Home / 美肌 / 水クレンジングってなに?水クレンジングの特徴と選び方
b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s-640x330

水クレンジングってなに?水クレンジングの特徴と選び方

クレンジングオイルを使ってメイクを落とすのは面倒だ、と思っている人に朗報です!「水クレンジング」というコットンに水を含ませて拭くだけで簡単にメイクが落とせる方法があります。

本記事ではこの「水クレンジング」についてご紹介したいと思います。おすすめの水クレンジングアイテムもご紹介しますので、クレンジング方法に悩んでいる人や水クレンジングに興味がある人は是非使ってみてくださいね。

スポンサードリンク

水クレンジングの特徴

まず水クレンジングを知ってもらうにはその特徴を伝えなければいけませんよね。水クレンジングはメイクを簡単に落とせるほか、洗顔や化粧水がいらないといったスキンケアの時短にもなるので忙しくて時間がない人や、疲れた日はすぐに寝たい!という人にとってとても嬉しいことだと思います。

ですが含まれているのは水だけではありません。当たり前ですが水でメイクが落とせたらクレンジング剤なんて生まれていませんもんね。ではどうして水クレンジングという名前なの?と思いますよね。それは含まれている水分が多いので単に水クレンジングと呼ばれているのです。

水クレンジングの使い方はとっても簡単でコットンに含ませてただふき取るだけです。では詳しく水クレンジングについてご説明します!

簡単にすぐ落ちる

どうして簡単にメイクを落とせるのかというと、水クレンジングに含まれている「界面活性剤」によるものだからです。他のクレンジング剤と違い界面活性剤の洗浄力が強いので、コットンに含ませるだけで簡単にメイクを落とすことが出来るんです。

成分にはオイル(油分)よりも水分が多いので、さっぱりとした使用感があります。水クレンジング剤によって含まれている水分量や成分が違うので、自分の肌のタイプによって使用するクレンジング剤を選ばないとせっかくの使い心地も半減してしまうことになるので注意しましょう。

コットンに含ませて拭き取るだけ

使い方はコットンに適量を含ませて拭き取るだけ。とっても簡単ですよね、これだけで済むなんて。ですが拭き残しがあると肌が荒れてしまう原因になるので、拭き取るときは拭き残しがないようにしましょうね。また界面活性剤が多く配合されているクレンジング剤を使うと潤いを与えるどころか角質層を破壊してしまうことになるので成分には気をつけましょう。

ですが逆を言ってしまえば、界面活性剤の量や含まれている成分に気を付ければメイク落としが今までよりも格段に楽になります。忙しい女性やめんどくさがりの人にとってはとても嬉しいことですよね。

一つで済む

水クレンジングのすごいところは、これ一つで済むということ。水クレンジングのほとんどは洗い流し不要のモノが多いので、拭き取るだけであとはなにもいりません。他のクレンジング剤は油分が含まれているモノが多いので、クレンジングの後に洗顔料で残っているオイルを洗い流す必要があります。

ですが水クレンジング剤によっては洗い流しが必要なモノがあるので、買う際には洗い流しが必要か必要ないかを確認して買うようにしましょう。

洗顔・化粧水はいらない

くどいようですが水クレンジングはこれ一つで済むのでクレンジング後の洗顔や化粧水は必要ありません。水クレンジング剤には界面活性剤の他に保湿成分が多く含まれているので、化粧水で保湿する必要がないのです。クレンジング剤なのに洗顔も化粧水も必要ないの?と心配になるかもしれませんが、クレンジングも洗顔も保湿も兼ね備えているのがこの「水クレンジング」なんです。

水クレンジングは油分量が少ないことや洗顔が必要ないことから肌に負担をかけにくいので、肌へ与える刺激が他のクレンジング方法に比べて少ないこともメリットとして挙げられます。また洗顔料や化粧水といったスキンケア用品もいらないので経済的と言えるでしょう。

スキンケア化粧品に多くお金を掛けたくないという人は水クレンジングに変えてみてはどうでしょうか?お肌に合えば、その分のお金をメイク化粧品などに回すことだってできますよ。

マツエクにも使える

マツエクを付けている人にとって、洗顔時はとても神経を使うのではないでしょうか?マツエクの接着剤はオイルの油分に弱く、クレンジングオイルなど油分が多いモノではせっかくつけたマツエクも台無しになってしまいます。しかし水クレンジングであれば主成分は水分、またオイルフリーのモノもあるのでマツエクをしていても使えます。

マツエクも今では愛用している人も多いですし、長持ちさせたいと誰だって思うはず。マツエクをしている人は水クレンジング剤を選ぶときはオイルフリーのモノを選ぶようにするとマツエクが長持ちするようになるので、成分表示をよく見て買うようにしましょうね。

水クレンジングの選び方

水クレンジングが優れているということはお分かりいただけたと思いますが、実はどの水クレンジング剤を買ってもいい、というわけではありません。人によって肌質は違いますし、使いやすさとか洗い上りなど商品によっては全然違います。また配合されている界面活性剤の量や成分なども違うので、きちんと自分に合ったモノを使わないと使用しても「これは合わないわ…」なんてことにも。

メイク落としも重要なスキンケアの一つですから、自分の肌に合ったモノをきちんと使って肌を大切にしてくださいね。

配合されてる「界面活性剤」の量や種類

水クレンジングに配合されている界面活性剤は実は1種類ではなく、いくつかの種類があります。商品によっては複数の界面活性剤を配合させているので、どんな界面活性剤が使われているのか成分表をよく見るようにしましょう。また配合されている界面活性剤の量も確認しておきましょう。

界面活性剤の量が多いならメイクは簡単に落とすことができ、すぐに落として寝たい!という人にはこちらが向いています。しかし少ないからといって悪い商品というわけではなく、メイクをゆっくりとさっぱり落としたいという人は少なめのモノを選ぶと丁寧に落とすことができますよ。

使いやすさを重視

配合されている成分の他に選ぶ際にポイントとなることは使いやすさも重視しておきましょう。どれもコットンに含ませて拭き取るだけの簡単で手軽な水クレンジングですが、自分の肌にとってそれが使いやすいとは限りません。

一度使ってみて自分には合わないな~と思ったら他のクレンジング剤に変えることも必要だと思いますよ。また商品についての口コミを参考にしてみてもいいかもしれませんね。実際に使っている人も多い水クレンジングですから使い心地や使いやすさなど参考になることが書いてありますよ。

洗い上がり重視

水クレンジングはその商品によって洗い上り(メイクを落としたあとの肌の感覚)が違うので、洗い上りを重視して選んでもいいと思います。保湿成分がしっかりと配合されている水クレンジングなら洗い上りはしっとりとしていますし、界面活性剤の量が多いならさっぱりとした洗い上りになると思います。

商品の概要や何を重視して作られているのかを買う前に調べるようにすると、どういった洗い上りになるのかも分かると思うので、買う前はHPなどで商品概要を見るようにするといいかもしれませんね。また口コミを参考に、この商品の特徴は~と比較をしてみてもいいと思いますよ。

自分に合ったものを使う

ここまでで水クレンジングの選び方をお伝えしてきましたが、1番大切だと思うのはやはり「自分の肌に合ったモノを使う」ことだと思います。乾燥肌の人が界面活性剤の量が多いモノを使ってしまうと、その洗浄力の強さから必要な皮脂まで奪われてしまい、化粧水がいらないはずが必要になってくる事態になってしまったり。また必要な皮脂まで奪われてしまうと肌にダメージが届きやすくなり乾燥肌が悪化することも。

またマツエクをしている人がオイルの含まれている水クレンジング使用するとマツエクが剥がれやすくなってしまったり、最悪の場合は拭き取っている途中でマツエクが取れてしまう可能性があります。ドラッグストアや専門店で買う前に一度自分でどの商品が自分に合っているか調べることをお勧めします。もちろん専門家や店員さんに聞いても良いと思いますよ。

