Home / アロマ / アロマテラピーの有用性と注意点
2

アロマテラピーの有用性と注意点

ふと感じた金木犀の香りに思わず花を見上げることがあるように、香りは人の心を動かす力を持っています。アロマテラピーとは、植物が作り出す香りの成分(エッセンシャルオイル)を利用して心身ともに健康になろうというものです。エッセンシャルオイルの香りは、心だけでなく、体にも様々な作用をもたらします。しかし、正しい使い方を知らずに使っていると、トラブルの原因になることもあります。自然の恵みであるエッセンシャルオイルの素晴らしさを安心して感じられるように、ここでは基本的なエッセンシャルオイルの有用性と注意点について学んでいきましょう。

スポンサードリンク

1

アロマテラピーの有用性

エッセンシャルオイルは、単なる香りの液体ではありません。様々な働きを持つ化学成分の集合体です。香りの刺激が鼻から大脳辺縁系に届くと、感情に関わる偏桃体や、記憶に関係する海馬、そして自律神経系を司っている視床下部に作用していきます。その結果、心を落ち着かせ、自律神経やホルモンバランスを整えることができます。皮膚に塗布されたエッセンシャルオイルは、角質層や毛根、汗腺を通過して肌に作用し、血液とともに体内を循環しながら体にも働きかけていきます。さらに呼吸によって肺からも体内に入って働きます。従って、エッセンシャルオイルは人の体・心・肌へと幅広い作用をもたらします。

体への作用

エッセンシャルオイルの体への作用は、多種多様です。ここではごく一部をご紹介します。
・呼吸器
ティーツリーや、ユーカリグロブルスなどのエッセンシャルオイルには、去痰作用、粘液過多治癒作用、鼻粘膜排出作用がありますので、風邪や花粉症などに役立ちます。サンダルウッドには鎮咳作用があります。
・循環器
イランイランやクラリセージには血圧を下げる作用があります。逆にローズマリーシネオールには血圧を上げる作用があります。ゼラニウムやレモンは止血作用を持っています。
・消化器
カルダモン、ブラックペッパーなどは消化を促進させます。スイートオレンジには食欲を増進させる作用があります。また、ペパーミントやラベンダーには制吐作用がありますので、乗り物酔いなどにおすすめです。そのほか緩下作用や、駆風作用、肝臓強壮作用、血糖値を下げる作用のあるエッセンシャルオイルもあります。
・筋肉、骨、神経
サイプレスには、鎮痙作用や抗リウマチ作用があります。また、カモミールローマンやクラリセージ、ゼラニウムなどには鎮痛作用があります。ペパーミントには軽い麻酔作用があります。
・生殖器
クラリセージやジャスミンなどには子宮強壮作用や月経を促して規則的に整える通経作用があります。
・出産
クラリセージ、ジャスミン、ラベンダーなどには分娩促進作用、レモングラスには催乳作用、ペパーミントには乳汁の分泌を妨げる作用があります。
・泌尿器
カモミールジャーマン、グレープフルーツ、サイプレスなどには利尿作用があります。

そのほかにも、解毒作用、解熱作用、抗アレルギー作用、刺激作用、デオドラント作用、発汗作用、制汗作用などがあります。

心への作用

心への作用は一番実感しやすいものではないでしょうか。リラックスできるだけでなく、エッセンシャルオイルは仕事や人間関係のストレスも軽減してくれます。また、ローズマリーやレモンなどの頭脳明晰化作用、ラベンダーによる不眠の改善などから、認知症の予防や介護の現場で使われることも増えてきています。さらに、エッセンシャルオイルは神経伝達物質の分泌を促しますので、柑橘系やラベンダーなどには抗うつ作用も認められています。この心への効果が、アロマテラピーが近年注目される大きな理由の一つでしょう。

