Home / 美肌 / 身体の中から美しく!目的別、美白肌に効く食べ物や栄養素を徹底解説
1

身体の中から美しく!目的別、美白肌に効く食べ物や栄養素を徹底解説

化粧水や洗顔フォームを変えても中々肌が綺麗にならないという悩みを抱えている方も多いかと思います。

健康的な美肌を保つには、肌の表面を綺麗にするだけでなく、身体の中から綺麗にする必要があります。そのため、普段の食事の栄養バランスを考えることはとても重要です。

普段どんなものを食べるかによっては、時間がかかりますが肌の調子に効果が表れてきます。また、結果がよくなることがあれば、食べるものによっては肌の状態が悪くなってしまうこともあるかもしれません。

肌の状態をよくする食べ物、悪くしてしまう食べ物についていくつかまとめていきたいと思いますので、普段の食事から肌のことを意識し、今よりもさらに美肌になれるように参考にしてみてください。

肌の基礎を作り上げる栄養素

まずは、肌を健康状態に保ってくれる栄養素を紹介します。これらの栄養素は1日の食事の中でバランス良く毎日摂ると良いでしょう。

ビタミンA,B,C,E

ビタミン群は抗酸化作用はあり、活性酸素を抑えることでシミやしわの発生を防いでくれます。

ビタミンA

ビタミンAは肌や粘膜を丈夫にする作用ももち、免疫力を上げてくれるためニキビの悪化を防ぐ栄養素でもあります。

ビタミンB

ビタミンBには、肌や髪に栄養素を届ける栄養素として有名です。肌や髪に栄養が行き届くと、今は肌の状態が悪くても、新しい肌ができた時にきれいな肌として生まれ変わるという特徴があります。

ビタミンC

ビタミンCは、紫外線を防ぐ効力をもち、更にはコラーゲンを作るのに必須の栄養素のため、肌の弾力や美白を取り戻すためには必須です。

ビタミンE

ビタミンEは、血行を良くする作用があり、肌のくすみの解消や肌の新陳代謝を改善してくれます。また、シミの原因となる過酸化脂質を抑えるためアンチエイジングにも効果があり、更にはビタミンCなどの尿から排出される水溶性ビタミンとは違い、脂溶性で、体内に蓄積することができるため、積極的に摂取することをお勧めします。

たんぱく質

たんぱく質もコラーゲンを作るのに欠かせない栄養素です。肌の表皮にある角質の半分近くがたんぱく質の一種からできており、また、肌細胞や顔の筋肉などもたんぱく質から作られていることから分かる通り、肌の土台作りにはたんぱく質は欠かせません。たんぱく質は卵や豚肉などの動物性たんぱく質の他に、大豆やしいたけといった植物性たんぱく質もあるため、両方をバランス良摂るようにしましょう。

目的別、美肌に効く食べ物

先ほどの項目では、一概に「肌の基礎を作り上げる食材」を紹介してきましたが、ここからは美肌に効果がある食べ物を目的別に紹介していきたいと思います。

肌の悩みは人によってさまざまであるほか、原因も様々です。ここからは、いくつか気になる肌の症状や目的別に摂取した方がいい食べ物を紹介していきます。

ニキビに効く食べ物

ニキビができる原因は、体の内からできる原因と、体の外からできる原因があります。ここからは、体の内からできるニキビを対策すべく、いくつか食べ物を紹介していきたいと思います。

ビタミンB

まず、体のうちからニキビができる大きな原因として「肌に栄養素が行き届いていない」ことが考えられます。そのため、肌に栄養素を行き届かせるためにもビタミンBの摂取は必須となります。

ビタミンBが多く含まれる食べ物は、納豆、まぐろ、卵、レバーです。

続いてニキビ自体に効く栄養素はビタミンC、ビタミンE、ビタミンAです。

ビタミンC

ビタミンCは先述の通り、肌の基礎を作り上げる非常に重要な栄養素です。ビタミンCが多く取れる食材はパプリカ、ピーマン、菜の花、ブロッコリー等が挙げられます。

ビタミンE

つづいてビタミンEは抗酸化機能が期待されます。また、ビタミンCと同様に、肌の基礎を作り上げるための栄養素を運んでくれる機能があります。ビタミンEが多く取れる食材は魚卵や、アーモンドなどのナッツ類、ヒマワリ油などの油類となります。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚の免疫向上の効果が期待されるため、ニキビの発生や悪化を防いでくれます。ビタミンAが多く取れる食材はレバー類です。

食物繊維

最後にニキビに効く栄養素として紹介するのは「食物繊維」です。

食物繊維は腸内環境を整えてくれる最強の食材です。腸内環境が良いと、老廃物や毒素を排出し、栄養素をうまく吸収できるような体内環境をつくってくれるため、肌の調子も良くしてくれます。

いま便秘気味の方は、食物繊維を多くとり腸内環境を整えることで、美肌への一歩となること間違いありません。食物繊維が多く取れる食材は、根菜、豆類等です。

美白に効く

美白に効く栄養素としては「ポリフェノール」が有名です。ポリフェノールは、肌を傷つける物質を取り除いてくれる効果が期待されます。

ポリフェノールを多く含む食材は、赤ワイン、しょうが、大豆等です。

乾燥に効く

乾燥には「βカロテン」「鉄分」の栄養素が有効です。

人参やほうれん草などに多く含まれるβカロテンは、粘膜や肌を強化してくれるため、乾燥に強い肌を作ってくれます。

鶏レバー、納豆、高野豆腐等に多く含まれる鉄分は、肌や髪の毛が乾燥してぱさぱさになるということを防ぐことができます。

肌のはりを維持する

肌のはりを維持するために必要な栄養素は「βカロテン」「ビタミンC」「ビタミンE」です。

いずれもこれまでで紹介してきましたので割愛させていただきますが、肌へ栄養素を十分に行き届かせることで肌の張りを維持する効果が期待されます。

毛穴の悩みに

毛穴に効果がある栄養素としては「ビタミンB2」「ビタミンB6」が有効であると考えられます。

これらの栄養素は、ともにたんぱく質と脂質の働きを活性化させる効果がありますので、結果として健康な肌作りの一歩になるのです。

ビタミンB2が多く含まれる食材はレバー類、納豆、たまご
ビタミンB6が多く含まれる食材はまぐろ、かつお、さんま
です。

くすみに効く

くすみには「ビタミンC」が有効です。

ビタミンCは先ほども紹介した通り水溶性ビタミンのため、日頃からこまめに摂取することが大切となります。特に「寝る前」のタイミングで摂ることで、くすみを除去し、スムーズな皮膚細胞の再生を促進する他、安眠も促してくれます。

肌によくない食べ物

これまでは、肌にいいとされる栄養素、食べ物を紹介してきましたが、ここからは肌によくない食べ物を紹介していきたいと思います。

肌によくない栄養素を理解することで、より美肌への理解が深まるといっても過言ではないので、興味がある人は良く読んでください。

カフェイン

まずはカフェインです。

カフェインには利尿作用があり、意識して取ってきたビタミンなどの栄養素が外に出されてしまいます。尿を排出するということは悪いことではないのですが、回数が多くなることによって、必要な分の栄養素までも外に排出されてしまうということです。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸はマヨネーズやマーガリンに多く含まれる栄養素です。

トランス脂肪酸は肌の栄養素のバランスを崩します。また、トランス脂肪酸が多く含まれる食材を見る限り、肌のバランスをくずすだけでなく「肥満」の原因になる食材が多いので、肌や肥満のためにもトランス脂肪酸が多く含まれる食べ物は控えたほうがいいのかもしれません。

冷たいもの

体が冷えてしまうと、血行が悪くなってしまうので肌への栄養があまり行き届かなくなってしまうので、冷たい食べ物は控えるようにするべきだと考えられます。

まとめ

eating-1819662_640
日々の食事で摂る食べ物に気を付けるだけで、肌の調子は良くなってきます。すぐに肌に効果が出ないからと、栄養バランスの偏った食生活を送るのではなく、自身の健康も考えた上で、ビタミンやミネラルなど様々な栄養素を摂るようにし、身体の中から美しくなっていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …