Home / アロマ / アロマテラピーの資格の種類と活かし方
1

アロマテラピーの資格の種類と活かし方

1

アロマテラピーの資格には、基本的なエッセンシャルオイルの使い方を学ぶものから、アロマテラピーを人に正しく伝える技術を認定するもの、トリートメントの技術を認定するものまで様々なものがあります。

資格の種類を知っておくことで、自分がアロマテラピーを学んでどんな道に進みたいのかが見えてくるかもしれません。まずは、どのような資格があるのか、見てみましょう。

スポンサードリンク

アロマセラピーの資格

AEJA 日本アロマ環境協会

日本アロマ環境協会ではアロマテラピー検定を行っています。アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う2級と、家族や周りの人とともに用いる知識を問う1級があります。1級取得後に講習を受けることで、アロマテラピーアドバイザーに認定されます。

これはアロマテラピーに関する知識を備え、安全面などから正しく社会に伝えることのできる能力を認定する資格です。また、専門家として一般の方々に指導できる能力を認定するアロマテラピーインストラクターや、トリートメントを提供できる能力を認定するアロマセラピストの資格もあります。

JAA 日本アロマコーディネーター協会

日本アロマコーディネーター協会では、アロマテラピーに関する基礎知識を備え、エッセンシャルオイルを安全に生活に取り入れることができることを示すアロマコーディネーターの認定を行っています。アロマコーディネーターの上位資格として、アロマセラピーの啓蒙活動を行うインストラクターがあります。

また、トリートメントの技術を認定するアロマハンドリラックスや高齢者の心と体を癒すための介護アロマコーディネーターの認定も行っています。

ナードジャパン

ナードジャパンでは、アロマテラピーに関する基本的な知識を身に付け、エッセンシャルオイルを安全かつ適切に使えることを認めるアロマアドバイザーと、上級者としてアロマテラピーを正確に伝えることができる技術を認めるアロマインストラクターがあります。

また、トリートメントの初歩を学ぶリラックス・トリートメント、職業にするためのアロマ・セラピストの資格もあります。さらに最上級資格として、アロマ・トレーナーとアロマセラピスト・トレーナーの認定を行っています。

2

アロマテラピーの資格の活かし方

職場で活かす

アロマテラピーの正しい知識を学ぶことで、アロマショップで働いたり、サロンを持ったり、教室を開くことができます。最近では、店舗やホテルなどの空間に香りを提案するような仕事も増えてきています。また、ディフューザーやナチュラルコスメなどの商品開発で活躍する人もいます。ヘアサロン、ヨガスタジオ、フラワーショップなどでのアロマセラピーはサービスの向上に効果的です。

エッセンシャルオイルの有用性が認められた今では、不眠や認知症の予防にもアロマセラピーが使われるようになりました。そういったことからも、医療、福祉、介護の分野でのアロマテラピーはますます広がっていくと予想されます。

家庭で活かす

エッセンシャルオイルは免疫力を上げたり、抗菌作用があったりと不調の予防に役立ちます。家族の健康維持のためにエッセンシャルオイルを使っている方も多いでしょう。どんなときに、どのように、何滴使うのかを知っていることは大変役立ちます。

3

アイデア次第で広がるアロマテラピー

災害地などでのボランティア活動をする際にも資格があれば、できることが広がります。アロマテラピーによる心や体のケアを必要とする人は、意外と近くにいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Check Also

1

ラベンダーのアロマオイルの効能についてより詳しくご紹介

ラベンダーのアロマオイルは、ア …