Home / アロマ / アロマディフューザーの選ぶときのポイント
4

アロマディフューザーの選ぶときのポイント

アロマディフューザーとは、芳香拡散器とも呼ばれ、精油(アロマ)の香りを空気中に拡散する器具の事です。

最近ではアロマの香りを楽しむ人も増え、アロマディフューザーの種類も多くなってきています。そこで、アロマディフューザーの選ぶ時のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

アロマディフューザーの種類

アロマディフューザーは、大きく分けて4種類あります。部屋の広さや用途によって使い分けてもいいでしょう。

アロマポット

精油を自然に揮発させることで、ゆっくりほのかな香りを拡散させてくれます。陶器製品が多く、キャンドルなどを使用するものが多いです。キャンドルを使用する場合は火災などに注意が必要です。

7

アロマライト

電球の熱で精油を温め、香りを拡散してくれます。精油がなくなってもライトとして使用できます。上部にあるお皿にお湯と精油を3滴から4滴落とし使用します。

4

超音波式ディフューザー

電動式のエアポンプで精油の香りと成分の微粒子を空気中に拡散してくれます。素早く香りが広がり長時間の芳香浴や広い場所での利用に便利です。

5

アロマドロップ式

精油の原液を直接入れて、振動によって成分の微粒子を空気中に拡散してくれます。原液を使用するので、拡散力が高く、広い部屋にも適しています。また精油の消費量も多くなります。

6

おすすめの場所と香り

使用場所によって、使うアロマディフューザーや使う精油を変えてみるのも良いでしょう。

玄関

玄関はスペースに限りがある場合が多いので、アロマポットやアロマライトがおすすめです。お客様を迎えた時に心地よい香りでお迎えしましょう。
・さわやかな香り・・・グレープフルーツ、ジャスミン
・消臭力の高い香り・・・ティートリー、ユーカリ、ラベンサラ

リビング

リビングは広さがあるので、長時間の芳香浴や広い場所で適している、超音波ディフューザーがおすすめです。大きさやデザインも様々なのでお洒落なインテリアにもなります。また拡散力の高いアロマドロップ式も良いでしょう。
・元気になる香り・・・オレンジスウィート、ラベンダー、ローズマリー
・リラックスできる香り・・・イランイラン、サンダルウッド、カモミールローマン

寝室

ランプとしても使える、アロマライトがおすすめです。またセンサー付き(ターマー付)のものを使用するのもよいでしょう。30分間、60分間と選べるので必要な時間だけ香りを楽しむ事が出来ます。
・安眠できる香り・・・ラベンダー、ベルガモット、クラリセージ、マージョラム
・呼吸を楽にする香り・・・ティートリー、フランキンセンス、ペパーミント

迷った時は

アロマディフューザーの購入に迷った時は、お手入れのしやすさや、価格から選んでも良いでしょう。またインテリアとして置いておくだけでもお洒落なので、好きなデザインで決めても良いですね。

心と体の健康維持のために、日常的にアロマディフューザーを取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

Check Also

DSCF7838

銀座でリラックス!リラクゼーションサロンオアシス

東京・銀座の中心と言える東銀座 …