっとメイクを落とすことができ、水で濡れた手でも使えるので、お風呂場でも利用することができ、使い勝手も良いです。

一方で、洗浄力が強いというメリットの反面、肌が傷みやすいというデメリットも抱えていますので、使用してみてお肌に合わないと感じましたら、使用をやめる勇気を持つことも大切です。

クレンジングオイルを使用するときの注意点

クレンジングオイルは、界面活性剤が含まれており、これは水と油を混ぜ合わせる効果を持っているため、濃いメイクでも浮き上がらせて落としやすくする効果があります。

一方で、界面活性剤が含まれているクレンジングオイルは、ヌルヌルと滑りやすい手触りであるため、ついつい力を入れてゴシゴシと力を入れて落とそうとしてしまいがちです。しかし、力を入れてゴシゴシと肌をこすってしまうと、お肌を傷つけてしまう可能性があります。

また、クレンジングオイルは洗浄力が高いため、しっかりと使いすぎると皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。皮脂の蓄積は毛穴のつまり、ニキビを引き起こす原因にもなってしまいますが、皮脂は肌のバリア機能も果たしているため、皮脂が少なすぎると肌から水分が失われ、乾燥肌の原因になることがあります。

そのため、クレンジングオイルを使用するときには、使用する商品の使い方を遵守して、正しく使うことを心がけるようにしましょう。っっっc

FANCL マイルドクレンジングオイル

micre

出典:www.fancl.co.jp

まずは外せないFANCLのマイクレ!直営店、コンビニ、ドラッグストア、通販と入手しやすく、クレンジングオイルの中でも特に人気なクレンジングオイルアイテムです。とろけるようなテクスチャーはメイクオフ時の肌負担が少なく、使用後の乾燥もしにくいので全年齢層にお勧めできます。

お風呂でも使えて擦らずにするする落ちて肌に摩擦を与えにくく、流すときもお湯ですっきり落とせます。

TISS ディープオフオイルN

SHOHIN_PL_C1_055602_pc

出典:www.shiseido.co.jp

老舗資生堂のロングセラー商品のこちら。スタンダードで売れ続けているオイルです。シリコンが入っているためシリコンベースの下地やファンデ、日焼け止めにも好相性。身体の日焼け止め落としにも。

メイクオフ以外にも角栓取り用のマッサージを推奨されていすが、マッサージ目的で使用する場合にはメイクオフした状態で使いましょう。

DHC 薬用ディープクレンジングオイル

22262_L

出典:www.dhc.co.jp

直営店では美容部員さんが常駐していて相談しやすく、手に取りやすい価格帯のDHC。オリーブオイルを前面に押し出したDHCブランドで長期に渡って人気No1のクレンジングオイルがこちら。

液垂れしにくい適度な粘性が濡れていない肌に付けるこの商品にはぴったり。メイク馴染み、乳化と水切れも素早く、使いやすいオイルです。フィルムタイプはポロポロ落ちになるので角栓や毛穴対策のマッサージをする場合にはポイントメイクを先に落とすことを推奨します。仕上がりはさっぱり目なので10代から20代の方や脂性肌向けだと感じます。

HIPITCH ディープクレンジングオイルW

ドラッグストアやドンキホーテでよく目にするこちら。こちらは老舗黒龍堂のブランド。水に濡れた手でも使えるのが最大のセールスポイント。成分中に既に水が含まれているため乳化前から多少の水分には親和性があるのだと思われます。主剤はミネラルオイル。

お風呂のついでにパパッとメイクを落としてしまいたい! という方にはいちいち手を拭く手間もなく、軽く払う程度で使えるこちらの商品はうってつけですね。詰め替え用も用意されているので気に入ったらリピート買いもしやすく、オイルに慣れるまでの練習にも最適でしょう。

無印良品 マイルドオイルクレンジング

4548076450399_1260

出典:www.muji.net

コンビニでも手に入りトラベルサイズも用意されていて少量から試せる無印良品。こちらも成分中に水が含まれているタイプで水に濡れた手にも対応。ハイピッチとの違いは主剤が水添イソブテン(流動性パラフィン)であること。

こちらはアンズ果汁が入っていてピーリング効果もひそかに期待できまるのでは。

カウブランド メイク落としオイル

make-otoshi-oil-set

出典:www.cow-mutenka-fc.jp

無添加にこだわりたい方には牛乳石鹸のカウブランド。一家族1セットの無料サンプルが公式サイトからいただけます。

無鉱物油なので普段のメイクも落としやすいタイプを使用している方向けにはなりますが、こちらを選ばれるならばそれなりにこだわりをお持ちのはず。そうした方であればお手頃価格で肌負担が少なく素肌美を維持できるカウブランドがお勧めです。

shuuemura アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル

SCL023

出典:www.shuuemura.jp

クレンジングオイルといえばshuuemuraは外せません。全6種類(!)用意されているオイルの中でも一番人気のこちら。無鉱物油で洗い上がりはカシミアのような肌触り。濡れた手でも使えてW洗顔も不要という点もクレンジングオイルにこだわるブランドの貫禄あり。

テクスチャーはかなりさらさらとしてとても伸びが良く、乳化は白濁の具合がやや弱い感もありますが、界面活性剤が抑え目にできているのかも。使用後の水分・油分バランスが良く、毛穴やキメが滑らかに整っているのが実感できる点がカシミアのように感じられる理由でしょうか。クレンジングにスキンケアまで求める方でも満足できる逸品です。

THREE バランシングクレンジングオイル

ski-0101003-m-01-dl

出典:www.threecosmetics.com

俄かに人気沸騰中。柑橘系の香りとさっぱりとした洗い上がりで身も心も爽やか。全体的にさっぱりとしながらも目元の乾燥は感じにくいため混合肌の方にはぴったり。普段は別のタイプをご使用の方も夏だけはこれ! といった使い方もありかもしれません。天然由来成分 88%という点も合成避けをされている方には注目すべきポイントですね。

まとめ

以上、初めてのクレンジングオイルにオススメの商品をご紹介してまいりました。一口にクレンジングオイルと言っても対象者や価格帯も様々。お気に入りの一本が見つかる足がかりになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Check Also

sandal-1521801_640

かかとひび割れの原因と対処法

かかとがひび割れてガサガサ。ス …