Home / 美肌 / 髪からつま先までこれ一本!美肌水の効果5つとと手作りする方法

髪からつま先までこれ一本!美肌水の効果5つとと手作りする方法

美肌水ってご存知ですか?美肌水とは話題となっている髪からつま先まで体中いたるところに使うことのできる万能化粧水です。

しかしなぜ話題になっているのでしょうか?

美肌水の多岐にわたる効果や多くのメリットを知ることで、きっとみなさんも使いたくなるはずです。

今回はそんな美肌水の効果や作り方について、詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

美肌水とはなにか

美肌水とは

美肌水とは、元々医師である今井龍弥氏がアトピー性皮膚炎の患者さんのために、乾燥防止用の保湿剤として考案されたものです。別名「尿素グリセリン水溶液」と言います。

今日では、アトピー性皮膚炎に限らず、様々な肌の悩みに対して効果があることが分かっており、その優れた効き目から、子供からお年寄りまで幅広い層に支持される化粧水となりました。

美肌水の特徴

美肌水の良いところは、なによりも原材料がとてもシンブルであるという点です。余計なものがはいっていないため、アトピーをはじめとした様々な肌の悩みを持つひとも使うことができます。

また、美肌水が人気の理由は、効き目が優れているからだけではなく、手軽に作れるからという点にあります。

先ほど述べたとおり、原材料はとてもシンプルで、かつ身近なもので作ることができます。さらに、コストパフォーマンスが大変よいのも特徴です。

自分で作れるということは、最大の安心・安全につながります。

美肌水の成分

美肌水の成分はいたってシンプル、水、グリセリン、尿素。この3つだけです。

昔から保湿剤として有名だったグリセリンに、尿素を配合することで美肌水が生まれました。

この尿素、市販の基礎化粧品やハンドクリームなどにも多く含まれるため、聞いたことがある方も多くいらっしゃるかもしれません。

尿素は、私たちの肌に元々存在する保湿成分です。

皮膚を構成する角質細胞の中に含まれ、水分をつかまえそれを維持する役割を持っています。また、余分な角質を取り除き、肌を軟らかくツルツルにするという性質もあります。

美肌水の効果

保湿効果

まずあげられる主な効果として、保湿効果があります。

グリセリンがもつ保湿効果に加え、先ほどご紹介した尿素の働きで、肌の潤いを保つことができます。

角質を柔らかくする効果

こちらも先ほど述べたとおり、尿素の効果によるものです。尿素は余分な角質を分解し取り除くので、肘、膝、かかとなど、角質が固くなりがちなところに使用すると、大きな効果が期待できるでしょう。

ニキビ、シミの改善

ニキビにはストレスや睡眠、食事といった生活習慣、その他ホルモンバランスの乱れなど様々な原因が考えられますが、そのうちのひとつに乾燥があげられます。

先述の保湿効果で乾燥を防ぐことができます。加えて、尿素の角質分解作用すなわちターンオーバーの活性化により、ニキビ跡やシミが薄くなるかもしれません。

イボの改善効果

イボにも様々なものがありますが、大きな原因はヒトパピローマウイルスだと言われています。

実際に臨床結果でも、尿素による治療がこのウイルス性のイボに効くという報告がされています。

白髪・薄毛の改善

薄めれば体のいたるところに使うことのできる美肌水ですが、なんと白髪や薄毛に対しても効果があるという報告が上がっています。

フケなどにも効果があることから、頭皮に美肌水が効いているのでしょう。

この美肌水一本で髪の先からつま先まで体中をきれいに保てちゃうんです。

美肌水を作ってみよう

2
では、実際に美肌水の作り方を見ていきましょう。

美肌水の材料と作り方

〈材料〉
尿素 / 50g
グリセリン / 小さじ1
蒸留水 / 200ml

〈つくり方〉
1.水200mlに対して尿素50gを溶かす。
2.良く溶かしてから、グリセリン小さじ1杯を加えて良く振る。

これで「原液」の完成です。あとは使い方に応じて濃度を変えましょう。

どこで購入するの?

尿素は、ホームセンターの肥料売り場で購入できます。(500g、100~200円程度)

また、薬局でも購入できますが、ホームセンターより高価です。内容物は全く同じなので、ホームセンターで買うのが良いかもしれないですね。

グリセリンは薬局またはインターネットで購入可能です。

水は精製水を使用します。精製水は薬局で購入可能です。またはミネラルウォーターでも代用可能です、その際には硬度が低いものを選びましょう。

水道水の方が塩素を含んでいるため、防腐剤の役割を果たし保存に適している、と言う見方の方もおられるようですが、水道水には不純物も含まれますので精製水を購入して使用することをおすすめします。

美肌水の使い方

使い方

  1. 顔・体に使う場合:顔に使う場合は原液を5~10倍に薄めて使いましょう。ボディに使う場合は原液でも大丈夫ですが、しみるなど刺激を感じる場合は薄めて使いましょう。また、薄める際には、尿素濃度が3%以上にならないようにしましょう。
  2. 髪に使う場合:髪はシャンプーした後よくすすぎ、その後に使います。洗面器にお湯をくんで、そこに原液を少量入れ、髪全体に行き渡るように浸しましょう。
  3. 傷に使う場合:アカギレなどに使う時は、直接つけると染みるので、オリーブオイルなどで傷をマスクしてから、その上に少量つけるようにしましょう。
  4. アトピー性皮膚炎の方は、医師の指示のもと使うようにしましょう。

保存の仕方

用途にもよりますが、スプレータイプの容器に入れておくと便利です。また使用する際は、雑菌が入らないように気をつけて、冷蔵庫で保管しましょう。

原液は冷蔵庫保存で約半年、薄めた液は、常温保存で2週間を目安に使い切ることが推奨されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美肌水はあらゆる肌トラブルに効果的な万能化粧水です。また手軽にコストも抑えて作ることができるので、試しやすい化粧水だと思います。

美肌水を実際に使って、トラブルの無い肌を目指していきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

固形石鹸はコスパ最高の優秀洗顔料?4つのメリットと正しい使い方

あなたはどの洗顔料のタイプを普 …