Home / 美肌 / 敏感肌かチェックしよう!敏感肌の女性のための化粧品の選び方

敏感肌かチェックしよう!敏感肌の女性のための化粧品の選び方

敏感肌で化粧品選びが難しいと悩んでいませんか?自分は敏感肌だと思っているが、具体的にどのポイント・成分に気を付けて化粧品を選べばいいのかわからない…そんな人もいるでしょう。

いろんな肌質がありますが、特に敏感肌の人は、スキンケア方法、基礎化粧品に気をつかっていかなければなりません。

敏感肌の女性のための化粧品の選び方を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

敏感肌を確認する

敏感肌チェック方法

2

自分が敏感肌かどうかわからないと思う方も多くないですか?自分の肌質を知ることでスキンケアや化粧品選びが楽になります。自分が敏感肌かどうかのチェックシートで、確認してみてください。

4個以下の場合は、敏感肌ではなさそうです。5~6個当てはまる場合は敏感肌予備軍に入るようです。9個以上の人は敏感肌といえるようですので、敏感肌ケアを行っていきましょう。

  1. いつも使う化粧品で肌が赤くなったり、腫れてしまったりすることがある。
  2. いつも使う化粧品で、肌が痛くなったり、かゆくなったりすることがある。
  3. 化粧品でかぶれた経験がある。
  4. 肌が乾燥するとピリピリしたり、痛くなったり、かゆくなったりすることがある。
  5. 汗をかくと肌がかゆくなる。
  6. 日光に当たっただけで赤い発疹がでる。
  7. 季節の変わり目になると肌が不安定な状態になる。
  8. 冬場は肌の乾燥がひどく、粉がふいたような状態になる。
  9. 原因不明の発疹が出たことがある。
  10. ストレスがたまっている。
  11. 睡眠不足である。
  12. 外食をすることが多い。
  13. アトピー性皮膚炎と診断された経験がある。

敏感肌の特徴

3

敏感肌の特徴に、「肌のカサつき」「ヒリヒリした痛み」「肌がかゆい」「吹き出物」「ニキビ」「赤み」などがあります。

一度肌トラブルを招いてしまうと、肌の回復力が低下しているためになかなか治らなかったり、重症化してしまったりすることがあります。敏感肌ゆえに外的刺激にも弱く反応しやすいのも敏感肌の特徴です。

敏感肌の人が化粧品選びで注意すること

シンプルなケアにする

肌にトラブルが出来てしまうと、いろいろ試してみたくなりますよね。でも、肌への過剰なケアは、かえって肌状態を悪くしてしまいますので過剰なケアは不要です。

敏感肌の人は、化粧品の重ねづけが刺激になってしまったり、美容液の与え過ぎが肌本来の再生力の妨げになったりすることもあるので、クレンジング後は、保湿を重点にするようにします。

敏感肌に良いと謳っている化粧品だから絶対安心と思わず、肌に合わない成分が入っていないかを確認し、出来るだけ成分が多く入りすぎていないものを選ぶようにすることをおすすめします。

また、保湿成分の高いヒアルロン酸、プラセンタ、セラミド、コラーゲンなどをえらんでいくことがポイントです。さらに、化粧につかうスポンジなどは、こまめに洗って清潔に保ち、化粧品の劣化を防ぐためにも、消費期限内に使い切ることが大切です。

負担をかけない成分を知る

敏感肌の基礎化粧品選びは、肌に優しいものを選ぶことです。パラペン、着色料、アルコール、鉱物油など肌への負担になりそうなものは避けるようにすることがおすすめです。具体的な成分をご紹介します。

① 鉱物油、ミネラルオイル

「ミネラルオイル」と成分表記に書かれています。このミネラルオイルは、一見肌に良さそうなイメージを持ってしまいますが、実際は、石油を精製する過程の鉱物油です。

表記名は、ミネラルオイル、パラフィン、流動パラフィン、マイクロクリスタルワックス、ワセリン、セレシン、モンタンロウなどです

② 油脂

化粧品の水分を保つ目的で使用されるのが油脂です。この油脂によっては、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き金になってしまうこともあります。

