Home / アンチエイジング / アンチエイジングのための化粧水を選ぶ時のポイント
3.jpg

アンチエイジングのための化粧水を選ぶ時のポイント

1.jpg

アンチエイジングのための化粧水を選ぶ際、気をつけたいポイントをご紹介します。アンチエイジングの為には、ハリやツヤを高める化粧水を使う事が望ましいでしょう。また、シワの改善、くすみやシミを予防する効果も必要ですね。

いづれにしても、加齢による肌悩みの原因に対応した化粧水を選ぶ事で、効果的にアンチエイジングできる事は言うまでもありません。あなたの加齢による肌悩みは何ですか?お悩み別にアンチエイジングに効果的な化粧水を選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

スポンサードリンク

加齢による肌悩みの原因4

2.jpg

加齢(エンジング)による肌悩みの原因となる5つの要素。それは、『光老化・酸化・乾燥・糖化』です。この4つの原因は、年齢が上がるに連れてお肌に深刻なダメージを与えます。

光老化に効く化粧水選びのポイント

3.jpg

光老化で出るお肌へのダメージは、主にシミ・そばかす、ハリの低下、シワやたるみです。髪形や生活環境によって、紫外線の当たる部分と当たらない部分とで、ダメージに差があるのが特徴です。

また、紫外線をたくさん浴びてきた部分は、コラーゲンの量も減ってしまう為、乾燥してカサカサしている場合があります。
<光老化によるエイジングに効く、化粧水選びのポイント>
シミ・そばかすが気になる場合は、美白成分の入ったエイジングケア化粧水を選びましょう。ハリの低下は、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊が原因なので、コラーゲンやエラスチン配合の高保湿タイプの化粧水を使うのもいいでしょう。

酸化に効く化粧水選びのポイント

4.jpg

酸化とは、金属が錆びるのと同じような現象が、身体の細胞で起きる事です。原因は『活性酸素』です。お肌の酸化が進むと、真皮にあるコラーゲンが硬くなってしまい、お肌の弾力の低下を招きます。

<酸化によるエイジングに効く、化粧水選びのポイント>
酸化と共に硬くなってしまったコラーゲンと弾力の低下を補う必要があるので、『肌にハリ・弾力を取り戻す』などの記載のある化粧水でケアするのがいいでしょう。

乾燥に効く化粧水選びのポイント

5.jpg

お肌の乾燥が進むのは、加齢により、お肌の保湿をする役割を担っていた各成分の生成量が減っていく事や、紫外線によるダメージなど、さまざまな原因があります。保湿力が高く、減少してしまった保湿成分を外から与える事のできる化粧水が効果的です。

<乾燥によるエイジングに効く、化粧水選びのポイント>
セラミドを含む化粧水、スクワランを含む化粧水がオススメです。この2つの保湿成分は、お肌に元々存在するものです。そして、加齢と共に減少していくのも共通です。

潤いを逃がさない効果もあるので、化粧水の水分だけで保湿するよりも、効果的に保湿できます。

糖化に効く化粧水選びのポイント

6.jpg

糖化とは、体内のたんぱく質と糖質が結びついて、『糖化たんぱく質(AGEs)』が出来上がってしまう事です。糖化した肌は、黄色くくすんで見えます。また、一旦糖化してしまったら自然に分解する事は難しいため、蓄積されてどんどんお肌のエイジングが進みます。ハリや弾力の低下、たるみの原因にもなります。

<糖化によるエイジングに効く、化粧水選びのポイント>
糖化対策に有効とされているビタミンA、ビタミンE、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分の入った化粧水を選びましょう。お肌の血行を良くしたり、硬くなったお肌に弾力を取り戻す助けになります。

アンチエイジングに効果的な化粧水をご紹介しました。アンチエイジングには、適切な化粧水を使用する事も効果的ですが、生活習慣を整えたり、食生活の改善やお顔のマッサージなども効果があります。相乗効果を狙ってみるのもいいですね。自分のエイジングのお悩みに合った化粧水を使って、今よりも若々しいお肌に改善していきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1

肌年齢って何?肌年齢の調べ方とお肌の若返り方法

肌の状態を判断する目安ってなん …