肌への作用

エッセンシャルオイルは肌にも働きかけます。炎症を鎮めて消毒する力を持つようなエッセンシャルオイルは数多くあります。ゼラニウムやネロリなどは皮膚の細胞の成長を促して美しい肌を保ちます。カモミールローマンやラベンダーには傷を治す作用がありますし、カモミールジャーマンやティーツリーなどには止痒作用もあります。日常のケアや、お肌の様々なトラブルに使うことができます。傷を目立たなくさせるようなエッセンシャルオイルもあります。

暮らしの中で

ほとんどのエッセンシャルオイルは抗菌作用を持っていますので、家事などにも便利です。ナチュラルな暮らしを求める人たちは、家事にもエッセンシャルオイルを使っています。シダーウッドやティーツリーなどには殺真菌作用がありますので、カビの発生を抑える力もあります。また、昆虫が嫌う香りもありますので、エッセンシャルオイルを上手に使えば、良い香りを楽しみながら、快適な空間を作り出すことが可能です。

2

アロマテラピーの注意点

エッセンシャルオイルについての注意点

・安全なエッセンシャルオイルを使いましょう。
学名、原産地、抽出部位、抽出法が明記されていることを確認します。農薬や防腐剤不使用の証明があればなお安心です。
・瓶を振らずに一滴ずつゆっくりと滴下しましょう。
飛び散ると危険です。
・蓋はしっかりと閉めましょう。
エッセンシャルオイルは揮発性です。品質を保つためにも、蓋はしっかりと閉めておきます。
・風通しの良い冷暗所に保存しましょう。
・瓶は立てて保存しましょう。
エッセンシャルオイルの成分の中にはプラスチックを溶かすものもあります。
・開封後はなるべく1年程度で使い切りましょう。
柑橘系のエッセンシャルオイルは酸化が早いので半年以内に使います。

アロマテラピーを楽しむための注意点

・パッチテストをしましょう。
エッセンシャルオイルだけでなく、キャリアオイルなどについても体質に合うか確認しておきます。
・原液を直接肌に付けてはいけません。
エッセンシャルオイルは必ず希釈して使いましょう。濃度について不安がある場合は専門家に相談してください。
・子どもとお年寄りへ使う場合はより薄めに使いましょう。
1歳までは積極的な使用は避けたほうがよいでしょう。
・飲まないようにしましょう。
子どもやお年寄りが間違えて口にすることのないように注意してください。
・容器や道具は消毒しましょう。
必ずアルコール消毒か煮沸消毒してから使います。
・気分が悪くなったときは換気をして水分を摂り、休みましょう。
・通院中や薬を飲んでいる方はお医者さんに相談してから使いましょう。
エッセンシャルオイルは薬ではありませんが、薬と同じような成分を含むことがあります。
・妊娠中は特に注意しましょう。
妊娠中は外部から体内に影響を与えないように配慮が必要です。使えないエッセンシャルオイルがありますので必ず確認します。
・光毒性
柑橘系のエッセンシャルオイルには、塗布してから紫外線に当たると皮膚を傷めるものがあります。

その他、高血圧、月経に関する不調、ホルモンに関係する疾患、てんかん、敏感肌、授乳中などにはおすすめできないエッセンシャルオイルがあります。

3

自然が作り出す香りの作用

柔軟剤や整髪料など、香料がもてはやされていますが、合成香料と天然香料には大きな違いがあります。それは天然香料には人の手で作り上げることのできない成分のハーモニーがあるということです。バラの香りの成分のほとんどは人工的に合成することができますが、それらを組み合わせてもなぜか天然のバラの香りにはならないそうです。植物が自然の力で微妙なバランスをとりながら香りを作り出しているということがわかります。このように、天然のエッセンシャルオイルは様々な成分が混ざり合ってできているからこそ、その作用は1つではなく、心へ、身体へ、と働いていくのでしょう。そんなエッセンシャルオイルの作用を十分に活かすためにも、アロマテラピーの基本はしっかり学んでおきたいですね。

スポンサーリンク

Check Also

DSCF7838

銀座でリラックス!リラクゼーションサロンオアシス

東京・銀座の中心と言える東銀座 …