おすすめ水クレンジングアイテム

ここからはおすすめの水クレンジングアイテムをご紹介していきます。どれも水クレンジングとしての役割は高いものとなっているので、お気に入りの商品が見つかると思いますよ。洗い流しが必要ない水クレンジングなら忙しくて疲れてしまった日も簡単にメイクが落とせるようになりますし、自由な時間が増えて好きなことがしやすくなりますよ。

シスレー オーエフィカス

シスレーから発売されている洗い流し不要のメイクアップリムーバー「オーエフィカス」はクレンジング・洗顔・ローションの3つの役割をこれ1本に。クレンジング成分は植物由来となっていて、肌に浮き出た余分な皮脂やホコリ、老廃物をきれいに落としてくれます。

内容量は300mlと大容量なんですが、お値段が1万円弱と少々お高め…。ですがその洗浄力は効果が高いと評判があるので、きちんと効果のあるモノが欲しい!使いたい!という人はお財布と相談してこちらの「オーエフィカス」を使用してみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから(Sisley)

クラランス オードコンフォート エクスプレス

クラランスから発売されている「オードコンフォート エクスプレス」はワンステップでクレンジングで汚れを落とし、肌にうるおいを与えることができます。コットンによく含ませてから肌にプレスさせ、メイクによくなじませながらオフしていきます。洗い上りはさっぱり寄りになります。

匂いはいい香りがする~とメイクをオフしながらリラックスできると人気があり、香りだけでなくメイク落としの洗浄力としても高い機能をもっているとどこをとっても良し、という口コミが多い商品です。お値段も5千円弱なので、クレンジングからローションの金額を考えると同等かな?とは思います。

購入はこちらから(クラランス)

ビオデルマ サンシビオエイチツーオー

ビオデルマから発売されている「サンシビオエイチツーオー」は敏感肌でも使える水クレンジングになっています。皮膚科学に基づいて作られているので肌によくなじむような使い心地が気持ちい水クレンジングです。100mlと250mlの2つがありますから、初めて使ってみる人は100mlから始めて気に入ったらサイズアップするといいですよ。

厚塗りメイクでもしっかりと落とすことができますが、気になる人は2回ほど重ねて使う人もいるそうです。水クレンジングは比較的肌に優しい作りになっているんですが、やはり敏感肌でも使えるように開発されているのか肌に負担がないように感じる人が多いようです。

価格は100mlで1200円弱、250mlで2800円弱になっているのでプチプラでとても使いやすいと思いますよ。公式HPでの買い求めは出来ませんが、デパートの化粧品売り場などで買い求めが出来るようなので探してみてはいかがでしょうか?

商品の詳細はこちらから(ビオデルマ)

ピュアヴィヴィ クレンジングローション

イヴから発売されている「ピュアヴィヴィ クレンジングローション」は今までご紹介してきた中では一番コスパの良い商品になっています。さらっとした使い心地なので水クレンジング初心者さんはこちらを試しに使ってみて、それから他の商品を試すようにしてはどうでしょうか?

内容量は500mlとこちらも他の商品に比べて多くなっています。安いと保湿とか心配…と半信半疑になってしまうと思いますが、こちらの商品は使った後もぬるっとすることなく乾燥もしないと人気がありますよ。内容量も多いしコスパもいいので多少多く含ませるくらいが丁度良いみたいですよ。

購入は楽天市場やYahooshopなどでも買い求めが出来ますよ。値段は500mlで1000円弱となっているので、お財布が厳しいときも強い味方です。

購入はこちらから(楽天市場)

まとめ

水クレンジングの魅力を知ってしまうと早く使ってみたい!という気持ちになりませんか?コットンに含ませて拭き取るだけと使い方もとても簡単で、お手軽に手にできる値段の水クレンジングもあるのでお試し感覚で手が出せる…。本当に興味がある人には使ってほしいクレンジング剤になっています。

今までW洗顔するのが面倒と感じていたり、顔への刺激が気になっていた人はこれを機に水クレンジングデビューしてはどうでしょうか?きっと気に入りますよ!

スポンサーリンク

Check Also

13

背中にニキビができる原因と背中ニキビを消す方法

背中を触った際に感じるブツブツ …