Home / 匂い / もう汗かきなんて言わせない!汗を止める方法と習慣
sweat-1576382_1920

もう汗かきなんて言わせない!汗を止める方法と習慣

ちょっと暑かったり動いたりしただけで気になる汗。メイクの崩れや服の汗染みが気になるし、出来ればあまり汗をかきたくないですよね。真夏だけでなく、秋冬でも暖房の強い場所や体を動かした後は汗が気になるという方も多いのではないでしょうか。

汗をかきやすいと周りの人にも不潔な印象を与えていないか心配になりますよね。そんな年中悩まされる汗ですが、この記事ではすぐに実践できる汗をかきにくくなる方法をご紹介します。汗を気にせず快適に毎日を過ごしましょう。

スポンサードリンク

ツボを押す

woman-2609115_1920

汗が気になった時にいつでも押せる、手にある代表的なツボを2つご紹介します。

合谷

合谷(ごうこく)は手の人差し指と親指の間にある、発汗を抑えてくれるツボです。親指でゆっくり5回ほど押しましょう。汗の他にも不安な気持ちを落ち着かせてくれたり、視力の回復にも効果があると言われている万能なツボです。

労宮

労宮(ろうきゅう)は手のひらを軽くグーにしたときに、ちょうど中指が当たる部分にあるツボです。気持ちを落ち着かせてくれる効果があるので、リラックスすることで汗を落ち着かせてくれます。ゆっくりと深呼吸しながら5秒押して5秒離してを5回ほど繰り返してください。

胸周り

胸周りにあるツボは、特に顔などの上半身の汗に効果的です。

大包

大包(だいほう)はワキの下の第六肋間と呼ばれる部分にあるツボです。ワキに手を挟んで、ちょうど小指が当たる位置です。中指と人差し指でやや強めに押してください。舞妓さんが汗でお化粧が崩れるのを防ぐために、このツボを圧迫するようにさらしを巻くとも言われています。

屋翳

屋翳(おくえい)は乳首のちょうど3~5cmほど真上にあるツボです。やや強めに1分~3分ほど押してください。屋翳は汗を止める他にもバストアップにも効果があると言われています。

首にあるツボは、暑いわけではないのに汗が出やすい人に効果的です。

大椎

大椎(だいつい)は下を向いた時に、最も出っ張っている骨の真下にあります。このツボは自律神経の乱れを整えてくれる効果があるので、ストレスから汗が出る方や太っていて汗をかきやすい方におすすめです。

ツボを優しく押すほかにも温めることでも効果があります。このツボを蒸しタオルやカイロで温めることで、鼻水や咳などの風邪の症状を緩和してくれるとも言われています。

頸百労

頸百労(けいひゃくろう)は、大椎から親指を横に2本分ほど上にいったところの、首の中心線から親指1本分左右にあるツボです。頸百労は寝汗に効果があると言われています。
頸百労は寝汗の他にも咳やぜんそくを沈める効果もあります。

ツボ押しの注意点

自分でツボを押すときには、親指などで痛気持ちいいと感じる程度に押すようにしましょう。入浴後や就寝前のリラックスした時に行うのが特に効果的だと言われています。手軽にできるツボ押しですが、飲酒や飲食の直後や、妊娠初期の安定期に入る前などはしないようにしましょう。

また、いつもと体調が違うと感じる時にはやめておきましょう。

ツボを押すだけでどうして汗が止まるのか

どうしてツボを押すだけで汗が止まるのか、不思議に感じますよね。汗が止まる理由の一つに、ツボを押すことで自律神経が整えられることが考えられます。暑いわけではないのにかく汗は、緊張した時やストレスなどの精神的な影響で自律神経が乱れることが原因です。

ツボを押して自律神経を整えることでリラックスでき、そのような汗を止めることができると考えられます。

体のポイントとなる部分を冷やす

ice-cubes-1194511_1920

体のポイントとなる部分を冷やすことで体温を下げ、汗をおさえることができます。冷やしすぎると血管が収縮しすぎて血流が悪くなったり、体温調節がうまくできなくなる恐れがあります。冷やし過ぎには注意しましょう。

特に子どもは様子を見ながら冷やしすぎないようにしてあげましょう。

首の後ろ

首の後ろには表面に太い血管が通っているので、首の後ろを冷やすことで効果的に熱を冷まし、汗をおさえることができます。

冷たい保冷剤をタオルに巻いて首に巻くと、作業しながらや寝るときにも冷やすことができ便利です。また、冷たいペットボトルをタオルに巻くと、外出先でも汗が気になった時に簡単に冷やすことができます。

脇の下

脇の下にも首と同じく太い血管が通っているので、脇の下を冷やすことで効果的に熱を冷まし汗をおさえることができます。

また、脇は皮膚が重なっており熱がこもりやすい場所なので、脇を冷やすことで暑さや湿気の不快感も和らぎます。脇の下にも保冷剤をタオルに巻いて当てる方法がおすすめです。汗が気になるとき以外にも、寝苦しい時や熱中症対策にも脇の下を冷やすと効果的です。

普段から汗をかきにくい体質にするためには?

tee-2427846_1920

発汗をおさえる効果のある食べ物、飲み物

食べ物や飲み物にも発汗をおさえる効果があるものがあります。大豆に含まれている「イソフラボン」はその美容効果に定評がありますが、汗をおさえてくれる効果もあります。イソフラボンは大豆製品である豆腐、納豆、味噌、豆乳などに多く含まれています。

納豆や味噌などの発酵食品には整腸作用もあるので、腸内環境も改善してくれます。腸内からデトックスをすることで、体臭をおさえてくれる効果も期待できます。

リラックス効果の高いハーブを利用する

ハーブの副交感神経を優位にする効果を使って、汗をかきにくくしましょう。日本ではあまり生活に馴染みのないハーブですが、ハーブティーとして飲んだり、アロマオイルで芳香浴やお風呂に入れてみるなどして、香りでもハーブの効果を取り入れてみましょう。

リラックス効果があり、汗をおさえる効果があるハーブは、ラベンダー、ローズ、カモミール、ミントです。ハーブは医薬品とは異なり、副作用もほとんど心配ないのでぜひ生活に取り入れてリラックス効果を感じてみてくださいね。

夏野菜を食べて汗の量を減らす

夏野菜には体の熱を冷ましてくれる働きがあります。夏野菜に含まれる「カリウム」という成分が尿の排出を促進させ、体の余分な熱を水分と共に排出してくれます。また、夏野菜は水分を多く含むので、体温を下げてくれる働きもあります。

おすすめの夏野菜は、キュウリ、トマト、ナス、ゴーヤ、オクラなどです。特にキュウリやトマトは生で食べやすいので涼しく感じられておすすめです。

汗対策に逆効果の食べ物、飲み物

ネギ、たまねぎ、にんにく、にらなどの「アリシン」という成分を含む食べ物は体臭を強くしてしまうので要注意です。アリシンは硫化アリルと呼ばれる硫黄化合物の一種で、特有の強いにおいを持ちます。

アリシンは体内で分解されて血液中に入り、呼気や体臭として強いにおいを発生させます。アリシンには疲労回復効果や殺菌効果など健康に良い面もありますが、汗や体臭を気にする方は摂取を控えたほうが良いでしょう。

また、肉や乳製品といった動物性のタンパク質も汗や皮脂のにおいを強くしてしまうので、汗対策には逆効果です。動物性のタンパク質は熱を生むので体を温めてしまいます。

まとめ

汗をかかない方法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

ツボ押しは汗が気になった時にどこでもできるので、ツボの場所を覚えておくと便利です。保冷剤も簡単に涼しく感じられるので、冷凍庫に凍らせておくと寝苦しい夜にも使えますよ。今回取り上げた色々な方法で汗を気にせず快適に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク