Home / 美肌 / 敏感肌に効果的なスキンケア方法。これで敏感肌もこわくない
太陽光

敏感肌に効果的なスキンケア方法。これで敏感肌もこわくない

敏感肌とは角質層が荒れやすい肌のことです。角質層が荒れているとバリア機能が低下し、ちょっとした刺激を受けるだけで肌トラブルを引き起こします。

これが思い当たる人は敏感肌?

・月経前後にニキビができやすくなる
・季節の変わり目や環境の変化で肌が荒れる
・ストレスで肌の調子が悪くなる
・髪の毛や繊維の刺激で痒くなる

こういった症状が敏感肌の特徴です。思い当たる方も多いかと思います。ちょっとしたことで肌の調子が崩れてしまうのは、なんだか損な気分ですよね。

しかし、これらの症状は正しいスキンケアによって、予防したり改善させたりしていくことが可能です。スキンケアのポイントを理解して敏感肌を克服しましょう。

スポンサードリンク

トラブルの原因を避ける

化粧水
敏感肌は刺激に弱いので、トラブルの原因となる刺激を避けましょう。

中でも避けられる刺激は、髪の毛や繊維などの物理的な刺激です。これらは、顔に当たらないようにするなど工夫することを心がけましょう。

また、湿度や紫外線などの外的な刺激は、避けることができないので、変化に合わせて予防するように心がけましょう。

トラブルの原因から守る

太陽光

敏感肌の人は肌のバリア機能が下がっているのでこれを補う必要があります。

肌は本来、自ら潤うことによって外的刺激から身を守っています。敏感肌の人は潤い機能が低下しがちで外的刺激にうまく立ち向かえなかったり、負けてしまったりします。低下した潤い機能を補うため保湿材を用いて、外的刺激に備えましょう。

トラブルの原因に勝つ

トラブルの原因に勝つためには、低下しているバリア機能を根本的に改善していく必要があります。バリア機能の低下原因は水分保持力の低下とターンオーバーの乱れです。これらを改善するにはどうすればよいのでしょう。

肌の水分保持力を改善しよう

洗顔 女性

・肌はこすりすぎない
肌をこすりすぎることによって、角質層に傷がつき、水分を保持できない肌になってしまいます。

・洗いすぎない
洗いすぎによって必要な皮脂まで洗い流してしまいます。敏感肌の人は、洗顔料を使うのは夜だけにして、朝はぬるま湯で洗い流す程度にしましょう。

ターンオーバーの乱れを整える

ターンオーバーが乱れると皮膚の生まれ変わりがうまくいかず、不健康な皮膚が育ってしまいます。ターンオーバーを整えて刺激に強い、健康な皮膚を育てましょう。

保湿をして刺激から肌を守りながら、肌本来のバリア機能を取り戻していくことが大切です。これらの工程をきちんと続けることによって、刺激に強い肌を作ることができます。日々のケアで敏感肌を克服していきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

naturheilkunde-1738223_640

コラーゲンペプチドとは?驚きの6つの効能に迫る!

「コラーゲンペプチド」をご存知 …