Home / 化粧品 / マツエクを綺麗にクレンジングする方法と注意点、クレンジングアイテム
matsueku1-640x330

マツエクを綺麗にクレンジングする方法と注意点、クレンジングアイテム

マツエクを綺麗に長く使うためにはクレンジングの方法に気をつける必要があります。せっかくマツエクをつけたのに、早い段階でエクステが落ち始めすぐにリペアが必要になってしまった・・などの経験はありませんか?それはもしかしたらお店の技術のせいではなく、クレンジングの仕方が原因かもしれません。

マスカラいらずのマツエクはメイクの時間短縮や目を大きく見せたい女子たちにとって、いまや必須アイテムです!!

もちろんまつげの生え変わり時期により一緒にマツエクも取れてしますので、大体3週間~4週間に一度の定期的なリペアが必要にはなります。

しかし、クレンジングによって、自まつ毛へのダメージやマツエクの長持ち度が大きく違いますので、正しいクレンジング方法をマスターして出来るだけ長く綺麗なまつ毛をキープしましょう。

スポンサードリンク

1.マツエクをクレンジングする時の注意点

matsueku5

付けまつげは目元の皮膚の上に専用の接着剤でつけるのに対して、マツエクは自分の地まつげ1本に対して専用の接着剤グルーを使って人工毛を1本ずつ着けていきます。

そのため、クレンジングする際にエクステを取り外す事は出来ないので、クレンジングする際はゴシゴシ擦ったり、指でベタベタ触ったりしないよう注意が必要です。

クレンジングには大きく分けて、オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクの種類があります。それぞれに特徴があり、メリット・デメリットありますので、特性を理解した上で自分に合ったものを選びましょう。

◆オイルクレンジング
洗浄力が高く、とにかく短い時間ですっきりお化粧が落ちます。洗い上がりはさっぱりで、油分を含む為、水と油を馴染ませる合成界面活性剤を使用しています。

その為、肌への負担が大きく、必要な油分や皮脂まで落としてしまう恐れもあります。肌荒れの原因にもなりますので乾燥肌、混合肌の人は特に注意が必要です。肌荒れを防ぐ為にもしっかり乳化を行いましょう。

オイルタイプはマツエクをしている人には合いませんので選ばないように注意しましょう。

◆リキッドクレンジング
みずみずしく、さっぱりとした使い心地が特徴です。水溶性なので水に濡れた手でも使うことが出来て、コットンで拭きとりだけでもOKな商品もあります。ベタつきなしのさらさら感を求めるならリキッドクレンジングがぴったりです。

◆ジェルクレンジング
弾力がありますが、べたつかず、さっぱりと洗い流せます。オイルタイプとオイルフリータイプがあります。

オイルタイプはオイルクレンジングがジェル状になったものなので、同じく洗浄力が高い反面、肌への刺激も強くなります。

オイルフリータイプは水性の為、洗浄力は少し下がりますが濡れた手でも洗い流す事が出来て、洗い上がりはさっぱりしています。

マツエクをしている人、あまりメイクが濃くないナチュラルメイクの人には最も適したクレンジング剤でしょう。

◆クリームクレンジング
洗浄と保湿を兼ね合わせたお肌に優しいクレンジング剤です。油分を含んでいる為、洗い上がりはしっとりしています。乾燥肌の人にはオススメです。

もっちりと厚みがある為、手と肌の間でクッションの役割をしてくれます。あまり摩擦を起さずにメイクオフする事ができるので、お肌に必要な油分と皮脂は十分にキープ出来ます。

◆ミルククレンジング
なめらかで、水溶性のものは水に濡れた手でも使えます。界面活性剤を使っていますが極端に量は少なく、低刺激でお肌に優しいクレンジング剤です。洗浄力はやや弱いですが、洗い上がりはしっとりで、お肌に潤いを保てます。

メイクの洗浄力の高さとしては、オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルクとなっています。肌への刺激の強さも同じ順番になりますので敏感肌の人は気を付けましょう。

マツエクをつけている時は、水性のジェルタイプ・リキッドタイプ、ローションタイプなどいずれもオイルフリーのものを使いましょう。

また、マツエクをつけてからグルー(まつげとエクステをつける接着剤)が完全に乾くまでには24時間かかると言われています。当日のクレンジングはバシャバシャと洗うよりは拭きとりタイプにする事をオススメします。

