Home / 美肌 / 敏感肌の人のクレンジングの方法と選び方

敏感肌の人のクレンジングの方法と選び方

化粧品を使うと肌がピリピリする、肌が荒れてしまったという経験をお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。敏感肌は角質が荒れてしまった肌の状態で、普段健康的な肌の方でも体調不良やストレス、外部刺激によって起こる場合があります。

自分は敏感肌だから、洗浄力の強いクレンジングは使えない、どんなクレンジングを使って良いのかわからないという方に、敏感肌の人でも安心して使えるクレンジング方法と選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

敏感肌とは

敏感肌とは、ストレスや体調不良、外部からの刺激によって、肌のバリア機能が低下し肌表面の角質層が荒れてしまった状態のことを言います。通常は、28日周期で肌は生まれ変わりますが(ターンオーバー)、何らかの影響により、このターンオーバーの周期が乱れてしまうと、バリア機能の弱い未熟な角質が肌表面に出てしまいます。

未熟な角質は、バリア機能が弱いため、紫外線や外部刺激などから肌を守ることができず、結果どんどん肌荒れが悪化してしまします。一度敏感肌になると、なかなか改善ぜず負の連鎖のように肌荒れを繰り返してしまうのが特徴です。肌荒れを防ぎ敏感肌から抜け出すには、肌のターンオーバーの周期を正常化し、肌のバリア機能を高める必要があります。

敏感肌のタイプ

敏感肌は様々な要因によって引き起こされます。自分はどのタイプか確認しましょう。

接触性敏感肌

化学物質や化粧品、皮膚に接触する下着や洋服のタグ、アクセサリー(貴金属)が刺激となって肌に痒みや痛み、湿疹が接触した部分に現れます。「かぶれ」とも呼ばれ、毒性の強さにより、やけどのようなひどい状態から、小さな湿疹や赤みなど症状の出方は個人差があります。

一次刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触性皮膚炎に分けることができます。一次刺激性接触性皮膚炎は肌のバリア機能の低下により起こる場合が多くアレルギーの有無は関係ないが、アレルギー性接触性皮膚炎の場合は、アレルゲンが触れることで、免疫機能の抗体反応として炎症を起こし、湿疹や赤みなどの症状が出ます。

アレルギー性敏感肌

食べ物や動物、植物、ハウスダストなどの刺激物質(アレルゲン)が体に侵入することで免疫機能が過剰に働き、その防御反応としてアレルギー症状が引き起こされます。主な症状は咳やクシャミ、肌の湿疹・炎症、強い痒みなどの症状が現れます。

生活習慣の乱れによって起こる敏感肌

生活習慣の乱れによる、睡眠不足や食生活の偏り、ストレス、体調不良などが肌のバリア機能を低下させ、ターンオーバーの周期を乱れさせることで敏感肌になってしまいます。また、生理や妊娠なとでホルモンバランスが乱れてしまい、敏感肌になる方もいます。

生活習慣を整え、体調を改善すれば症状は治まります。

生活環境変化によって起こる敏感肌

花粉、紫外線、寒暖、季節の変わり目などによる生活環境変化によって肌が敏感になっり、痒みや赤み、乾燥などの症状が起こります。外部環境の変化と、精神的なストレスによる自律神経の乱れの影響が強いと言われています。

敏感肌用クレンジングの選び方

敏感肌はクレンジング選びがとても重要になります。ナチュラルメイクのときなどは、比較的洗浄力の弱いミルクタイプ、クリームタイプや天然の界面活性剤を使用したものがおすすめです。洗浄力の強すぎるものだと必要なうるおいまで除去し肌が乾燥してしまうので注意が必要です。

しかし、濃いメイクをしたときなど、洗浄力が弱いクレンジングだとメイクが落ちるか心配という方は、オイルクレンジングをたっぷり使用すると肌にかかる摩擦が少なく肌への負担が軽減されます。肌にクレンジングが合わない場合は、赤みが出たり、肌がヒリヒリするのですぐに使用を中止するようにしましょう。

クレンジングの方法

STEP1 ポイントメイクを落とす

アイメイクのマスカラや口紅は先に専用のポイントメイクリムーバーなどで落とします。

STEP2 クレンジングを塗布

一回の使用量を守り肌にクレンジングを肌に伸ばします。TゾーンやUゾーンなどの皮脂の多い部分から汚れを落とし顔全体になじませます。摩擦を加えないようにさやしく30秒ぐらいマッサージしながら落としていきます。

STEP3 ぬるま湯ですすぐ

水またはまたはぬるま湯で洗い流します。熱すぎる温度は肌を乾燥させ、必要な油分まで落としてしますのでNGです。

※クレンジング製品によって、乾いた肌に使用する場合、濡れた肌に使用する場合、使用量が異なってくるので、使用前に必ず確認しましょう。

敏感肌におすすめクレンジング

敏感肌の方に安心して使えるクレンジングをいくつかご紹介します。

マルティナ シアーナクレンジングミルク 150ml

洗顔というのは石鹸か(私は石鹸派)、クレンジングオイル+洗顔料、くらいしか頭の中に無かったんですが… クレンジングミルクだけ、という選択肢もあったんですね🐑 それが、驚くほど肌にジェントル💙 * と言うことを、先日の#マルティナ のセミナーで知りました🌝✨ * 季節の変わり目で敏感に傾いている肌には❶ #シアーナクレンジングミルク これはまるで美容液のように潤う。 * 春服の明るいトーンにも負けない肌作りに🌸👚🧥🌸この時期必須なケア方法を美容家Caoruさんがレクチャー(4枚目動画) ❷くすみを取り去る #ピーリングソフト を顔のゾーンによって使い分け、細かく、ソフトにマッサージすると角質のごわつきがなくなり、次の美容液などの浸透がグンとアップするんです❣ * 早速取り入れたいと思うものばかりでした!🐣 * #マルティナオーガニック #organicbeauty #MARTINAGEBHART #cleansing #季節の変わり目 #肌ケア #春服コーデ #リンク #naturalbeautyhunter #ナチュラルビューティーハンター

naturalbeautyhunterさん(@naturalbeautyhunter131)がシェアした投稿 –


主成分のシアバターが炎症や皮膚の過敏反応を抑えて、荒れた肌の保護や弾力の減った肌のケアをおこなってくれます。季節の変わり目で敏感になっている肌を優しくケアし、うるおいのある肌に近づけてくれます。シアーナクレンジングミルクは、植物由来のセチルアルコールが肌に負担を与えず、メイクや毛穴の汚れを落としてくれます。

石油系合成界面活性剤を一切含んでいないので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。洗い上がりは、しっとりやわらかな、ほのかなローズの香りがお肌も心も癒してくれます。

販売価格:3,800円

Terracuore ダマスクローズ クレンジングミルク 125ml

. スキンケアとボディケアはローズばっかり😌🌹 大好きな香りだとテンションも上がる! ローズは女性ホルモン活性するしね✌🏽✌🏽✌🏽 . ☑︎Jurlique シャワージェル ☑︎Mame オードローズ ド グラース ☑︎JANESCE ドロップ洗顔 ☑︎Terracuore クレンジングミルク . 30代過ぎて美魔女になりたい✨から 今のうちにスキンケアもボディケアもしっかりね👄 . #基礎化粧品 #ボディケア #コスメ #ドロップと化粧水はSUNで買えるよ #美魔女になりたい #ただそれだけ #白金台に住んでるひとみんな年齢不詳 #そうなりたいから極める #食生活も見直さないと #まずは毎日の晩酌をやめます #cosmetics #cosmekitchen #jurlique #mame #terracuore #janesce #rosewoter #rose #beauty #skincare #organicskincare

yuuki nishigaiさん(@yuukkkiiy)がシェアした投稿 –


肌にうるおいを与えながら、しっかりメイクは落としてくれる、テクスチャーの洗い流すクレンジングミルクです。オリーブオイルとオリーブ石けんのコンビネーションで、メイクや毛穴の汚れや余分な皮脂、埃などの汚れにも働きかけるので、クレンジングと洗顔が一本だけで完結します。

敏感肌だと気になるW洗顔もおこなう必要はありません。また、オーガニック製品のため敏感肌でも安心して使用できます。ダマスクローズエキス、アロエベラ葉エキス、カミツレ花エキス等が肌を整えくすみのない潤いのある肌に導きます。エイジング肌の方にもおすすめのクレンジングです。

販売価格:3,500円

YOKO SKIN DIRECTOR クレンジングクリーム 150g

クレンジングと洗顔が1本で完結するクレンジングクリームです。天然クレイ成分のモンモリロナイトの働きでメイクや毛穴の汚れをキャッチし、すっきり落としてくれます。天然成分で、石油系界面活性剤を使用していないため、敏感肌の方でも安心して使用できます。

肌の持つ大切な本来の機能をいためるいことなく、潤いを保ちます。敏感肌用に開発されたクレンジングクリームのため、皮膚疾患があっても安心してして使える製品です。

販売価格:5,000円

敏感肌にならないために

敏感肌になると、顔に赤みや湿疹、かぶれ、痒みなどの症状が出るため、人に会うのを避けたりしてしまう方も多いのではないでしょうか。肌が荒れていると、お肌も心も元気を失い、毎日が楽しく過ごせません。

また、長い間放置しておくとどんどん悪化してしまうので、症状が出たときにしっかりケアをすることが重要になります。敏感肌にならないためには、生活習慣の乱れを改善し、ホルモンバランスを整える必要があります。肌は健康状態のバロメーターです。正しいクレンジングとバランスの良い食事、しっかり睡眠をとることで、肌のバリア機能やターンオーバーの周期が正常化され、敏感肌にならない肌が手に入ります。

スポンサーリンク

Check Also

あなたの肌は大丈夫?肌のくすみが生じる原因とその改善方法

年齢を重ねてくると気になるのが …