動物油、植物油、ロウなどがありますが、出来るだけ上質な植物油のオリーブオイル、ホホバオイルなどが使われた化粧品がおすすめです。

次ページ:③ 香料

③ 香料

化粧品本来の機能目的とは別に、良い香りを与える使い心地を重視して使用されているのが香料です。

ただ良い香りがするだけなら良いのですが、香料は光に反応して刺激物に変わってしまう場合もあるので、肌トラブルをおこしてしまいます。

良い香りづけは、コロンや香水を使用するようにし、化粧品には、香料が含まれていないものを選ぶほうがよさそうです。

④ エタノール

蒸発しやすいアルコール類にエタノールがあります。ニキビ用化粧品などによく使用されているエタノールには、殺菌作用、毛穴の引き締めを行う収れん作用があります。

しかし、難点は、蒸発する際に肌の水分を一緒に持っていってしまうので、治療目的以外では使用せず、医師の指導の元でのみ使うようにすることが大切です。

「天然、自然」などの言葉に安心しないようにする

4

自然、天然成分などと聞くと肌に良さそうなイメージを持ってしまいがちですが、本来化粧品は、化学的に合成したものを使わずに作ることが不可能です。自然、天然と謳っている化粧品メーカーのすべてが安心とは限りません。

成分を抽出する際、保管する際に安全とは言えない防腐剤や、化学成分を使っていたとしても、成分表示に記載しなくても良いとされているので、実際はなにがはいっているのかわからないのです。

「自然、天然だから安心」は、化粧品メーカーのイメージ作りです。振り回されないように注意が必要です。

敏感肌の化粧品選び

普通の肌の人と比べるとやはり、気にかけてあげながら化粧品を選ぶことが大切なことが分かりましたが、具体的にファンデーションはどんなものがいいの?リップは?そんな声が聞こえてきますね。

そこで本項では、敏感肌の方のファンデーション・リップ・パウダーの選び方を具体的にご説明します。

敏感肌の化粧をするメリット

5

「化粧をするとかぶれてしまう」と、敏感肌だから慎重になってしまう意見もあります。皮膚科の医師によっては、「化粧は控えるようにしてください」言うときもあります。

しかし、最近では、敏感肌用の化粧品も増えてきていて化粧を諦める必要はなくなってきています。

また、化粧をしないで外気や紫外線に触れてしまうのは、かえって肌への負担が大きくなるという意見も出てきています。

外気とのバリア機能を果たし、肌を守ってくれる化粧をすること、さらに、ナチュラルで自分にあった化粧をすることが肌への負担をかけずに化粧を楽しめることにつながります。

女性にとって、化粧は自分を綺麗にする喜びでもあり、化粧をすることでモチベーションも上がっていきます。

敏感肌の女性のファンデーション選び

6

紫外線から肌を守るためにパウダーファンデーションや紫外線をカットしてくれる下地を使うようにします。クリームやリキッドは、肌なじみが良いように感じますが、肌に浸透していくおそれがあるので、肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

また、パウダーファンデーションは、真皮層にあるコラーゲンが紫外線で壊されてしまうのを防ぐために、酸化鉄やチタンなど微粒子成分が肌の奥に入ってくる紫外線を跳ね返してくれるようです。

紫外線吸収剤の入った紫外線防止クリームを塗るよりは、ファンデーションで紫外線を防ぐほうが安心です。

敏感肌の女性のリップ選び

7

唇に強力に張り付いてしまう「発色が良い」「落ちにくい」というリップよりは、低刺激のリップを選ぶことをおすすめします。

敏感肌の女性のパウダー選び

紫外線とともに気をつけたいのが、花粉です。花粉は、アレルゲン物質なので触れるだけでも肌トラブルへと繋がってしまいます。化粧の仕上げにパウダーをつけることで、花粉がつきにくくなります。

敏感肌の女性のための化粧品選びまとめ

化粧品が敏感肌に悪いということではなく、大事なことは、化粧をした後にきちんと落とすことです。肌に残ってしまった化粧品は、汗や皮脂が混ざり、酸化してしまうので肌へのトラブルに繋がっていきます。

クレンジングは、洗浄力の弱いもので、手でゴシゴシとこすって落とすのではなく、優しく肌に負担をかけずに落とすようにします。化粧品を探す際は、サンプルをもらいパッチテストを必ず行うようにし、店員さんなどに相談することをおすすめします。

根気よく肌に合う化粧品選びをすることが肌の改善に繋がるようです。ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

Check Also

牛乳石鹸が選ばれ続ける理由!洗顔効果を最大限に生かす洗顔方法とは

古くから愛され続けている石鹸と …