1.オイルクレンジングはNG

matsueku4

マツエクに使用するグルー(接着剤)は空気中の水分と結合して固まるものを使用しています。

オイルクレンジングを使うとグルーの油分が分解されてしまうことにより、まつげとエクステの接着部分が弱くなってしまいます。

その為エクステがどんどんポロポロと落ちてしまったり、溶けてしまったグルーが目に入ってしまう恐れもあるので、オイルクレンジングの使用は控えましょう。

2.とにかく擦らないこと

アイメイクをしていると、マツエクも合わせてゴシゴシ擦ってしまいがちです。しかし、マツエクはとても繊細なので触ったり擦ったりの強い刺激を与えると、エクステが取れやすくなってしまったり、形が崩れたりするのでNGです。

目元を擦るのはまぶたのたるみや色素沈着にも繋がるので、優しく触れるようにメイクオフしましょう。

3.綿棒を活用するのがおすすめ

目元のメイクを手の指を使って落とそうとすると、どうしても際を落とす際にマツエクに触れてしまいます。

摩擦とクレンジング剤によりグルーが落ちて目の中に液が入ってしまう恐れもありますので、目元のオフには必ず綿棒を活用しましょう。

4.仕上げにまつ毛を乾かす

マツエクは涙がついても水に濡れてももちろん大丈夫ですが、まつげとエクステをつける専用接着剤グルーはそこまで水に強い訳ではありません。

長時間水に濡れたままだとやはり少なからず負担がかかり、段々接着力が弱くなってしまうので洗顔後は出来る限り乾かすのがよいでしょう。

やり方としてはドライヤーの冷風を下からあてて乾かせばOKです。片目に1分ずつくらいカールの形を作るように乾かして下さい。グルーは熱にも弱いので温風は使わないように気を付けて下さいね!

乾かした後、まつげ専用のブラシでとかしてあげるといっそう綺麗になります。根元から一気にとかすと絡まって抜けてしまう恐れがありますので、毛先の方から1本1本ほぐして形を整えましょう。

最後にコームで上からマスカラを塗るようにとかしてあげると方向が揃い、綺麗な毛並みが完成します。また、就寝時もうつ伏せ寝でまつげを潰さないよう、なるべく仰向けで寝ることを心がけるとよいでしょう。

2.正しいマツエクのクレンジング方法

matsueku6

マツエクをつけている時のクレンジング方法は、ポイントさえ気を付ければ通常のクレンジングと大差はありません。

まずは一番濃いアイメイクから落とします。できればアイメークは極力薄くして頂くか、お湯か水で落とせるものを使って頂けるのが理想ですが、普段から愛用しているものから替えることが難しければ、注意しながらコットンと綿棒を使ってオフしていきましょう。

次にTゾーンを落とします。おでこの中央から鼻にかけてとおでこからこめかみにかけてをらせんを描くように馴染ませながら落としていきます。

最後にあごから耳にかけてのUゾーンと口元から顔全体にのばし、メイク全体になじんだら洗い流します。

すずぎは30℃程度のぬるま湯でゴシゴシと擦らず、やさしくお湯をかける感じで20回程度を目安に行います。あまり回数が多いのも乾燥の原因になるので注意しましょう。

1.オイルクレンジングはしないこと

オイルクレンジングは同じ油分を含む化粧品はとても馴染みやすく、濃い目のメイクも簡単に落ちてくれます。また大気汚染物質や酸化した皮脂の汚れなどまでまとめてしっかり落としてくれるのが特徴です。しかし、まつげの接着剤グルーも油分を含んでいる為、オイルクレンジングを使うとグルーが落ちてしまいます。

マツエクをしている人にとってはオイルクレンジングは天敵になる程の脅威を持つので、オイルクレンジングは使わないように気を付けましょう。

オイルフリーのクレンジングを使い、アイホール→目の際→顔全体の順番で落としていきましょう。

2.目元のメイクはコットンでオフ

matsueku3

目の皮膚は他の皮膚よりも薄く、0.5㎜程しかありません。ゴシゴシ擦ったり、保湿を怠ったりするとシミやシワの原因になるので、なるべく刺激を与えずに丁寧にクレンジングしましょう。

まず、コットンにクレンジング剤を染み込ませ、まぶたに乗せて10秒ほど待ちます。アイシャドウやアイライナーの汚れが浮いてきたら、優しくそっと拭き取りましょう。

3.目の際は綿棒でオフ

アイホールのオフが完了したら、目頭から目尻にかけてを綿棒を使ってオフしていきます。

まず、綿棒の両側にクレンジング剤をつけます。片方の手の指でまぶたを上ににもちあげ、目頭から目尻に向かって少しずつ落としていきましょう。

綿棒は早めに取り替えて、丁寧にオフしていくと、大体片目に7本~10本使用すると思います。クレンジング剤が目に入らないように注意しましょう。

4.サロンで売っているクレンジングを使用するのがおすすめ

施術したサロンに置いてあるクレンジングを確認してみましょう。

やはりサロンから勧められるクレンジングは、グルーによくないものは入ってない成分になっています。少しでも綺麗に長くマツエクを維持したいのであれば、一度購入して市販のものと成分を比べてみるとよいでしょう。

5.思い切ってアイメイクをしないのもあり

matsueku2

マツエクをする事で、目の大きさは1.5倍以上大きく見えると言われています。まつげもカールされているので、アイメイクをしなくても十分可愛いかも・・?
マツエクを長持ちさせたいのならこの方法が1番確実です。

どうしてもアイメイクはしないと気がすまない!そんな時はノーアイラインにしてみてはいかがでしょう。アイラインを引かない事で目元が和らぎ優しい印象になります。

アイシャドウで陰影をつけて仕上げに締め色を使うと、ぼやけずにパッチリとした目元を作る事ができます。適度な抜け感で、ナチュラルアイをつくり、好感度UPを目指しましょう。

3.マツエクOKのクレンジングアイテム

もちろんマツエクをしていても、しっかりメイクを落とすことのできる市販のクレンジングはたくさんあります。

サロン買いに行かなくても身近なドラッグストア等で手に入るものを集めました。

1.マナラ ホットクレンジングジェル

芸能人も多く愛用している事で爆発的な人気を得た有名なホットクレンジングです。

W洗顔不要で洗い上がりはしっとりします。メイクはしっかり落ちるのに無添加・低刺激でお肌に優しいのが特徴です。

じんわりと温かくお肌を癒してくれる優れものアイテムです!

2.無印良品 マイルドジェルクレンジング

弱酸性で低刺激なので敏感肌の人にも使えます。水溶性なので濡れた手でもOKですし、肌に馴染みやすくしっかりメイクも落ちる優れものです。

無香料と書かれていますが、アンズ果汁と桃の葉エキス配合の為、ほんのりと柑橘系の香りがします。

手のひらに適量を取り、顔全体にメイクとなじませながらマッサージするようにのばします。弾力性のあるジェルでのびもいいので口コミ評価も高いです。

3.ビオレ しっかりクリアジェル

オイルフリーのなめらかな透明ジェルで、メイクをうかせてすっきりと絡めとります。洗い上がりはさっぱりしていてお肌がつるつるします。

プチプラなのも嬉しいポイントです!

4.AHA クレンジングリサーチ

フルーツ酸配合の角質ケアで、黒ずみ・毛穴の汚れを除いてくれるアップルの香りソープ。あの大ヒットした人気商品がクレンジングになりました。

アクアクレンジングとオイルクレンジングがあり、アクアクレンジングはマツエクOK・W洗顔不要・毛穴汚れをスッキリオフの三拍子で、うるおいスベスベお肌に近づける人気クレンジングアイテムです。

いずれもクレンジング・洗顔が終わりましたらすぐに化粧水等で保湿しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事を読んでくれた人に少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

丁寧なお手入れと努力次第で、マツエクの寿命は倍以上に伸びます。

正しいクレンジングは肌荒れ・ニキビも防ぐので一緒に美肌も手に入れちゃいましょう。

触れない・乾かす・オイルフリー、この3つを守ることで美まつ毛が保たれますので、是非お試しになってみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

skincare-2357980_640

飲料だけじゃない!ヤクルト化粧品のおすすめシリーズ紹介

あなたは「ヤクルト」と聞いて何 …