Home / アロマ / 代表的なアロマオイルの種類と効能
3

代表的なアロマオイルの種類と効能

1

アロマオイルには沢山の種類があります。どれを選べばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。お気に入りのアロマオイルを見つけるには、まずは気に入った香りを選んでみましょう。スイートオレンジやレモン、ラベンダー、ゼラニウム、ユーカリ・・・馴染みのあるものから試してみましょう。

そして、アロマオイルの良いところは香りだけではありません。体や心への作用からも選ぶことができます。アロマオイルの香りの分子は、鼻や肺から、そして塗布した場合には皮膚からも体内に入って働いてくれます。実際に人気のあるアロマオイルは、どんな働きをしてくれるのでしょうか。

スポンサードリンク

人気のあるアロマオイルはどんなもの?

1位 ラベンダー
2位 オレンジスイート
3位 イランイラン
4位 ローズマリー
5位 グレープフルーツ

人気の秘密はアロマオイルが持つパワー

ラベンダー・・・最も用途の多いアロマオイルと言っても過言ではないでしょう。殺菌消毒からリラックスまで幅広く役立つ香りで、循環器・消化器・筋肉・精神までバランスをとってくれます。

オレンジスイート・・・ほとんどの人が好きな香りで、太陽の明るい日差しを連想させて心に元気をくれる香りです。消化器に働きかけ、免疫力も上げてくれます。

イランイラン・・・濃厚な花の香りで、好みが分かれるアロマオイルです。ホルモンのバランスをとり、循環器を鎮静させる力を持っています。催淫作用もあります。

ローズマリー・・・すっきりとした香りで、呼吸器の疾患に特に有効です。消化を促したり、筋肉の働きを活性化する力をもちます。頭脳明晰化作用もあります。

グレープフルーツ・・・幸福感を与える香りです。体液の浄化に役立ちます。また利尿作用があり、腎臓をきれいにします。

2

美容に役立つアロマオイルもある??

アンチエイジングに有用なアロマオイル

フランキンセンス・・・新しい細胞の成長を促し、しわやしみなどの老化対策に使われます。皮脂のバランスを整え、傷跡を目立たなくさせる力もあります。
ネロリ・・・お肌を柔らかくし、弾力を回復します。しみやしわなどからお肌を優しく守ります。

乾燥に有用なアロマオイル

イランイラン・・・皮脂のバランスをとります。
ゼラニウム・・・収斂作用があり、皮脂のバランスを整えます。

便秘に有用なエッセンシャルオイル

マジョラム・・・毒素の排出を促し、消化器の働きを助けます。
ローズマリーシネオール・・・肝臓を強化し、胆汁分泌促進作用があります。

3

アロマオイル使用上の注意

アロマオイルには様々な品質のものが販売されています。なるべくアロマセラピーの専門店で購入するようにしてください。そういったお店では店員さんもきちんと相談にのってくれます。天然のアロマオイルは原液で使うことはほとんどありません。必ず正しく薄めて使いましょう。

またお子様、ご老人、服薬中、妊娠中や高血圧など年齢や体質によってはお勧めできないアロマオイルもありますのでご注意ください。

感じてみよう!アロマの力

アロマオイルの人気の秘密、お分かりいただけたでしょうか。もう、ただの「香り」なんて言えませんね。良い香りが漂い、香りの分子がのどを通りながら殺菌して炎症を抑えたり、鼻から脳に届いて心に元気をくれたりするものなのです。

ヒトも自然の一部です。ぜひ自然の香りを暮らしに取り入れて、そのエネルギーを体全体で感じてみてください。

スポンサーリンク

Check Also

1

ラベンダーのアロマオイルの効能についてより詳しくご紹介

ラベンダーのアロマオイルは、ア …