Home / 美肌 / 美肌になるには?身体の内側から美肌になる6つの習慣
ブロンドの女の子

美肌になるには?身体の内側から美肌になる6つの習慣

美肌になるには、具体的にどのような行動や習慣を心がければよいのでしょうか?

年齢より若く見える女性には美肌の方が多いです。お化粧をしているからキレイなのでは?と思いきや、そういう方は素肌もキレイです。実年齢よりも若々しい肌を手に入れている方はいったいどのような毎日を過ごしているのでしょう?

「きっと高級なエステに通っているのよ!」と思って話を聞くと意外にも日々の生活の中に美肌の秘訣がありそうです。「美肌は一日にしてならず」です。自分の生活習慣を今一度見直し、美肌習慣へと切り替え若々しい素肌を手に入れていきましょう。

今回は、身体の内側から美肌を作るために必要の6つの美肌習慣をご紹介します。

スポンサードリンク

スキンケアに頼らない美肌習慣

olive oil on wooden table

美肌になるにはスキンケアをしっかりとするということは、美肌になりたいと思っている方の多くが普段からよく実行しているふつうの事だと思います。そのような毎日のスキンケアの努力は美肌のためにもちろん重要ですが、なによりも体の中ら肌をキレイすることが大切です。

今回は肌の外側から補うケア方法ではなく体の中からキレイになる習慣について一緒に見ていきます。体の中から肌をキレイにする為のキーワードは「新陳代謝」です。ターンオーバーという言葉を聞いたことがありますか?

肌は28日周期で生まれ変わっていきます。新しく生まれ変わる細胞が元気で健康的な細胞になれば、肌もキレイになっていくはずです。そうやって体の中からキレイな肌が作り出せる習慣が身につけば過度なスキンケアは不要になり、お化粧もナチュラルなもので十分なのです。

身体の内側から美肌になるには?新陳代謝を高める6つの習慣

2

新陳代謝を高める為には「生活習慣」「食事」「スキンケア方法」この3つの習慣を変えていく事が大切です。今回紹介する習慣改善項目は6つです。習慣は毎日の少しずつの積み重ねです。

急に全部を変えていくやり方は困難です。一気に変えると逆にストレスになり肌にとって良くありません。一週間ずつでいいので一つずつの習慣を変えてみる、というように一定のペースを決めて変化させていくのがオススメです。

それを積み重ねて、新たな習慣にしていくというやり方をしてみましょう。

1.睡眠の質を高める

肌は明るい日中よりも太陽が沈み暗くなってから回復力が高まります。よく聞く「22時から2時の間に眠るとよい」という話にはこのような根拠があるのです。昼夜逆転の生活になっている方は肌が美しくなるきっかけを失ってしまっているとも言えます。

22時から2時の間に眠ることはいいと分かっていても仕事が遅く夜がどうしても遅くなってしまうという方もいるでしょう。そういう方は部屋に太陽の光が入らないようにして、暗い部屋で眠りましょう。

アイマスクもいいと思います。肌が光を察知しなければ夜だと認識し、肌の回復力は高まります。毎日の睡眠の質を上げる工夫をまず一週間試してみましょう。

2.適度な運動と呼吸法

体の中のめぐりを良くしていく事は新陳代謝を高めることにつながります。老廃物が体の中に長く蓄積されることは、肌にとって大切な栄養素を吸収しにくくさせてしまうという事になります。

不要になった老廃物は早く外に出し、新鮮な栄養を肌の隅々にまで運ぶことが大切です。体の中のめぐりをよくしていくためには体を動かし汗をかく事です。デスクワークや立ちっぱなしの仕事をしていることで同じ姿勢が続くと体の中のめぐりは悪くなり老廃物が溜まりやすい状態になります。

休憩時間など空いた時間にストレッチや少し歩くなどして体を動かす事を意識してみてください。体を動かすことで血管がポンプの役割を果たし伸び縮することで体内の循環を良くしてくれます。

体を動かすことがどうしても難しい方はふくらはぎをもむなど血流をよくすることを意識してみましょう。また、呼吸も意識してみてください。浅い呼吸では、肌に新鮮な酸素を取り込むことができていません。

深く深呼吸することで不要な二酸化炭素をしっかりと吐き出し、新鮮な酸素を取り入れることが出来ます。

3.デトックスを意識した食事

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s-600x400

呼吸と同じように食事でもまず体内に溜まった老廃物を外に出すことが先決です。便秘で腸の中に便が溜まっている状態は腸の壁がドロドロになっている状態とも言えます。腸は肌の栄養を吸収する為の大切な場所でもあるのです。

その腸をまずはキレイにする事が大切です。では、デトックスを意識した食事とは、具体的にどのようなものでしょうか?

