Home / アロマ / アロマセラピストになろう!アロマセラピストの資格を得る方法
1

アロマセラピストになろう!アロマセラピストの資格を得る方法

1
アロマセラピーを仕事にしたいと考える時、資格を取って正しい知識を身に付けていたいものです。日本にはアロマテラピーの国家資格はありませんが、様々な特徴を持つ協会があり、必要に応じた資格取得が可能になっています。

スポンサードリンク

自分に合った学び方は?

・できるだけお金をかけずに独学で学びたい
・講師から直接指導を受けたい
・通信講座で学びたい
このように、それぞれのライフスタイルに合った方法で学ぶことができます。

講師から指導を受ければ、効率良く活きた経験をダイレクトに学ぶことができます。反面、それなりの費用がかかります。独学で学べばそれほどお金はかかりませんが、経験や情報の量は少なくなってしまう傾向があります。自分に合った学び方を、しっかり比較して考えてみましょう。

2

どんな協会があるの?

AEAJ日本アロマ環境協会

アロマテラピーに関する正しい知識の普及、調査、研究などアロマに関する活動と、アロマテラピー関連資格認定を行っている団体です。アロマテラピー検定1級・2級、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストなどの認定を行っています。アロマセラピーアドバイザーまでは独学で取得することが可能です。

日本アロマ環境協会

JAA日本アロマコーディネーター協会

教育を通じて正しいアロマテラピーを普及させるために活動する団体です。アロマコーディネーター、アロマインストラクター、アロマハンドリラックス、アロマフェイシャルリラックス、介護アロマコーディネーターなどの教育と認定を行っています。アロマコーディネーターは通信講座でも受講できます。

日本アロマコーディネーター協会

NARD JAPAN

精油の成分を健康管理に活かす具体的で実践的なアロマテラピーを習得できる協会です。アロマアドバイザー、リラックストリートメント、アロマセラピスト、アロマインストラクターなどの認定を行っています。

NARD JAPAN

ここでは国内で人気のある協会をご紹介しましたが、その他にも多くの団体があります。初心者向けの資格から、トリートメントの資格まで沢山の種類がありますので、自分が将来アロマテラピーでどんな道に進みたいのかを思い描いておくことも大切です。

3

迷ってしまったときは・・・

各団体のホームページを見てみましょう。資料請求も可能です。お近くの各協会の認定校で資格を取ろうと考えている場合には、そのスクールの体験講座などに積極的に参加してみましょう。アロマテラピーを楽しみながら、講師がどのような人かを知るチャンスです。長く指導してもらう相手です。この人なら!と思える講師を選びましょう。

仲間を作ろう!

同じ目標を持つ仲間は素晴らしいものです。アロマテラピーを学ぶ中で、そんな仲間と出逢うことがあれば、ぜひお友達になりましょう。頑張る力をもらったり、資格を取った後も協力して活動したりと、きっと世界が広がりますよ。

香りで人も自分も幸せになれる仕事、アロマセラピストの資格に挑戦してみませんか。

スポンサーリンク

Check Also

DSCF7838

銀座でリラックス!リラクゼーションサロンオアシス

東京・銀座の中心と言える東銀座 …