Home / 美肌 / 使わなきゃ損!クレンジングクリームの魅力と正しい使い方
01fd1a936b9b7547fdcb8f908b4e34cd

使わなきゃ損!クレンジングクリームの魅力と正しい使い方

「クレンジング」にも様々な種類と商品がありますよね。オイルタイプやジェルタイプ、拭き取りシートタイプなど本当にたくさんあって迷ってしまうことも。今回は、海外でも大人気なクレンジングクリームをご紹介。クレンジングクリームの魅力と、正しい使い方についてご説明します。

スポンサードリンク

クレンジングクリーム、使ったことありますか?

large (53)

日本では、クレンジングといえば「オイルタイプ」や「ジェルタイプ」「ふき取りシートタイプ」などが定番ですよね。でも、海外ではクレンジングクリームの方が人気なんです。人気の理由はどれも納得のいくものばかりですが、基本的なクレンジング剤を解説していきます。

「オイルクレンジング」

しっかりめの濃いメイクやウォータープルーフのマスカラ、日焼け止めを落とすのに最適で落とし残しが少ないのがオイルタイプの特徴。多くのオイルクレンジング商品は「界面活性剤」が使われているので、洗った後に肌の乾燥を感じたりすることもあります。

d9782215bc17063aa06ce0a45755f32d

肌が敏感になっている時や、肌荒れに悩んでいる時にオイルクレンジングをすると余計に肌が乾燥したり、肌の状態が悪くなってしまう場合もあります。肌に必要な皮脂を取り去りすぎると乾燥の原因になって、しっかり保湿をしないとシワの原因につながるんです。

「ジェルタイプ」

まつ毛エクステをしている女性には大人気なジェルタイプのクレンジング。ぷるぷるとした使用感と、エクステをつけていてもメイク落としが出来るので愛用者も多い。オイルタイプに比べると、ややメイク落ちが劣るところもあります。

ds_creme_1

ほとんどのジェルタイプのクレンジングがクレンジング後のW洗顔を推奨しています。顔表面のメイクは落とせても毛穴の汚れまではすっきり落としきれていなかったり、ウォータープルーフのマスカラなどは落としにくいこともあって、まだメイクが残っている感じがすることもあります。

「ふき取りシートタイプ」

クレンジング剤を含ませたシートでメイクを落としながらふき取るタイプのクレンジング。特に、忙しくてメイク落としが面倒な時や部分的にメイクを落としたいときには便利。ふき取りシートタイプは、メイクを落とそうとしすぎると無意識に肌のこすりすぎにつながり、肌への摩擦やダメージが大きい点があります。

b614521004b6d2848b43df8119176f90

肌をこすることや摩擦自体が肌へのダメージになるだけでなく、結局メイクが落としきれていなかったり何度もメイク落としをすることで乾燥や肌荒れにつながります。クレンジングは、出来るだけ肌に優しく負担の少ないものがベストなんです。

クレンジングクリームの魅力は?

e022ff3e2ed7cd7ca84e493b7e995c77

海外の女性たちの間では1人1つは持っていると言われているほど、大人気なクレンジングクリーム。なぜ、人気なのでしょうか?

洗った後のツッパリ感や乾燥が少ない。

1df61bd2f0cd44612d5efdce9b3874a1

クリームタイプのクレンジングの良いところは、他のクレンジング商品と比べて洗った後のツッパリ感や肌の乾燥を感じるのが少ないんです。肌の状態が1年中同じではない女性がほとんどだからこそ、肌に優しいクリームクレンジングが選ばれます。

落ちにくいメイクもすっきりキレイに!

