Home / 化粧品 / 基礎化粧品とは何?基礎化粧品の効果と使用する順番
26fb195e24bdc39a506402ae876d4985_s-600x400

基礎化粧品とは何?基礎化粧品の効果と使用する順番

26fb195e24bdc39a506402ae876d4985_s-600x400

肌が綺麗な女性は若々しく見えます。その為、どんな女性も綺麗な肌になりたいと努力していると思います。

綺麗な肌を作るには、自分の肌質に合った化粧水や乳液、美容液などの基礎化粧品を使う必要があります。自分の肌に合ったものを使っていないと、綺麗な肌を作るどころか新たな肌トラブルを引き起こす可能性があります。自分の肌質をチェックしてから、どんな基礎化粧品が合っているのか考えてみましょう。

そして、自分にはどんな肌トラブルが起きやすいかを知って予防をしてみましょう。是非、基礎化粧品を選ぶ時の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

肌質の種類と特徴

どんな人も肌の悩みを抱えていると思います。乾燥やニキビ、吹き出物、シワができやすいなど肌には様々なトラブルがあります。

実は、そんな肌の悩みは肌質によって変わってきます。まずは自分がどんな肌質なのかをチェックしてみましょう。肌質を知る事で、どんな肌トラブルを引き起こしやすいか知る事も可能ですし、予防をする事も可能です。

そして基礎化粧品を選ぶ際の参考にもなります。

肌質別の特徴

肌質は大まかに4つのグループに分ける事が出来ます。その4つとは普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌となっています。

この肌質の分類は、自分の肌の特徴と比べるだけで判断する事が可能です。以下に肌質別の特徴を載せていますので、自分の肌はどの特徴が当てはまるのかチェックをしてみてください。

普通肌の特徴

・しっとりしていてベタつきが気にならない
・キメが細かい
・カサツキが少なめ
・肌トラブルが少ない

乾燥肌の特徴

・肌がカサカサしていて、つっぱる感じがする
・乾燥している部分に痛みや痒みがある
・目や口の周りに小じわが出来ている
・Tゾーンも潤いが少ない

脂性肌の特徴

・全体的に肌のてかりがある
・脂っぽい感じでベタつきがある
・ニキビや吹き出物ができやすい
・お化粧が崩れやすい

混合肌

・カサツキが部分的にある
・Tゾーンなどはベタつきがある
・Tゾーンなどの一部分のみのお化粧が崩れやすい
・部位によって乾燥の差があるのでお手入れが難しいと感じる

自分の肌質の特徴と当てはまるタイプが見つかりましたか?悩んでいた肌トラブルの原因が肌質にあったと理解出来たら、次は改善策と予防法についてです。

肌質別のオススメ基礎化粧品

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

自分の肌質がチェック出来たら、次はどんな基礎化粧品が良いか考えてみましょう。基礎化粧品は、肌の悩みを解決する効果や起きやすい肌トラブルを予防する効果もあります。

自分に合った基礎化粧品を使って正しいケアを行いましょう。

普通肌タイプ

普通肌は、水分と油分のバランスが保たれている状態です。つまり、肌が正常の状態であると言えます。このタイプの方は、肌トラブルに悩まされる事が少ないと思います。現在、使っている基礎化粧品は肌に合っている可能性が高いので、今までと同じようにお手入れを続けてください。

そして食生活や生活リズムにも気を付けて現状維持を心がけましょう。今の状態をキープできれば、綺麗な肌で居続ける事が可能です。

乾燥肌タイプ

乾燥肌は、水分バランスが保たれていない状態です。その為、乾燥によって肌がガサガサになりやすく、シワができやすいと言えます。

乾燥が原因で、痛みや痒みを引き起こすこともある為、早めに改善する必要があります。乾燥肌は、高保湿成分の「セラミド」配合の化粧水を使う事で改善する事が可能です。

その他にも、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」が配合された化粧水にも乾燥肌を改善する効果があると言われています。化粧水を選ぶ際には「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」のいずれかが含まれているものを選ぶようにしましょう。そして乾燥がヒドイ部分には、「セラミド」入りのクリームを塗り重ねるのも効果的です。