まず、朝・昼・夜と、時間帯に合わせ効果的なものを食べましょう。なぜなら身体の状態や機能は、時間帯によって大きく異なるためです。

朝食には消化の良い果物を、お昼には野菜を7割、肉や魚、穀類を3割で、野菜を多くとるように心がけましょう。そして20時以降の夜は吸収の時間なので、がっつりと食事をとることはお勧めしません。

そして血液をサラサラにしてくれる調味料を意識してみましょう。簡単に言うとカタカナの調味料は控え、みそや醤油など和食で使用する調味料を意識して取るようにしてみてください。

4.間食をやめる

女子は甘いものが大好きですね。しかし、お菓子には糖分や油分、塩分など多く摂りすぎると肌によくないものが入っているという事は知っていますか?知っているけどやめられない、というのが本音でしょうか。

急に甘いものを絶ってしまうと逆にストレスになります。ストレスは肌にとっても良くない事なので、少しずつ一日に食べる量を減らしていく事をまずは意識してみましょう。

また、ジャンクフードと言われるものも注意です。ファストフードやインスタント食品には様々な添加物が含まれています。そして高カロリーで栄養が偏っている。肌にとっても良くないですし、体にとっても良くありません。

人間の手で加工された食品よりも自然にあるものをなるべく食べるように意識していきましょう。体に良い食事をすることで肌に良い栄養素が届き、一つ一つの細胞が健康になります。

5.肌を鍛える

毎日のスキンケアを一度全部やめてみませんか?と言ったら不安になりますよね。美肌の為に新陳代謝を高めるという視点で言えば、実はスキンケアをやり過ぎるという事は肌を甘やかしている状態ともいえるのです。

年齢を重ねる度に肌の外側から補うスキンケアを覚え、あれがいいと聞けば試してきたと思います。本来人間の肌には新陳代謝をするという働きがあります。その本来の働きがスキンケアをすることで退化しているとしたらどうでしょう?

いきなりすべてをやめるのは勇気がいる事だと思います。まずはファンデーションを少しずつ薄くしていき皮膚呼吸が出来るようにしてあげるとか、お休みの日はスッピンで過ごすというところからなら始められそうですよね。

少しずつでいいので「鍛える」ことで本来持っているはずの肌の力を引き出していきましょう。

6.汚れをしっかりと落とす

肌を鍛えていく中でもクレンジングはしっかりとしましょう。日々のメイクや汚れを丁寧に落とすこと、肌に汚れを残さないことが大切です。洗顔をするときに注意をしてもらいたいのはこすり過ぎないという事です。

過度な刺激は肌にとって良くありません。やさしくなじませることでクレンジング出来るようなケア用品を選びましょう。洗顔しすぎも気を付けてもらいたいのですが、ダブル洗顔をするときにはしっかりと泡立てて、泡の力で肌の上をなぞるように洗顔しましょう。

まとめ

superthumb-3

体の中から美肌になる習慣を一緒に見てきました。少しだけ意識すればどれも出来そうな事ではないでしょうか?もっとストイックにやってみるという方法もあるかもしれませんが、急に今までの習慣を変えてしまうと逆にストレスになってしまいます。

睡眠、呼吸、食事、スキンケア。新陳代謝を高める為の方法として共通して言えることは古いものは体の中から出し、新鮮なものを取り入れる。そうすることで肌によい栄養素が届きます。美肌になる為の習慣を意識し、明日から一つでも実行してみてください。

美肌になるには、日々の積み重ねが必要です。スキンケアで外から美肌を作るだけでなく、6つの美肌習慣を守ることで、身体の内側から美肌を手に入れましょう

スポンサーリンク

Check Also

黒髪ならこのカラー!黒髪と相性抜群のリップカラーとヘアケア

日本人特有の黒い髪は、放ってお …