3af87d181a1bce736dc9319554cb02dd

濃いメイクや日焼け止めなどの落としにくいものでも馴染みが早く、洗い流す際にも水となじんで落としやすいので洗い残しが少なくすっきりキレイにメイク落としが出来ます。

実は、肌に1番優しいメイク落とし!

large (71)

クリームタイプのクレンジングは、肌への負担が1番少ないクレンジングとも言われています。優しくメイクや毛穴の汚れを落としてくれるので、肌へのダメージも少なくて安心。女性特有の生理前やストレスで肌の状態が揺らいでいる時にも安心して使えます。

クレンジングクリームの正しい使い方

7788fc51adabf59596571f2954e4f774

クレンジングクリームには洗い流すタイプと拭き取るタイプの2種類があります。
どちらも肌に優しく、汚れを落としてくれますが、もっとキレイな肌に近づくために効果的な正しい使い方を解説していきます。

洗い流すタイプは、肌の上を滑らせるようになじませる

0607a7a980150a085382dc6a5036eb93

洗い流すタイプのクリームクレンジングは、人肌の体温で乳化する商品が多いんです。肌の上で滑りよくメイクや汚れになじみやすいので、毛穴の奥の汚れまですっきり落とせます。クリームの伸びが良いと肌への摩擦やダメージも少なくて済みます。

ph_detail_clear

http://www.ponds.jp/

肌の古い角質も一緒に洗い流してくれるタイプなら、クレンジングしながら肌のくすみも同時にケアすることが出来ます。毛穴の汚れも肌の古い角質もキレイに洗い流して透明感のある肌に近づけます。

拭き取るタイプは、マッサージにも最適!

小顔マッサージやリンパマッサージなどをする際に、マッサージオイルを使う女性が多いですが、肌荒れや乾燥が気になるときは肌に優しいクレンジングクリームがおすすめです。クレンジングクリームならマッサージで顔をほぐしながら、毛穴の奥の汚れもすっきり洗い流せます。

ph_detail_cold_wipe

http://www.ponds.jp/

小顔マッサージやリンパマッサージに、拭き取るタイプのクレンジングクリームを使うと、指の滑りも良くなって軽くマッサージするだけでも顔のコリやリンパのつまりに効果的です。顔のリフトアップにもなるので、小顔効果も期待できます。

スチームで毛穴レスな美肌に

エステや、マッサージなどで使用される蒸しタオル。クレンジングクリームを使う前に顔に乗せて毛穴を開いたり、拭き取る前に蒸しタオルを顔に乗せてから拭き取ると、スチーム効果で汚れもすっきりと肌も柔らかくなります。

6383532bcc2b46944b56dfcd9c28df72

お湯を入れた洗面器やボールの上に顔を近づけてクレンジングをするのも同様な効果が得られます。高価な美容家電やスチーマーを買わなくても、自宅で簡単にエステや温泉に行ったような柔らかい肌になれます。

部分使いで汚れを残さない!

落としにくい日焼け止めやウォータープルーフのマスカラ、アイライナーを使っている目元の部分だけオイルクレンジングでしっかり落として、後はクリームクレンジングで優しく落とす方法も海外の女性の間では一般的です。

9094114c1421fe78455347159b154aef

部分使いにすると、気になる目元のメイクもキレイに落とせますし、乾燥や毛穴の開きが気になる頬や小鼻、おでこの部分などは優しく汚れを落とすことで、必要な皮脂を残しながら毛穴やメイクの汚れだけを洗い流せます。

メイクブラシの汚れ落としにも

e8bb9f9aa3e79a95667a7de69e8e9bac

海外の女性たちに人気のクリームクレンジングは、メイクブラシの汚れ落としにも愛用されているんです。毎日使うメイクブラシは、汚れやバクテリアなどの雑菌が溜まりやすいので週に1-2回は清潔な状態を保つのがベストなんです。毎日使うメイクブラシも清潔に保つのが美肌への近道です。

9afb01200315cd77a95ccfca129297f5

特に皮脂や汗がブラシに溜まりやすい時期こそ、メイクブラシは清潔に保たないと肌荒れの原因になりやすいんです。どんなにスキンケアを頑張っても、不潔なブラシを使い続けると美肌とは程遠くなってしまいます。クリームクレンジングなら、メイクブラシの汚れを落としながら、ブラシの抜け毛を防げるのでおすすめです。

クリームクレンジングを使ってみよう!

01fd1a936b9b7547fdcb8f908b4e34cd

クリームクレンジングは肌への負担も最小限で、気になる毛穴の汚れやメイクもすっきりキレイに落とせる優れもの。1度使ってみると手放せなくなる女性も多いんです。いつまでもキレイな肌でいたいなら、クレンジングは大切です。様々な用途に使えるクリームクレンジングは万能アイテム!ぜひ1度試してみてください。

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …