Home / 化粧品 / クレンジングオイルの正しい使い方
2

クレンジングオイルの正しい使い方

美肌のためには洗顔が大切です。その中でもクレンジングでしっかりと汚れを取ることは、その後のケアの効果にも大きく影響します。メイクの汚れと一日過ごしてついたホコリなどの汚れもしっかりと落とせるものを選んでいきたいですね。

そして、肌に刺激の少ないものを選ぶということも大切です。自分に合ったオイルクレンジングを選ぶにはどのようにしたらいいのかも一緒に考えてみましょう。

スポンサードリンク

クレンジングオイルの正しい使い方とは?

ed0426ba184fba9bfaba69ba6be4fb1e_s

クレンジングオイルというとオイルにメイクをなじませて洗い流すだけと思っている方は多いのではないでしょうか?実はその方法が肌への負担を大きくしているということにつながっていることがあります。

クレンジングというのは、洗顔料では落とすことができない油性の化粧を落とすためのアイテムです。特にオイルタイプはすっきりとメイクを落とすことができる為のアイテムです。正しい使い方を知り、日々の洗顔を見直していきましょう。

オイルクレンジングの特長

洗顔4

オイルクレンジングは洗浄力が強く、メイクとなじみやすいです。メイクだけでなく皮脂が酸化して油汚れになってしまったものや大気中の汚染物質まで落としてくれる強いクレンジングです。べたつきやすく化粧崩れの原因となる皮脂の分泌量が多いTゾーンにもぴったりです。

また、落ちにくいポイントメイクを落とすことにもその洗浄力を発揮します。その反面、洗浄力が高いためお肌が必要とする皮脂やうるおいも落としてしまい乾燥の原因にもなります。そして、なめらかな感触なので滑りやすく、指先に力を入れてしまいがちになります。

強くマッサージしてしまったり、ゴシゴシこすってしまうと肌を傷つけてしまいます。正しい使い方さえすれば、オイルクレンジングには欠点を補うほどのメリットがあります。オイルクレンジングの性質を理解し、自分の肌に合うものを選び、肌に合う使い方をして、年齢や紫外線に負けない美肌をつくりましょう。

肌への負担を抑える洗顔の手順

メイクを落とすときに肌への負担を少なくし、美肌効果をより高める洗顔方法について一緒に見ていきましょう。ほんの少し気を付けるだけで洗顔後の肌の状態は大きく変わるはずです。
ぜひ試してみてください。

1.洗顔する手をキレイにする

手のひらの菌が顔の肌に触れないようにすることは大切です。

2.目元、口元のメイクを先に落とす

濃いメイクの汚れを含んだものを肌に触れないようにすることも大切です。

3.乾いた手のひらにクレンジングを出す

水分がオイルクレンジングに加わると洗浄力が落ちてしまいます。

4.Tゾーンから先に肌になじませる

皮脂の分泌が多い箇所から汚れを落としていきます。

5.少量の水で乳化させる

乳化したオイルクレンジングは水がなじみやすくキレイに流すことができます。

6.ぬるま湯で洗い流す

汚れを落とすには人肌くらいのぬるま湯がベストです。

クレンジングの後の洗顔方法

泡

オイルクレンジングで肌への最小限にした後のW洗顔についても注意点があります。ポイントは肌への負担をなるべくなくす事です。肌に負担のない洗顔方法で汚れはしっかりと落としうるおいも残していくことが大切です。

1.洗顔料はよく泡立てる

油性の汚れはクレンジングで落とし、汗、ほこりなどは洗顔料で落とします。
洗顔料をしっかりと泡立て、指の力ではなく泡のクッションで汚れを浮かすイメージでなじませましょう。

2.洗い残しがないようにしっかりとすすぐ

洗顔後の保湿ケアの化粧水などがなじみやすくするためにも、洗顔料が肌に残らないようにしっかりと流しましょう。

3.肌触りのよいタオルで優しく拭き取る

洗顔後の肌はとてもデリケートです。水分をふき取るだけではありますが、やわらかいタオルで肌に刺激を与えないように優しく水分を拭き取るようにしましょう。

肌の負担を軽減する方法

洗顔の時に顔の肌を触ることは避けられませんね。実は、弾力のある肌にするには肌にあまり刺激を与えないことが大切なのです。人間の体の中で一番硬い部分はどこだか知ってしますか?

それは、足の裏です。足の裏は一日中自分の全体重を受けている場所です。足の裏の皮膚はとても硬いですよね。負担をかけると肌が硬くなるという証拠でもあります。そこで、肌になるべく負担をかけない洗顔について一緒に見ていき、柔らかく弾力のある肌を作っていきましょう。

マッサージは厳禁!

メイクを落とすときに、クレンジングオイルをなじませ、ついついマッサージしたくなる方はいませんか?クレンジングオイルはメイクを落とすために作られたもので、マッサージに適したものではありません。

またクレンジングオイルは力を入れることなく汚れが落とせるのに、そこに余分な力を入れてしまえば肌に負担がかかってしまいます。顔をマッサージしたい時には、洗顔が終わった後に専用のマッサージクリームを使用するようにしましょう。

日焼け止めやメイクアップ料を使った日だけクレンジングオイル

鏡

メイクをしていないにもクレンジングオイルを使ってしっかり洗顔したいという方はいますか?ちょっと待ってください!

クレンジングオイルは日焼け止めを塗った日、メイクをした日に限定して使うことをお勧めします。一日中素肌で過ごした日の肌には油性の汚れがついていません。そこに洗浄力の強いクレンジングオイルを使って洗顔をすると、必要なうるおいまで奪ってしまい肌への負担が生じることがあるからです。すっぴんで過ごした日には、ほこりや汗の汚れを洗顔料だけで落とすようにしましょう。

クレンジングオイルは適量で

使用量はかならず確認をして、適量を使用するようにしましょう。節約心がくすぐられても、決してケチらないことが大切です。少ない量で汚れを落とそうとすると、オイルを無理矢理肌へ広げようとするので肌への摩擦が増え肌に負担がかかります。

もし適量で使っているつもりでも、オイルが広がらない、強くこすらないと汚れが落ちないという方は、量を増やしてみてみましょう。

自分の肌にあう商品を使いましょう

51e97c913c164762641629fe3bbbb07a_s

クレンジングオイルのもいろいろな種類があります。使い方を間違えていない状態で肌に異変を感じた場合は、自分の肌に合う商品に切り替えることもしていきましょう。クレンジングオイルは、洗浄力が高く濃いメイクでも簡単に落とせるようになっています。

もともと肌が乾燥しやすい方や敏感肌の方は自分の肌の状態をよく観察しながら使用するようにしてください。

汚れをしっかり落として美肌になろう!

5.jpg

キレイな花を咲かせたいと思ったら、土台からキレイにしましょう。荒れた地に花を植えてもすぐに枯れてしまいます。そして、荒れた肌にメイクをしても崩れやすくなり、見栄えもよくないです。

メイクを楽しむためには土台である肌をキレイにする必要があります。土台をキレイにするためには肌の汚れをしっかりと落とすことが大切になります。オイルクレンジングの正しい使い方を習得し、メイクや汚れをしっかりと落とし、よい土台作りをしましょう。

ポイントは肌に負担をなるべくかけない。常に「肌にやさしく」を意識することです。毎日意識して続けていくことで、必ず美肌に近づいていきます。
そうすることで肌にうれしいメリットをたくさん実感できますよ。正しいクレンジングオイルの使い方、ぜひ今日から実践してみてください!

スポンサーリンク

Check Also

Biranger_203611_1

ニキビ肌の方のためのおすすめ石鹸

見た目が汚らしく見えるからとい …