乾燥の状態を見てケアを行ってください。

脂性肌タイプ

脂性肌は、油分が多い状態です。その為、顔のてかりやベタつきが気になります。油分が多い事が原因で、ニキビや吹き出物といった肌トラブルに悩まされやすいタイプです。

このタイプは過剰な皮脂分泌を抑える必要があります。この過剰な皮脂分泌を抑えるには「ビタミンC誘導体」配合の化粧水が効果的だと言われています。またニキビや吹き出物ができやすく、治りにくいという肌トラブルを抱えている方は、「ハトムギエキス」配合の化粧水も効果的だと言われています。

「ビタミンC誘導体」や「ハトムギエキス」が配合されている化粧水はサッパリとした使い心地です。乳液やクリームでの保湿は、ニキビや吹き出物が出来やすくなるので様子を見ながら慎重に行ってください。

混合肌タイプ

混合肌は、日本人に最も多い肌質です。乾燥した部分と脂っぽい部分が混在している状態です。乾燥が目立つ部位は、乾燥肌タイプと同じように水分を与えて保湿をしっかりとする事が大事です。そして脂っぽい部位には、脂性肌タイプと同じように過剰な皮脂分泌を抑える事が大事です。

このタイプの方は、乾燥肌タイプと脂性タイプのケア法を参考にしてみてください。そして部位によって使う化粧水やクリームを分けてケアをすると、肌が綺麗に整ってきます。

基礎化粧品を使用する順番

基礎化粧品には、化粧水、美容液、乳液、クリームがありますが、それぞれに役割があるため、正しい順番で使用することが大切です。基礎化粧品の各役割と順番について見ていきましょう。

化粧水

基礎化粧品を使う順番で、一番先に使うべきものは「化粧水」です。

化粧水は主に肌の保湿をする役割を担っています。お風呂などで洗顔をすると、皮脂などと一緒にお肌を守っている油成分も落ちるため、肌のバリア機能が低下した状態になります。この状態は特にお肌が乾燥してしまいやすいため、お風呂あがりにはできるだけ早く化粧水をつけることをお勧めします。

美容液

化粧水を使用した後は、必要に応じて美容液を使用することが大切です。美容液には様々な種類のものがあり、美容液によって対応出来るお肌の悩みが異なります。シワが気になる方はシワ対策の美容液を、たるみが気になる方はたるみ対策の美容液を、化粧水で補いきれない部分を対応できるようにすると良いでしょう。

乳液

化粧水、美容液を使用した後には、乳液を使用することをお勧めします。化粧水、美容液には保湿成分がありますが、あくまで液体がベースになりますので、そのままにしておくと時間が経過していくうちにその効果が取れてきてしまいます。乳液は水分と油分が調合されてできたものになりますので、化粧水や美容液と連結しやすく、かつ油分によって有効成分に蓋をすることができます。

クリーム

基礎化粧品の仕上げとして、最後にクリームを使用しましょう。クリームは油分でできているものであり、化粧水、美容液、乳液の効果が肌に行き渡るように、これらに蓋をする役割を果たしてくれます。

何種類もあると面倒くさくなって継続しなくなってしまう場合がありますので、化粧水とクリームだけにするなど、手を抜けるところは手を抜いて、美肌でいるための習慣を身につけるようにしましょう。

自分の肌質に効果的な成分が配合されている基礎化粧品を使用する

肌質のグループと特徴、効果的な成分についてまとめてみました自分の肌質に合った基礎化粧品を使う事で、肌トラブルを予防する事が可能です。

綺麗な肌を作るために、肌トラブルが起きないように注意しましょう。そして、綺麗な肌を作るにはお手入れを継続する事が大切です。面倒に思う日もあるかもしれませんが、出来る限り毎日ケアを行いましょう。

自分の肌質に効果的な成分が配合された基礎化粧品を使って、綺麗な肌を作ってみてください。

スポンサーリンク

Check Also

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_t

毛穴汚れの洗浄方法とお家で出来る毛穴ケアを紹介!

「鼻に黒いブツブツがたくさんで …