Home / 美肌 / クレンジングの種類とおすすめクレンジング方法
f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400

クレンジングの種類とおすすめクレンジング方法

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400

クレンジングにも様々なタイプがありますよね。オイル、クリーム、ミルク、ジェル、ウォーター、フォームといった種類があります。本記事はこれらそれぞれの特性とおすすめのクレンジング方法をお伝えしていきます。

基本的には基材の油性と水性の比率やそれに見合った界面活性剤の種類によって分類されていますので、このことを理解することが大切になります。本記事と一緒に、自分に合うクレンジングの種類を見極めていきましょう。

スポンサードリンク

クレンジングオイル

クレンジングオイルは複数あるクレンジングの種類の中でも最も油性の割合の高いクレンジング剤です。油は油で落とすべし! と、ばかりに、クレンジング剤の種類の中でもクレンジングオイルは最もメイク落ちの効果が高いです。クレンジング料への親油性を上げるためには温度は高い方が良いため、蒸しタオルや湯船の湯気などで肌表面を温めてから使ってもオッケー。

毛穴が開き、毛穴落ちしたファンデーションなども浮き上がらせることができます。乳化を少しずつしっかり行えば洗い上がりのさっぱり感もピカイチです。親油性が高く皮脂も落としやすいため脂性肌の方向けになります。

濃いめのメイクをしている方や、日焼け止めを常用している方、皮脂が多い肌の方などには、クレンジングオイルのタイプのクレンジング剤がオススメです。ぜひ一度利用を検討してみてください。

クレンジングオイルを利用する時の注意点

また、クレンジングオイルは強力な洗浄力の影響もあり、幾つかの注意点がありますので、利用される際には十分に注意することが大切です。まずは、協力な洗浄力により、皮脂等が落ちすぎてしまい、肌を傷つける可能性があることが挙げられます。乾燥肌の方や敏感肌の方は、クレンジングオイルを使用して、なおかるゴシゴシと使用してしまうと、肌のバリア機能としての役割も担っている皮脂が落ちすぎてしまい、結果として肌トラブルを招く原因となってしまうことがあります。

オイルの中には界面活性剤と呼ばれる摩擦力の高いものが配合されているため、利用をする際には包み込むように肌に浸透させ、摩擦を起こさないようにすることが大切です。使用するクレンジングオイルの使い方や用量などをよく守り、適切に使用することが大切になってきます。

クレンジングクリーム

tsu85_nomikomareru_tp_v

一般的には、次に油性が高いのがクレンジングクリームのタイプのクレンジング剤です。油性基材に水が含まれるw/o型と水性基材に油が含まれるo/w型がありますが、全成分表示で表示順位の高い方が基材になります。

たっぷりとって額、両頬、鼻、顎の5点に置きゆっくりとマッサージするように伸ばしながらメイクと馴染ませます。この時メイク中の油分と体温で液状に変わってくるのがいわゆる「オイル化」という現象です。

十分にメイクと馴染んだら拭き取りか洗い流しを行います。w/oは拭き取りしてから洗顔、o/wはそのまま洗顔をお勧めします。拭き取りはティッシュで顔全体を覆い、抑えるようにしてから拭き取り化粧水や乳液で。また専用の洗顔布巾や蒸しタオルなどを用意しても。仕上がりはモチモチ感が高く、油性も高いので毛穴の奥もすっきりとします。

クレンジングミルク

一般的にはo/w型です。乳液(エマルジョン)自体が水中に油を分散させた物質のことを指します。使い方はo/w型のクリームと同様で構いませんがもともと液体であり乳液はそれ自身安定した状態にあるのでオイル化はしません。

メイクと馴染んだ後は拭き取りでも洗い流しでも構いませんが、拭き取りですと乾燥肌の方には一番おすすめのタイプとなります。同じクレンジングミルクで何度か拭き取ると弱点であるメイク落ちの弱さも克服できます。

クレンジングジェル

オイルフリーであったりなかったり、形状がジェル状のものがジェルタイプとなります。中には発熱するホットジェルタイプもありますがそういったタイプですと温度によって皮脂の粘性の下がり、毛穴汚れが落としやすくなります。

やや硬めなことが多く形状も安定していますので伸びはあまりよくありません。そのため、使う前に手の平で擦り合わせて暖めてから顔に乗せると伸びが良くなりますよ。

フィルムタイプのマスカラやアイライナーをお使いの方には一度でアイメイクとベースメイクが落とせるため一番おすすめのタイプです。オイルインであっても洗い上がりはさっぱりしているものが多いです。

クレンジングウォーター

3fc769f8bdca042152f12f8d0e441616_s

オイルフリーで界面活性剤の力のみでクレンジングするタイプとなります。完全に水状でありコットンに取って使うため、目元や口元はかなり落としやすく、他のクレンジング剤と合わせて使えばラメ残りなどの心配もありません。毛穴に入りにくく馴染みにくいため、全顔使用は疲れた時にメイクだけ落として寝たい! という場合にお勧めです。

使われる界面活性剤がエモリエント効果を持っている場合が多く、洗い流しもその後のスキンケアも必要ありません。温めると親油性が上がり親水性が下がってコットンに汚れが付きにくくなるため温めずに使うのがお勧めです。冷やして使えば夏真っ盛りな時期には気持ちがよさそうですね。(メイク馴染みが落ちない程度に留めたいところですが……)

クレンジングフォーム

ポンプで押して泡状で出てくる洗顔フォームも兼ねたタイプと、通常のチューブの洗顔料にメイク落としの機能が備わったものの2種類があります。後者はどちらかと言えば「メイクも落とせる洗顔料」ですので、ここでは前者のポンプタイプをクレンジングフォームとしてご紹介します。

泡は球体の集合体ですから表面積が最大になります。手の平で転がすようにして馴染ませると泡表面がメイク汚れを吸着する仕組みであると思われます。ソフティモのフォームタイプはベタイン系が主な界面活性剤。ベビーシャンプーなどに使われるアミノ酸系で比較的脱脂力・発砲力の弱い界面活性剤ですが、容器を泡式ポンプにしたことで弱点を克服しています。

肌に優しく赤ちゃんの心地でメイクオフを行いたい方にはフォームタイプがお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。クレンジングと言ってもタイプによって用途や向き不向きは様々。使い方によっても効果の違いが表れてきます。おすすめのクレンジングなどを読むことや聞くこともあるかと思いますが、大切なのはあなたの肌質や肌の状態にあったクレンジング剤のタイプのものを適切に利用することです。

そのため、自分に合うクレンジング剤を発見するためには、クレンジングの仕組みだけでなく、それぞれのクレンジング剤のタイプの特徴やメカニズムを理解しておき、日々変わる自分の肌の状態やメイクの状態に合わせて、クレンジング剤を適切に使用することが大切になるのです。

また、肌の調子が悪いからといって、必ずしもクレンジング剤が合っていない、とは限らないと理解しておくことも大切になります。クレンジングの方法が誤っていて肌を傷つけていたり、クレンジングをした後の保湿などができていなかったりすることも、肌トラブルを招く大きな要因となるのです。そのため、自分に合うクレンジングのタイプを見つけるとともに、少しずつ洗顔やクレンジングについての知識を深めていき、何か問題があった時にすぐに対処できるようにしておくと良いでしょう。

本記事で解説した内容が今後皆様のクレンジング選びの一助となることを願っています。それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Check Also

e2524ee1296c34719d83aa1a1af78276_s

若さを取り戻そう!顔のたるみを取る方法

年齢とともに気になる顔の「たる …