Home / 美肌 / 美肌になるための食習慣~食事は超重要!~
12

美肌になるための食習慣~食事は超重要!~

美肌になるための習慣として食事の中身をきちんと見直すことは必須です。食事は肌の細胞を作る要素となり、いいものを体に入れれば入れるほど元気な細胞が作り出されるハズです。この食事の内容が細胞にとってよいものでない場合、肌の生まれ変わりのタイミングでよい細胞ではない肌が表面に出てくることになります。体の内側からよい細胞を作り出すための食事について一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

肌をきれいにするならお腹の中から

肌と内臓の関係が特に重要という事はみなさんご存じでしょうか?「肌は内臓の鏡」とも言われており、バランスの良い食生活で内臓が健康であれば血行もよくなり肌にもよい影響があると言われています。例えば夜更かしをして飲みすぎた次の日の肌の状態が良くないなど心当たりはありませんか?肌の状態を見れば、その人の生活習慣、内臓の様子も見えてしまうという事になります。何も考えずに口にしている食材、それは肌にとって良いものですか?また、食事をとるタイミングはどうでしょう?今一度、自分の食習慣を見直して美肌に近づいていきましょう。

お腹=腸をキレイにすると肌もキレイに

腸がキレイかどうかは排便の習慣を振り返るとよくわかります。

1.毎日決まった時間に排便がない
2.便を出したあと、お腹の下のあたりが硬い感じがする
3.便秘や下痢傾向だ
4.便やおならのニオイが臭い

思い当たることはありませんか?このような状態は腸の中がドロドロに汚れている証拠ともいえます。毎日便がきちんと出て、腸がキレイな人は質のいい栄養を体の細胞に取り入れることができるため、肌のうまれ変わりのタイミングで元気でハリのある肌細胞が出てくることになります。肌と腸は意外と関係がないと思っている人も多いかもしれませんが、栄養を取り入れるための重要な内臓なので、キレイにしていく習慣を身に付けていきましょう。

バランスのよい食生活とは?

バランスの良い食生活を心がけることは美肌になるためだけではなく、生活習慣病の予防のためにも大切です。食生活が乱れることで病気や肥満を引き起こすことにもなります。
これらを防ぐためには主食(炭水化物)、主菜(肉・魚・卵・大豆食品)、副菜(野菜・海藻類・きのこ類)、乳製品、果物をバランスよく摂ることが大切です。これは誰もが分かっていることではありますが、具体的にどのような食事をすればいいのかという事は、あまり認識できていない人が多いのではないでしょうか?テレビやネットでいろいろな情報が飛び交い、いったい何がいいのか?混乱している方も多いと思います。どのような食材が肌にどのような効果をもたらすのかを整理し、しっかりと頭に入れて日頃の食生活を見直してみましょう。

8

美肌にはたんぱく質とビタミンが大切

毎日の食事をバランス良くしていくためには、毎日30品目の食品を摂ることがベストといえます。しかし、毎日30品目を維持することはとても大変なことです。その大変なことを毎日意識すると、実現できなかった時には逆にストレスとなってしまうことがあります。ストレスは肌にとって大敵です。そこで、2~3日に分けて30品目を意識してみるというように軽く意識をしてみましょう。取り入れる食材は偏らないように、そして美肌に必要なたんぱく質やビタミン類を意識して取り入れるようにしてみましょう。

ビタミンB2とB6でニキビを防ぐ

ビタミンB2とB6には、ニキビの原因となる皮脂の代謝を促進する働きがあり、皮脂の分泌を抑える効果があります。ニキビに悩んでいる方はビタミンB2、ビタミンB6を意識して摂ってみましょう。ビタミンB2を多く含む食材は卵類、アーモンド、牛乳です。また、ビタミンB6を多く含む食材には緑黄色野菜、卵類、魚類などがあります。より効果を上げるためにはこれらの食材と一緒にビタミンCを摂ることでコラーゲンの生成を促進する効果が期待できます。

7

ビタミンAは肌お守る

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きがあり、抵抗力や免疫力もアップしてくれる栄養素です。ビタミンAが不足すると肌が乾燥し、肌荒れの原因にもなります。また、抗酸化作用もあるので肌の老化も防いでくれ、若々しくハリのある肌を保つことができます。ビタミンAは主に緑黄色野菜に含まれるカロテンと、動物系のタンパク質に含まれるレチノールに分かれます。油と一緒に摂ると吸収されやすくなるので、ほうれん草やレバーなど油で軽く炒めて食べるといいでしょう。

美肌といえばビタミンC

肌をキレイにするためのビタミンとしてメジャーなのはビタミンCですね。ビタミンCにはビタミンAと同じく抗酸化作用があり、肌の老化を抑えてくれます。また、肌の弾力を担うコラーゲンの生成に不可欠な要素でもあり、肌のハリを保つことができます。そして、紫外線や刺激によるシミの元となるメラニンの生成を防ぐ働きがあり、白い肌を目指す人にはおすすめのビタミンです。ストレスへの抵抗力も高めてくれる栄養素でもあり、野菜や果物に多く含まれています。ビタミンCは一度に多く摂っても一定量しか体の中に蓄えられないビタミンなのでこまめに摂ることをお勧めします。

ff851c76c5e03fdd0e66d48bddf7c369_s

食べ物と生活習慣で肌の状態を改善

肌が乾燥していて困っているという方はいませんか?保湿を助けるためには、ヒアルロン酸を含む食べ物を取り入れるようにしてみましょう。動物の軟骨やフカヒレなどにヒアルロン酸は含まれています。また、新陳代謝を活発にするためには、亜鉛も積極的に取り入れましょう。ほたてや牡蠣、納豆や卵に亜鉛が含まれています。

生活習慣から乾燥肌を改善ためには、まず肌の代謝をあげましょう。体が冷えて血行が悪くなると代謝が下がり、乾燥しやすくなります。そして、冷たい飲み物や生野菜などの摂りすぎると、内臓が冷えてしまいます。すると全身の血行が悪くなり、老廃物を排出しにくくなります。また、お酒も飲みすぎると肌の水分不足を引き起こしてしまい、乾燥を進行させてしまいます。普段の生活習慣も見直し、取り入れる食材に気をつけて肌にうるおいをもたらしましょう。

d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s

肌の回復を遅らせる食べ物

肌にとってよい食べ物を紹介してきました。バランスのよい食事を心がけ肌に良いものを摂ったとしても逆に肌の回復を遅らせてしまうものを多く摂っていると美肌から遠のいていきます。内臓に負担をかけてしまう食べ物や、身体を冷やす食べ物です。肌のトラブルを避けるためにも以下のものはできるだけ取らないように心がけましょう。

1.カフェイン
  コーヒーなどに含まれるカフェインは、抗酸化作用をもつビタミンCを破壊し、
  肌の新陳代謝を遅らせます。
2.脂分が多いもの
  揚げ物やスナック菓子、ファストフードなど脂分が多いものは
  肌を酸化・老化させ、コラーゲンの生成を妨げます。
3.冷たいもの
  生野菜や冷たい飲み物を摂りすぎると体を冷やし老廃物が排出されにくくなります。

毎日の食事と生活習慣で肌美人に

分かっているけど毎日徹底していくことはなかなか難しい。というのが正直なところだと思います。しかし、日々のコツコツとした積みかさねによって明るくハリのある若々しい肌を手に入れることができます。そして心も体も元気になります。なにより自分に自信が持てるようになります。キレイな肌でいつまでも明るく元気な笑顔を手に入れ、周りの人たちも元気に出来る。そんな美肌生活を今日からはじめてみましょう。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …