Home / 化粧品 / セラミド化粧品の効果と選び方
1

セラミド化粧品の効果と選び方

1

化粧水がしみることや肌がヒリヒリ、乾燥、かゆいなど感じたことはありませんか?近年自分は敏感肌だと感じる人が7~8割はいるそうです。

肌表面のバリア機能が失われてしまうと外部刺激に弱くなり、肌の水分量がどんどん少なくなってしまうことになります。この原因を解決してくれるのがセラミドです。
セラミド化粧品を効果的に取り入れ美肌を手に入れる方法をこっそりご紹介していきます。

化粧水がしみることや肌がヒリヒリ、乾燥、かゆいなど感じたことはありませんか?近年自分は敏感肌だと感じる人が7~8割はいるそうです。

肌表面のバリア機能が失われてしまうと外部刺激に弱くなり、肌の水分量がどんどん少なくなってしまうことになります。この原因を解決してくれるのがセラミドです。
セラミド化粧品を効果的に取り入れ美肌を手に入れる方法をこっそりご紹介していきます。

スポンサードリンク

セラミドを知ると美肌への近道

セラミドとは?

2

出典:おすすめ美容ドリンク.com

セラミドとは肌の角質細胞の間をセメントのように埋めているものです。水分と結合することでレンガのような構造を形成し、保湿とバリア機能を担う働きをします。

健康な肌だとセラミドは細胞間に規則正しくみっちりとならび水分を抱え込むことができるので、花粉、ハウスダスト、黄砂などのアレルゲンになる外的刺激を跳ね返し肌の内側から水分を蒸散させ潤いを保つことができます。

しかし、セラミドが不足してしまうと、細胞間の隙間がどんどん広がり、そこへ外的刺激や異物か入り込んで、肌の内側にあるはずの水分をどんどん蒸発させ慢性的な乾燥状態になってしまいます。

化粧水を入れても、入れても潤いが持続しない原因はセラミドが足りていないからです。セラミドが不足すると、水分を外から入れても潤いを閉じ込める力が足りなくなっているので、時間がたてばまたすぐに乾燥状態になるというわけです。

つまり、敏感肌を改善し潤い肌を保つためには、セラミドを肌に増やすことです。

セラミドが減少する原因を回避する

3

セラミドを効果的に取り入れるためにまず、セラミドが減少してしまう原因を知ることが大切です。セラミドが減少してしまう原因に回避できないものが、生理前の女性ホルモンのバランスが乱れることや加齢などがありますが、セラミドの減少を回避できる方法もあります。

①洗浄料の強いクレンジングや洗顔料はセラミドを流してしまうので、避けること

②ストレスは、水分保持能力を低下させバリア機能も低下させるのでストレスを溜めないようにすること

③肌の再生力を低下させてしまう睡眠不足、たんぱく質、ミネラル、ビタミン不足を回避すること

セラミドの種類と効果

4

次にセラミドを効果的に取り入れるためにセラミドの種類についてご紹介します。セラミドの種類によって保湿力、浸透力、即効性の点で違いが出てきます。

一概にセラミド配合と書いてあれば大丈夫と思わず、まず本物のセラミドを見極めるために知っておいたほうが良い種別を詳しくご紹介します。

おおまかにセラミドには「天然セラミド」「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」「植物性セラミド(グリコシルセラミド)」「合成セラミド」に分かれます。

①「天然セラミド」‥馬などの動物の脳や脊髄から抽出したセラミドです。同じ哺乳類のセラミドなので肌とのなじみがよく浸透力が高いのが特徴です。刺激がないので敏感肌の人におすすめです。

成分表記は「ビオセラミド」「セレブロシド」となります。代表的な化粧品に「アルージェ」などがあります。

②「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」‥酵母を利用して生成されたもので、人間の肌にあるセラミドとほぼ同等の構造を持つものがヒト型セラミドです。保湿力や浸透力が高く、刺激が少ないのでこちらも敏感肌の人におすすめです。

成分表記は「セラミド2」「セラミド3」などセラミドの後に番号がつきます。代表的な化粧品に「ディセンシア」「アヤナス」「ヒフミド」などがあります。

③「植物性セラミド(グリコシルセラミド)」‥米ぬか油、小麦胚芽などから抽出された植物由来のセラミドです。植物と聞くと肌に優しいイメージを持ちますが、肌の組成とは少し違うところが出てくる点で保湿力はやや弱いところがあります。

成分表記は、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」「植物性セラミド」などになります。代表的な化粧品に「セラクレア」などがあります。

④「合成セラミド」‥石油原料から保湿成分を化学合成し大量生産して出来るセラミドに似た構造のものが合成セラミドです。別名を「擬似セラミド」とも呼ばれていますが、やはり本物に比べてセラミド本来の効果より薄いのが特徴です。

成分表記は、「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカミド」などになります。大量生産出来る点からも安価でセラミド配合化粧品と謳っている場合は、この合成セラミドを使った化粧品が多いと言えそうです。

効果の高いセラミドを見極めるコツ!

テクチャーと金額をチェックする

5

セラミドは水性成分ではないので、ドロっとしたテクチャーのものが多いようです。化粧水のようなサラッとしている場合は、配合量が少ないか、界面活性剤を使用している可能性が出てきます。

類似品を防止するために濃度を表記していない企業が多く、天然セラミドは効果も高く優れているので、効果を実感できる配合量の場合は金額も高くなるのが当然ですが、安価で「天然セラミド」と謳っている場合は、セラミド配合量が極めて少なくしか入っていない可能性が出てくるので注意が必要です。

目安として化粧品の量にもよりますが1本約3,000円以上の化粧品で配合量が明記されているものを選ぶことをおすすめします。

セラミドを見極めるには番号をチェックする

6

出典:img01.ikora.tv
合成セラミドに比べ本物のセラミドには、「セラミド2」「セラミド3」など番号がついているのが特徴です。天然セラミドと同レベルの保湿力や保護効果が期待できます。

また、肌なじみも良いので刺激を感じない点などで明白な違いが出てきます。特に敏感肌の人は本物のセラミドを選ぶことが大切です。

化粧品メーカー独自開発の「ナノセラミド」をチェック

7

出典:rogerproulx
化粧品メーカーが独自で開発し注目を集めているものに「ナノセラミド」があります。通常のセラミドにはない角質層の深い部分まで浸透していくことでも話題になっています。

化粧品メーカーが独自で開発した「ナノセラミド」の浸透力、保湿力が他のセラミドに比べ自分の肌に合うかをチェックするのもおすすめです。

セラミド本来の力をチェックする

8

セラミドで保湿をすると、朝つけたら夕方まで乾かないという特徴があるそうです。セラミドには即効性や肌なじみが良いという点を重視して見極めることも大切です。

セラミドをさらに強く効果的に取り入れる方法

セラミドと一緒に配合されている成分に注目する

9

潤いを蓄える強い肌に改善し、肌本来のセラミド生産力を高め、肌セラミドを増やす方法があります。

効果の高いセラミドを取り入れ、なおかつセラミドを作り出す力をサポートする有効的な成分が一緒に配合されている化粧品を選ぶことです。

①ライスパワーエキスNO.11

②ハトムギ発酵液

③ストラクチュリン

④ウルソル酸

⑤ユーカリエキス
これらの成分が一緒に配合されていることで肌のセラミド量を増やすことに繋がります。

特に注目されているのが、「ライスパワーエキスNO.11」です。皮膚の水分保持力を改善する効能があると厚生労働省から認められている成分です。肌との相性も良いと言われています。即効性というより継続することで肌のセラミド量が確実に増える成分です。

セラミド化粧品の効果と選び方まとめ

肌に刺激になる成分を出来るだけ使わないでつくられた化粧品が「低刺激化粧品」です。セラミドは強い保湿力と安全性を持っていて肌に優れた効果があると言われています。

類似品など本来の力を生かせない化粧品を選ばないためにも、刺激になる成分の界面活性剤などが多く含まれていないことや表示成分が少ない、または曖昧でないこと、変わった形状のものでないことなどを判断の基準に付け加えてみるとよさそうです。

ぜひ、セラミド化粧品を選ぶ際の参考にしてください。

スポンサーリンク

Check Also

e39a2cdc552d1b6871ce7c23bf5e39f2_t

すっぴんお肌をきれいに!基礎化粧品の種類と選ぶポイント

「その顔、すっぴんなの!?お化 …